ヨガのバランスポーズに期待できる効果とは?


ヨガのバランスポーズは全身の筋肉バランスを整えながら小脳を活性化する効果があると言われています


バランスポーズは体を動かす筋肉である骨格筋を深部から鍛えます。そのため全身の筋肉バランスを整える効果があると言われています。筋肉のバランスが整うと、姿勢の改善や内臓の働きが良くなるなどの効果も見込めるでしょう。

また、このポーズではバランスを取りながら行う必要があるため、平均感覚を司ると言われる小脳の活性化も望めると言います。小脳は平均感覚以外にも注意力や情動のコントロール、感情なども司ると考えられています。バランスポーズには心身の健康を増進する効果があると言えるでしょう。

バランスポーズの効果について詳しく見ていきましょう

片足で立ちながら不安定なポーズを維持する必要があるバランスポーズには、筋肉のバランスを整える効果が期待できます。それにはこのポーズで使う筋肉が大きく関係していると考えられているのです。

まず、バランスポーズでは身体を動かす上で重要な骨格筋を深部から鍛えると言います。体幹部分にあるインナーマッスルが鍛えつことには、体の歪みを解消する効果があると言われているのです。歪みがなくなり正しい姿勢が定着すると、内臓機能が高まる、自律神経が整うなど心身の健康が増進する可能性が高くなるでしょう。

さらに、骨格筋を鍛えると体の平均感覚を司る小脳も活性化すると言われています。小脳には平均感覚の他に、情動をコントロールする役割も担っていることから精神面とも大きな繋がりがあることがわかっているのです。

次に、バランスポーズでは内転筋、中臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングといった下半身の筋肉もバランス良く使われます。このポーズによって下半身の筋肉をバランス良く鍛え、柔軟性を与える効果が期待できるでしょう。歩行や階段の昇り降りなど普段よく使う筋肉だからこそ、普段から強化しておくことが大切です。
このように、小脳を活性化しながら安定した体を作るバランスポーズは、心身の健康を図るのに十分な効果が期待できると言っていいでしょう。

バランスポーズはポイントを押さえて行いましょう


片足でバランスを取るバランスポーズは、足の裏の使い方が重要になります。バランスポーズを取る際は、足裏全体に均一に体重をかけ、床をしっかり踏みしめるように心がけましょう。この動作がうまくいかない場合、上半身のバランスがとれず、余計な負荷が筋肉や関節にかかる恐れがあります。難しいと感じるのであれば、片足全体に体重をかける練習から始めてみましょう。

また、バランスを崩す要因の1つとして、余計な力が肩や首にかかっていることが考えられます。上半身が安定しないようであれば、息を吐きながら緊張を解き、リラックスした状態で行うとポーズが取りやすくなるでしょう。この他にも、余計な力を抜くのには肩から耳を離すように肩を落とす方法もおすすめです。

バランスポーズを行う際は、呼吸やポーズに意識を集中することが大切になります。苦手意識を持たず余計な雑念を払いながら臨むことで、ポーズが決まりやすくなるかもしれません。それでもハードルが高いと思うのであれば、ヨガ教室に通って徐々に体を慣らしていく方法もあります。

バランスポーズが取りやすい体を作りましょう

バランスポーズがうまくとれない方には、下半身の筋力をあらかじめつけておくという方法がおすすめです。下半身の筋肉はバランスポーズを取ることで、バランス良く鍛えられますが、ある程度備わっていないとポーズがきれいに決まらない可能性があります。

たとえば、骨盤と大腿骨を繋ぐ中臀筋の筋力が低下していたり、凝り固まっていたりした場合、片足で立つのが難しいことがあります。この場合、中臀筋にアプローチすることで、骨盤が傾くことがなくなりポーズが安定してくることが考えられるでしょう。

他の部位に関しても鍛えることで、総合的に下半身の筋肉が使えるようになる可能性があります。下半身を強化することでバランスポーズに対する苦手意識をなくし、高度なポーズにチャレンジしてみましょう。

(まとめ)ヨガのバランスポーズに期待できる効果とは?

1.ヨガのバランスポーズは全身の筋肉バランスを整えながら小脳を活性化する効果があると言われています

骨格筋を深部から鍛える効果が期待できるバランスポーズには筋肉のバランスを整える効果が期待でき、姿勢の改善や内臓機能の向上に役立ちます。また、バランスポーズには平均感覚や情動の制御などを司る小脳を活性する効果も期待できると言われているのです。

2.バランスポーズの効果について詳しく見ていきましょう

バランスポーズは骨格筋を深部から鍛えて歪みを解消し、日常生活でよく使われる下半身の筋肉に柔軟性を与えると言われています。他にも内臓機能の向上や自律神経を整える、筋肉の衰退予防に効果的なため、心身の健康増進に役立つでしょう。

3.バランスポーズはポイントを押さえて行いましょう

バランスポーズをきれいに決める上では足裏をうまく使うことが大切です。また、肩や首に余計な力が入っていることもバランスが崩れる要因になります。体の使い方が重要なバランスポーズでは、リラックスした状態で行うことが望ましいです。

4.バランスポーズが取りやすい体を作りましょう

バランスポーズでは下半身の筋肉を総合的に使うため、安定したポーズを取るには下半身の筋力がある程度必要になります。バランスが崩れることなくポーズを決めるためには、内転筋や中臀筋などポーズを取る上で重要な筋肉を鍛えましょう。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る