1時間のヨガでも効果はあるの?


ヨガは1時間行っただけでも効果的です


ヨガは、呼吸と筋肉の動きを合わせながら行う身体技法です。1時間じっくりとヨガで身体を動かすだけでも、筋肉を強化する効果が期待できます。

ただし、ヨガを行う時間の長さやタイミングなどについては、こうあるべきという規則やスタイルなどはとくに決まっていません。1時間だけで切り上げてもよいですし、1時間以上ヨガで身体を動かしても問題ありません。ヨガスタジオでは、レッスン時間を1時間前後にしていることが多いです。

ヨガは食後1時間以上経ってから行いましょう

ヨガは1時間以上行ってもよいですし、1時間に満たない時間でも、筋肉を強化する効果が期待できます。朝、昼、晩と自分に合ったタイミングで行って良いので、楽しみながら続けられる身体技法です。ヨガスタジオではレッスンを1時間程度に設定していますが、発汗量が多くなるタイプのヨガでは、時間が短めになることもあります。

ヨガをする上でとくに細かいルールはないのですが、一般的に食後1時間経たないうちはヨガをしない方が良いと言われています。ヨガに限らず食後すぐに身体を動かすと、消化の妨げになる可能性があるからです。

口から入った食べ物は胃の中で消化された後、腸で吸収されます。食べたものによって消化・吸収にかかる時間は異なりますが、身体を動かしたい場合は、食事を終えてから2時間以上経ってからの方が良いと言われています。

食後は消化に大量のエネルギーが使われるため、眠気が出て集中力が途切れやすい時間帯です。意識が散漫になり、ヨガのポーズを取ったり、瞑想したりしても、普段より集中しづらくなり、せっかくのヨガの効果を実感しにくくなる可能性があります。ヨガでじっくりと身体を動かしたい時は、空腹時もしくは、満腹ではない状態がおすすめです。

食後1時間未満からできるヨガのポーズがあります


基本的にヨガは食後1時間経たないうちは避けた方が良いですが、ヨガのポーズの中には食後1時間未満からできるものがあります。マッツヤーサナというポーズで、「魚のポーズ」という呼び方をされることもあります。食後でもチャレンジできると言われているポーズなので、ヨガのレッスンと食後のタイミングが重なってしまった時の参考にしてみてください。

1.床に仰向けになった状態で息を吸いながら、骨盤を床から浮かせ、お尻の下に手のひらを下にした両手を差し入れます

2.腕とひじで床を押しながら上半身を持ち上げ、肩甲骨で押すようにして頭も床から離してください

3.力を抜き、首を痛めないようにそっと頭を床に置きます

4.両かかとを押した状態で自然な呼吸をしながら、15~30秒ほどホールドしましょう

5.息を吐きながら上半身を床に下し、頭をもとの位置に置きます

マッツヤーサナは消化器官の働きを活性化させ、代謝を促進する効果があると言われています。首や喉に違和感を覚える時は、頭の下にブランケットを敷いてみましょう。筋肉の動かし方にコツがいるので、ヨガの講師に聞きながら行うのがおすすめです。

ヨガには心と身体に嬉しい効果がたくさんあります

ヨガを続けていると、心と身体への効果が感じられるようになるでしょう。美容やダイエットに効果的なものというイメージを持たれることもありますが、ヨガの本来の目的は筋肉を強化し、呼吸を意識しながら身体を動かすことです。呼吸はヨガにとって大切なもので、普段何気なくしている呼吸に意識を向けてみるだけで、さまざまな気づきを得られることがあります。

また、以下のことが当てはまる人に、ヨガはおすすめです。

・筋力の衰えを感じている

・骨盤や背骨などに歪みがある

・冷えやむくみに悩んでいる

・筋肉の緊張やコリがある

・ストレスをためやすい

・自分を見つめなおすきっかけが欲しい

・心を解放したい

ヨガによる効果を感じられるタイミングやスピードは、人によって違います。人と違うことを恐れる必要はありません。まずは10分でも1時間でもよいので、ヨガを体験してみましょう。

(まとめ)1時間のヨガでも効果はあるの?

1.ヨガは1時間行っただけでも効果的です

ヨガは呼吸を筋肉の動きを合わせながら行う身体技法で、1時間行っただけでも、筋肉を強化する効果は期待できます。1時間で切り上げても、1時間以上行っても問題はなく、こうあるべきという規則やスタイルも決まっていないのです。

2.ヨガは食後1時間以上経ってから行いましょう

ヨガは1時間以上やらなければならないという決まりはなく、ヨガをするタイミングについても細かいルールはありません。ただし、食後1時間未満にヨガをするのは、消化の妨げになることがあるので、おすすめできません。満腹時を避けてヨガを楽しみましょう。

3.食後1時間未満からできるヨガのポーズがあります

ヨガを食後1時間未満で行うのは基本的におすすめできませんが、ヨガをするタイミングと食後が重なった時は、マッツヤーサナというポーズが良いと言われています。消化器官の働きを促進する効果があるとされるポーズですが、筋肉の動かし方にコツがいります。

4.ヨガには心と身体に嬉しい効果がたくさんあります

ヨガは心と身体の両方に働きかけてくれる、身体技法です。呼吸を意識しながら筋肉を動かしていく中で、さまざまな気づきを得られることがあります。まずは1時間のレッスンで十分なので、ヨガの効果を体験してみましょう。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る