ヨガベルトの使い方は?


ヨガベルトの使い方はポーズを行いやすいようサポートすることです


ヨガベルトはアーサナを正しく行うためにサポートする道具で、簡単に使うことができますが正しい使い方を学びましょう。

するとポーズの中で、例えば安楽座で背中が丸くなる、舟のポーズで膝が曲がる、橋のポーズで足が広がりなどの行いにくい部分をサポートするなど、正しい状態に導いてくれます。

またベルトを使ったヨガは正しい方法を知るためにもスタジオでインストラクターの指導のもとで行いましょう。

ヨガベルトをサポートに使って正しくポーズを取ります

ヨガのアーサナで使う道具の1つであるベルトは、ポーズを行う補助をするための物です。

ヨガを始めたばかりの人やまだ経験が浅い人、そのポーズに慣れていない場合などは柔軟性や筋力が足りず、ポーズを取れないことがあるでしょう。

その時に上手にベルトを使ってサポートすることで正しい状態のポーズへ導くのです。

ベルトを使ったポーズを繰り返すうちにそのポーズを行えるようになっていくでしょう。

例えばベルトを足にかけて引っ張るだけ、巻きつけて支えるだけと使い方は簡単なので、正しい方法さえ学べばヨガのポーズがより取り組みやすくなります。

またあらゆるタイプのベルトが販売されているので購入もしやすく、通っているヨガスタジオでもおすすめ商品の取扱いがあるでしょう。

ベルトがあればポーズは取りやすくなりますが、いつまでもベルトのサポートに頼っていては、ベルトなしでのポーズが難しくなります。

そのためある程度できるようになってきたら、ベルトを使わない状態でもポーズを取ってみましょう。

ヨガベルトを使ってポーズをしやすくしましょう


ヨガのポーズが取りにくい時にはベルトを使ってサポートし、正しい形へ近づけましょう。

サポートの仕方の例は以下の通です。

安楽座

正しいやり方で慣れれば長時間座っていられる座り方ですが、猫背や肩が内側に丸くなっていると悪い姿勢になってしまいます。

その時は輪にしたベルトへ両手と頭を通して脇の辺りまで持って行き、輪の前方は首にかけて後方は腰の後ろ辺りで交差させて肘に引っかけましょう。

舟のポーズ

お尻だけを床につけて、横から見るとV字のような舟のポーズは膝が曲がったり背筋が伸びなかったりしがちです。

そこで、輪を作ったヨガベルトを両足の裏に引っかけて背中の方へ回して使いましょう。

すると背中と膝が伸ばしやすくなります。

橋のポーズ

仰向けの状態で肩幅くらいに開いた足を床につけ、腰を浮かせるポーズですが、足幅が広くつま先が外側を向きやすいでしょう。

そこでベルトを両膝の少し上のところにちょうど良い幅になるよう巻いて再びポーズを行うと、足・膝・股関節が一直線になってつま先も前を向き、理想的なポーズになります。

道具を使ったヨガのやり方はインストラクターの指導を受けましょう

ヨガ専用スタジオでは、道具を使ったヨガのやり方のレッスンを開催しているところがあります。

少しだけ勉強してみたい時にインターネット動画などを利用する方法はありますが、正しい方法を知っておくことで、より効果を得られやすくなるでしょう。

そのためには、知識や経験のあるインストラクターのアドバイスを受けた方がきちんとしたヨガを行うことにつながります。

道具選びの相談も

ヨガベルトはあらゆるタイプの物が販売されているので、どれにしようか迷ってしまうかもしれません。

その時にもスタジオレッスンに参加していると、インストラクターへ相談がしやすくなります。

またスタジオでおすすめのベルトが用意されている場合もあるので、尋ねてみましょう。

自分に合ったスタジオを選ぶ

道具を使ったヨガを行ってみたい時は、そのレッスンがあるかどうかを確認してから入会しましょう。

その前には一度入会を検討しているスタジオの様子を見学または体験しておくと安心です。

ヨガは継続することで身体と心が少しずつ変わっていくと期待できるので、長く通えるスタジオを見つけるためにも前もって見ておきましょう。

(まとめ)ヨガベルトの使い方は?

1.ヨガベルトの使い方はポーズを行いやすいようサポートすることです

ポーズを正しく行うためにヨガベルトを使うと便利で、うまくできない部分のサポートに役立ちます。

ベルトを使ったヨガを行うには正しい方法を学ぶ必要があるため、ヨガ専用スタジオでインストラクターの指導を受けることがおすすめです。

2.ヨガベルトをサポートに使って正しくポーズを取ります

ヨガベルトは柔軟性や筋力が足りずポーズが難しい時のサポートになります。

使い方は簡単で足などに引っかけるだけ、巻きつけるだけなので正しいやり方を学んでベルトを利用しましょう。

3.ヨガベルトを使ってポーズをしやすくしましょう

正しくポーズが取れない時はヨガベルトを使ってサポートし、正しい形へ導きましょう。

例えば、安楽座で背中や肩が丸くなることや船のポーズで背中や膝が伸びないこと、橋のポーズで足が広がることなどをサポートする役に立ちます。

4.道具を使ったヨガのやり方はインストラクターの指導を受けましょう

ベルトを使うヨガを正しく学ぶには専用スタジオでインストラクターの指導を受けましょう。

ヨガは長く続けるほど心身が自然に変わっていくので、事前に体験レッスンを受けて自分に合うか確かめておきましょう。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る