ゴムバンドを使ったヨガにはどんな効果があるの?


ゴムバンドを使ってヨガを行うと、正しくポーズを取りやすく身体の歪みを整える役に立ちます


ゴムバンドをサポートに使ってヨガをすると、難しいと思うポーズも行いやすくなります。

すると身体の歪みが整いやすいですが、まだゴムバンドではサポートが足りないと感じる時はヨガベルトも使ってみましょう。

伸縮性のないヨガベルトはしっかりとサポートするため強く巻くなどはしないようにしてください。

また、道具を使うヨガの正しい取り組み方は知識のあるプロから学んでみても良いです。

そのためにはヨガ専用スタジオへ出かけて、やりたいことを教えるクラスがあるか確認し、実際の雰囲気を知るため体験レッスンを受けてみましょう。

ゴムバンドを使用してヨガをすることでポーズが取りやすくなります

伸縮性のあるゴムバンドを使うことで、普段難しくて行いにくいポーズをサポートします。

例えばポーズを行った時に膝が曲がってしまう、背中が丸くなってしまうという時にゴムバンドを使って補うと正しいポーズへ近づけられるでしょう。

身体の歪みを整える

ヨガを始めたばかりの頃は、自分の身体だけで正しいポーズを取れるようになるまで時間がかかるものです。

そのため正しくできないうちはなかなか身体のバランスを整えることも難しくなってしまいますが、その点をゴムベルトで補うと整えやすくなります。

ちょうど良いサポート

硬い素材でサポートをするとどうしてもそれがないと正しいポーズから崩れやすくなってしまいます。

加えて、長い間サポートのある状態に慣れていると道具を使わなくてはポーズが難しくなることもあるでしょう。

その点ゴムベルトであれば伸縮性があるので硬すぎず柔らかすぎない、ちょうど良いサポートをしてくれます。

よりしっかりとサポートしてほしい場合はベルトがおすすめです


取り組むポーズの難易度やヨガの経験によってはゴムベルトではサポートが足りないと感じることがあるかもしれません。

その場合にはヨガベルトを使ってサポートする力を強める方法があります。

ヨガベルトは伸縮性のない硬い素材でできたベルトで、コットン100%で作られている物が多いです。

長さや幅に種類があり身長に応じて選びましょう。

デザインやカラーが豊富なので自分の身長や好みに合わせて選べますが、長さの主流は200cm前後です。

ベルトにはDカンやバックルがついており、そこで長さの調整を行います。

ゴムバンドと同様にヨガのポーズを正しく行うためにサポートしますが、伸びない分巻きつけた時に身体に食い込まないようにしましょう。

しっかりサポートしたいからと強めに巻くと痛くなる可能性があります。

例えば輪にしたベルトを足に引っかけて寄せてくる、足先と背中を通して支え合うといった使い方をしましょう。

スタジオのレッスンに参加すると道具を使ったヨガも指導が受けられます

ゴムバンドなど道具を用いたヨガの正しいやり方をきちんと身につけるには、プロから指導を受けることをおすすめします。

自分ではうまくできているつもりでも、しっかりとできていない可能性があるからです。

その場合、ヨガを専門で扱うスタジオでレッスンを受けてみると良く、スタジオにはレベルや希望する内容などに応じた細かいクラスが用意されています。

その中で道具を使ったレッスンを受けられるクラスで学んでみましょう。

スタジオによって、入会を検討する際に見学や体験レッスンを受け付けていることがあります。

まずは興味のあるスタジオを見つけたら問い合わせをして、体験が可能か確認しましょう。

事前に公式ホームページで情報を見ておくこともスムーズです。

そして体験レッスンには前もって予約が必要になることが多いので、指定された方法で予約を入れてからスタジオへ行きましょう。

また、クラスはグループレッスンとプライベートレッスンがあり、選ぶものによって費用や内容が違ってきます。

求めることについてもよく考えてから参加すると、自分に合うレッスンを見つけやすいでしょう。

(まとめ)ゴムバンドを使ったヨガにはどんな効果があるの?

1.ゴムバンドを使ってヨガを行うと、正しくポーズを取りやすく身体の歪みを整える役に立ちます

ゴムバンドを使うヨガをすると正しいポーズがしやすくなり、身体の歪みが整っていくでしょう。

もしゴムではサポートが弱い時は伸縮性のないヨガベルトでしっかりサポートする方法もあります。

またスタジオの体験レッスンで、雰囲気を見てから入会しましょう。

2.ゴムバンドを使用してヨガをすることでポーズが取りやすくなります

ヨガのポーズを行う時に伸縮性のあるゴムバンドでサポートすると、初心者も正しいポーズを行いやすくなります。

硬い素材でサポートすると道具なしでポーズを維持しにくくなります。

素材が硬すぎず柔らかすぎないことでちょうど良いサポートになるのです。

3.よりしっかりとサポートしてほしい場合はベルトがおすすめです

ゴムベルトではサポートが足りないと思う時はベルトを使ってみましょう。

伸縮性がないため強くサポートするのできつく巻くことはせず、輪にしたベルトを足に引っかけて支えたり足と背中でバランスを取ったりするような使い方をします。

4.スタジオのレッスンに参加すると道具を使ったヨガも指導が受けられます

ゴムバンドを使ってヨガを行う正しい方法を学ぶにはインストラクターのようなプロの指導を受けることがおすすめです。

その場合専用スタジオの利用が便利で、希望に合った内容を見つけましょう。

そのためには体験レッスンに参加してみてください。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る