ヨガのガス抜きポーズの効果とは?

ヨガのガス抜きのポーズはお腹にたまったガスを抜く効果があるとされています


お腹にガスがたまるのは、食べたものが体内で正常に消化されなかったり、腸の動きが悪くなったりしているのが最大の原因です。

普段の姿勢が悪いと、腹筋が衰え、腸の蠕動運動も鈍くなります。

すると、正常な排泄ができず、お腹の中にガスがたまりやすくなります。

この状態は、体内に老廃物や毒素が貯まりやすくなるので、できるだけ早く解消する必要があります。

ヨガの動きと呼吸法は、筋肉を鍛え、体を正常な状態に整える効果が優れています。

ガス抜きのポーズは、お腹の張りを解消するために大切な下半身に効く動きが組み込まれています。

お腹にガスがたまって重たい感じが消えない時は、ガス抜きのポーズをすると、体内に溜まっていたガスが抜けやすくなり、膨満感やお腹の張りを解消できると言われています。

ガス抜きのポーズはストレス解消にも効果が期待できます

お腹にガスがたまるのは、姿勢や生活習慣だけが原因ではありません。

実は、ストレスが原因の場合があるのです。

ストレスにより暴飲暴食をしたり、ものをよく噛んで食べなかったりして、消化不良を起こすことでお腹にガスがたまりやすくなります。

ストレスによってお腹にガスがたまると腹痛を引き起こす、口臭や体臭が臭くなるなど、さまざまな悪影響が生まれます。

どうしてもお腹にたまったガスが出せないまま苦しい時は、ヨガのガス抜きのポーズを行うことで、お腹に効く動きをするだけでなく、ストレス解消効果も期待できます。

これは、ヨガ特有の呼吸法が精神を安定させ、自然と落ち着いた心を取り戻せる助けになるからです。

日常生活でストレスを感じやすい人ほど、ヨガはリラックス効果を感じやすいとされています。

ガス抜きのポーズをしながら、心身ともに緩やかにほぐしていくことで気持ちよくヨガを楽しめます。

お腹にガスがたまっているのを放置すると体に悪影響があります


お腹に溜まるガスの大半は呼吸から取り込んだ空気ですが、体が正常な状態であれば、おならやげっぷで自然に排出されるようになっています。

お腹にガスがたまるという事は、何らかの理由でガスを排出できず体内に留まってしまっているからです。

理由は運動不足やストレスなど様々ですが、特に腸内環境の悪化でガスがたまっている時はあまり良い状態ではありません。

腸内環境が悪化している時に溜まっているガスは、毒素を含んだ腐敗ガスです。

お腹にガスがたまったくらいなら少しくらい我慢すればと考え、お腹の張りに耐えながら生活している時もあるかもしれません。

しかし、お腹にガスがたまっている時間は体にとって非常に悪い影響を与えるのです。

お腹にガスがたまっていると感じたら、食事の改善や規則正しい生活などが効果的ですが、ガス抜きのポーズは直接腸に働きかける動きなので、即効性が期待できます。

寝ころびながら簡単にできるポーズですので、お腹にガスがたまりやすい人は積極的に取り入れたいポーズです。

お腹が張っているときはガス抜きのポーズをとってみましょう

ガス抜きのポーズを覚える事で、自宅で簡単にお腹にたまったガスを解消する事ができるようになります。

お腹にたまったガスが辛いと思ったら、是非チャレンジしてみて下さい。

  1. 仰向けに寝た状態で両方の膝を抱えます。
  2. ゆっくりと息を吐くことを意識しながら、膝を胸に引き寄せて上体を起こします。
  3. 太ももをぐっと下腹部に押し付けるようにしたら、おしりを上げて呼吸を5回繰り返します。

この一連の動きをする事で、お腹から自然とガスが抜けていきます。

動作の中で腰の部分を緩めることができるので、普段デスクワークなどで長時間座っているなど、腰痛に悩んでいる方にも効果が期待できるポーズです。

もしも上記の動きが辛いようであれば、もう少し簡単な方法もあります。

最初に仰向けに寝たとき、両膝ではなく片膝を抱えます。

抱えた方の太ももをお腹に押し付けて5回ゆっくりと呼吸したら、もう片方の膝を抱えて同様の動きを繰り返すだけでも、ガス抜きのポーズの効果は同様に得られます。

(まとめ)ヨガのガス抜きポーズの効果とは?

1.ヨガのガス抜きのポーズはお腹にたまったガスを抜く効果があるとされています

ガス抜きのポーズはお腹にたまったガスを抜いてくれる効果があると言われています。

お腹にガスがたまる原因はさまざまですが、そのままガスを放置しておくと体内に毒素が溜まるので、早めに抜く必要があります。

2.ガス抜きのポーズはストレス解消にも効果が期待できます

お腹にガスが溜まる原因の一つはストレスです。

ストレスによってお腹にガスが溜まると腹痛や、悪臭を引き起こします。

ガス抜きのポーズをすることで、ヨガのリラックス効果によりストレス解消も期待できます。

3.お腹にガスがたまっているのを放置すると体に悪影響があります

お腹にガスが溜まっても、正常な状態ならすぐに排出されます。

しかし、たまり続けてお腹が張っている時は、毒素を含んだ腐敗ガスが体にさまざまな悪影響を及ぼすので、ガス抜きのポーズで早めに解消したほうがいいでしょう。

4.お腹が張っているときはガス抜きのポーズをとってみましょう

ガス抜きのポーズは自宅でも簡単にできるポーズです。

やり方は比較的難易度が低いですが、もしも難しいようであれば、片足ずつのポーズにするなど、楽な姿勢で行います。

著者情報

hawaiiwater

ヨガプラス
Webマガジン編集部

ヨガに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る