ヨガのポーズは生理中でも効果があるの?


ヨガには生理中の不快感を善させる効果があると言われています


ヨガは生理中のイライラや不快感を改善させる効果があると言われているのです。

生理中にヨガをすれば精神を落ちつかせることができるので、明るくスッキリとした気持ちになるのです。

生理中はホルモンのバランスが崩れることで、普段よりイライラすることが増えたり、気分が落ち込んだり、不快な思いを感じます。

ヨガのポーズをとりながら深い呼吸をすることで、精神を安定させることができます。

不快な気持ちを落ち着かせることができ、心をリラックスさせることが出来るので生理の悩みを軽くすることができるでしょう。

ただし、あまりにも出血が多い時などは無理をせず、体調を見ながらヨガを取り入れましょう。

ヨガをすることで体の巡りがよくなります

生理中は頭痛や腹痛、腰痛などの体の不調が出るだけでなく、少しのことでもイライラしたり気分が落ち込んだりと心の不調を感じる人も多くいます。

生理中の不快感はヨガで撃退していきましょう。

体が硬いためにヨガに苦手意識を持っている人も多いと思います。

しかし、体が柔らかい人だけがヨガの効果を感じることが出来るわけではありません。

体が硬ければそれに合わせたヨガを取り入れることで効果が実感できますし、誰にでもできる簡単なポーズもあるのです。

また、ヨガは激しい運動ではありません。

筋肉をほぐしていく動きを主に行うので、普段使っていない筋肉を動かすことで血行を促進し、体の巡りを良くすることができます。

そのため、凝り固まった筋肉を動かすことで体の痛みを改善する効果もあると言われています。

生理の不快感を少しでも改善して楽になるためにもヨガに取り組みましょう。

ただ、ヨガの中にはハードな動きがあるものもありますので、そのようなヨガは生理中には避けたほうが良いです。

自分の体調に合わせたヨガを行うことが大切です


生理の重さは人によって異なります。出血が多い人もいればそれほど出血がない人もいます。

体の不調の出方も人によって大きく異なりますので、生理中に行うヨガは自分の体調を見ながら行いましょう。

生理中のおススメヨガポーズ

ひし形のポーズは腰回りの筋肉や脚の付け根の筋肉がほぐされるので、生理中による下腹部の痛みの軽減に役立つといわれています。

また、骨盤矯正にもおすすめのポーズです。

弓のポーズはうつ伏せになって両手で両足を持って反り返ります。

体前面が伸びますし、ホルモンを分泌アップする効果も期待できるといわれていますので、生理痛の緩和が期待できます。

生理の時にヨガを行うのが難しい時は、呼吸法だけを取り入れるのもおすすめです。

ゆっくりと深く時間をかけて呼吸を行うことで体全体がリラックスするので、生理中の不快感や滅入った気分を和らげてくれるでしょう。

生理中のヨガは、無理をせず取り組むことが大切です。

継続してヨガを行うことで生理痛の緩和が期待できます

辛い生理痛ですが、その時だけヨガで和らげようとせず継続的にヨガをとり行いましょう。

生理中の不快感が体に大きく表れている場合、骨盤がゆがんでいることも考えられます。

ヨガのポーズの中には骨盤矯正の効果があると言われているものもありますので、日常的に取り入れることがおすすめです。

骨盤が矯正できれば姿勢も良くなりますし、体のラインも綺麗になります。

また、毎日寝る前にヨガをする、2日に1回ヨガをするなど、定期的に行うことも重要です。

定期的にヨガをすることで生理痛に強い体を作ることができるでしょう。

深い呼吸をしながらヨガをすれば、自律神経のバランスも整うので、ストレスにも強くなり少しくらいの不調では動じないようになります。

ヨガには心と体のバランスが取れるようになる効果が期待できます。

生理中はちょっとしたことでもイライラしやすいですが、ヨガをすることで回避できれば毎日元気でいることができるでしょう。

(まとめ)ヨガのポーズは生理中でも効果があるの?

1.ヨガには生理中の不快感を善させる効果があると言われています

生理中にヨガをすれば精神を落ちつかせることができるので、明るくスッキリとした気持ちになれます。

不快な気持ちを落ち着かせ、心をリラックスさせることが出来るので生理の悩みを軽くすることができるのです。

2.ヨガをすることで体の巡りがよくなります

生理中は頭痛や腹痛、腰痛などの体の不調が出るだけでなく、少しのことでもイライラしたり気分が落ち込んだりと心の不調も感じやすいです。

しかし、ヨガを取り入れることで生理中の不快感を軽減させることができるのです。

3.自分の体調に合わせたヨガを行うことが大切です

生理中は体の不調の出方も人によって大きく異なりますので、生理中に行うヨガは自分の体調を見ながら行いましょう。

体的にしんどいと思う時には、無理をせず呼吸法だけを取り入れてもいいです。

4.継続してヨガを行うことで生理痛の緩和が期待できます

毎日寝る前にヨガをする、2日に1回ヨガをするなど、定期的に行いましょう。

定期的にヨガをすることで生理痛に強い体を作ることができますし、生理中のイライラした気持ちも撃退できるでしょう。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る