ヨガとウォーキング、体や心に効果が高いのはどちら?


ヨガとウォーキング両方を行えば、体を健康する相乗効果が高まるとされています

af9940062979l
ヨガとウォーキング、どちらも体や心を元気にする効果があると言われています。

ヨガとウォーキングには、基礎代謝をアップさせて脂肪燃焼を促すなど健康によいとされる共通した効果があります。

一方で、ヨガにはインナーマッスル強化やストレス解消、ウィーキングには筋力アップなどそれぞれ異なる効果もあるので、どちらが優れているとは一概に言えません。

むしろ、2つを併用することで相乗効果が生まれるので、無理のない範囲でヨガとウォーキング両方を生活に取り入れると更に高い効果が期待されます

ヨガとウォーキングはどちらも健康的な体作りに効果的だとされています

ウォーキングとヨガ、一体どちらのほうが健康な体作りにより効果的だと言えるか?は、気になるところです。

ウォーキングは、酸素を取り入れながら手を大きく振って、足を規則的に踏み出す有酸素運動です。

一定時間続けると、基礎代謝が上がり、脂肪燃焼を促すという効果があると言われています。

また大股で素早く足を動かせば、ふくらはぎの血流が促され筋力アップやむくみ、冷え性の解消効果も期待されます。

ヨガは、腹式呼吸を繰り返しながら全身を動かす身体技法です。

インナーマッスルを鍛えたり、基礎代謝力を高めて脂肪を燃焼させる、自律神経の乱れを整えてストレスを解消するなどの効果があると言われています。

ヨガとウォーキングは心身を健康な状態にするために共通する効果もあれば、それぞれ異なる効果もあることが分かります。

どちらも優劣つけがたくウォーキングは運動であるのに対し、ヨガは心の安定にも深く作用する身体技法であり、性質は全く異なると言えます。

ヨガとウォーキング両方に行えば、相乗効果が生まれます

_09Q0406
ヨガとウォーキング、どちらも心身を健康する効果が期待されています。

しかし、背骨や骨盤が歪んだ、体内の血流が悪い状態でウォーキングを行っても、あまり高い効果は期待できないと言われています。

ウォーキングにおける脂肪燃焼や筋力増強など効果を十分に発揮させるには、ヨガにおけるインナーマッスル強化が必要となってきます。

ヨガで背骨や骨盤周辺のインナーマッスルを鍛えることで、猫背が解消されて背筋がまっすぐに伸びて、歩く姿勢もよくなると言われています。

ヨガを通して体が硬い人でも、無理なく体の歪みを正してウォーキングを行う上で必要となる、腕や足の関節の可動範囲を広げることができるとされています。

つまり、ヨガはウォーキングに適した体を作るための基礎となる身体技法だともいえます。

ヨガとウォーキングを併用すれば、相乗効果が生まれるため、別々にどちらか一方のみを行うよりも、より高い効果が得られると考えられているのです。

ヨガとウォーキングは無理なく続けることが大事です

ヨガとウォーキングは長く続けてこそ、筋力アップや脂肪燃焼などの効果が出やすいと言えます。

習慣化するためには、無理のないペースで日々行うことが大切となります。

慣れるまでは1日もしくは2日置き位にして、徐々に増やしていくとよいでしょう。

時間もヨガは10分程度から始め、ウォーキングは20分経たないと効果が出ないので、頑張って20分から30分間位は続けられるようにしましょう。

まず、ヨガで筋肉がほぐれ、関節が柔らかく動きやすくなった後でウォーキングを行えば、双方の効果も発揮されやすいと言えます。

ヨガとウォーキングは併用するのが好ましいと言えますが、必ず2つを毎回行わなければいけないと思うと、長続きしないものです。

疲れた日や天候が悪い日はヨガだけ、外に出たい日はウォーキングだけでも構いません。

ヨガとウォーキングをバランスよく上手に組み合わせながら、双方の持つ効果が最大限に発揮されるように取り組みましょう。

(まとめ)ヨガとウォーキング、体や心に効果が高いのはどちら?

1.ヨガとウォーキング両方を行えば、体を健康する相乗効果が高まるとされています

ヨガとウォーキングはどちらも健康的な体作りに効果的です。

共通する効果、異なる効果があるので、どちらが優れているとは言えません。

併用すると、相乗効果が生まれるので無理なく両方を続けてくことが大事です。

2.ヨガとウォーキングはどちらも健康的な体作りに効果的だとされています

ヨガにはインナーマッスルを鍛えたり、心を落ち着かせるなどの効果、ウォーキングにも筋力強化などの効果が期待されています。

また、双方に基礎代謝をアップして脂肪燃焼を促す効果があるとされるので、優劣をつけることは難しいと言えます。

3.ヨガとウォーキング両方に行えば、相乗効果が生まれます

ヨガには体の歪みを正し、ウォーキングの効果を最大限に引き出すために必要なインナーマッスルを鍛える作用があると言われています。

ヨガとウォーキングを併用すれば、相乗効果が生まれ健康な体作りにより高い効果が発揮されることが期待できます。

4.ヨガとウォーキングは無理なく続けることが大事です

ヨガとウォーキングを併用してより高い効果を得るためには、長く継続させることが大事です。

無理なく続けるためには、慣れるまでは頻度や時間なども始めは控えめにし、徐々に増やしていくなど工夫しましょう。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る