【保存版】ヨガの瞑想の効果って?

ヨガの瞑想は心が落ち着き、集中力の向上やリラックス効果・ストレス軽減などの効果があると言われています

ヨガの瞑想
ガを行う上で大切な3つの要素は「呼吸」「瞑想」「ポーズ(アーサナ)」です。瞑想とは頭をからっぽにして無心になり、意識をシャットアウトさせて自分の内側だけに全集中させる行為を言います。

瞑想は脳を休めて免疫機能を回復させたり、精神状態をリラックスさせてストレスを軽減させたりと、心身へのメリットが多く期待できる健康法とされています。

リラックスに適切な環境とやり方で行う瞑想は、呼吸とポーズの効果を高めるため、ヨガを行う上で欠かせません。

瞑想とは無心になり自分自身の内面に集中することです

よくヨガとセットで見聞きする「瞑想」とは、意識を外部から遮断して、無心になり自分自身の内側に全集中することとされています。

瞑想は脳を休めたり精神を落ちつけたりといった働きを持つ、一種のセルフケア方法です。目を閉じて自分の意識に全集中することにより、モヤモヤとしていた思考が晴れてクリアになるでしょう。

ストレス軽減や疲労回復につながる

瞑想をして雑念が吹き飛ばせたら、処理能力がアップして仕事や家事など、すべきことの効率が高まるとされています。

集中力が高まって決断力や判断力が冴えわたったり、リラックス効果も期待できたりと、瞑想のメリットは多く挙げられているのです。

日常生活を送る上でのパフォーマンスを上げる他、ストレス軽減にもつながりるとされる瞑想は、ヨガのポーズ・呼吸法とセットで習慣づけすることにより、心と体を健康に保つサポート役になります。

瞑想を生活習慣として取り入れることで、気持ちの切り替えが上手になり、ポジティブに物事を捉えるための心の余裕が生まれるでしょう。

ヨガの語源は「つながり」

ヨガのもともとの語源「ユジュ(ヨーガ)」は「つながり」という意味を持っていました。ありとあらゆる物事と調和するために用いられてきたヨガは、その目的を追求するために瞑想を活用してきたのです。

つまり「ヨガ=瞑想」だったとも言えます。ヨガや瞑想は現在、心身の健康を守るために女性だけでなくビジネスマンなど、老若男女にも健康法として定着しつつあります。

ヨガの三大要素は「瞑想」「呼吸」「アーサナ(ポーズ)」です

ヨガの目的は「調和」
ヨガを形作る三大要素は瞑想・呼吸・アーサナ(ポーズ)です。ヨガの効果を得ようとすれば、自然とこの3つを強く意識することになります。

ヨガの三大要素

ヨガ(ヨーガ)を行う際に大切なのは、「瞑想」「呼吸」「アーサナ(ポーズ)」の3つです。この3つはお互いに深くかかわりあっているもので、一つも欠けることなく綺麗に調和することが、心と体のバランスを整えるカギとなります。

呼吸法の目的は、深く丁寧に呼吸をして身体中に酸素を運ぶことと言われています。より良い呼吸をするためには背筋を伸ばして、心をざわつかせる緊張を解きほぐしリラックスしましょう。

理想的な姿勢で呼吸をし、瞑想で緊張を解きほぐすために、ヨガのアーサナ(ポーズ)が生み出されました。このような関係性で、瞑想・呼吸・アーサナは深く結びついているのです。

ヨガには欠かせない瞑想の効果

ヨガとセットで行うことの多い瞑想には、精神を落ちつけたり疲労を回復させたりと、心身に大きな効果が期待できるでしょう。

瞑想で得られるメリットは大きく分けて3つ、リラックスと心身の疲労回復、そして集中力のアップです。

リラックス

瞑想をして精神をリラックス状態に導くことで、モヤモヤ・イライラといったネガティブな感情がリセットされます。ストレスを軽減させるだけでなく、気持ちを切り替えてポジティブな思考を身に付けられるようになるのです。

抱えたストレスを緩和してポジティブな考え方になれることで、ストレスを感じにくい安定感のある精神状態を保てるとされています。いわばストレスへの免疫が身に付くというわけです。

疲労回復

瞑想で期待できる2つめのメリットは心身の疲労回復です。瞑想をすると精神が落ち着き、自律神経のバランスが整うと言われています。

無心で何も考えない状態をつくり出せば、脳が休止して免疫力や疲労回復の働きがアップするのです。深くゆっくりと落ち着いた呼吸を行えば、身体の緊張がほぐれてリラクゼーション効果も期待できます。

就寝前の瞑想は睡眠の質をアップさせますから、一日の疲れを癒す効率もアップするでしょう。

集中力向上

瞑想をすると精神が落ち着いて、集中力の向上につながりります。瞑想は目を閉じて外部からの刺激をシャットアウトさせ、自分の意識にのみ集中する行為ですから、感覚が研ぎ澄まされるのです。

オン・オフの切り替えが上手くできるようになるため、高い集中力を維持する効果が期待できます。深い集中状態をつくり出すことができるため、仕事や作業中には生産性や効率の向上効果が得られるかもしれません。

瞑想で自分の内側を浄化する

瞑想は深い呼吸をしながら行うため、脳にたっぷりと酸素を送り込みます。呼吸が浅い状態になると、脳を酸欠状態にしてしまうため、軽い緊張状態を引き起こしかねません。

瞑想による深呼吸は脳に作用し、持続して行えば集中力を高めるとされています。膨大な情報を処理する脳は、身体の他の部位と比べても10倍近い酸素量を必要としているため、瞑想は脳に効果的に作用するのです。

脳に十分な酸素を与えることにより、瞑想で人を内側から浄化してクリアな健康状態に導けるでしょう。

生活の中にヨガの瞑想を取り入れてみましょう

瞑想は簡単かつメリットの多いセルフケア方法です。日課として日々の生活に取り入れるためのやり方をご紹介しましょう。

瞑想で最も大切なことは、無心になって自分の意識に全集中できる環境を整えることです。周りに意識が向いてしまうような賑やかな場所ではなく、静かな空間が理想的とされています。

集中できる環境づくり

静かな場所に異動したら、テレビやスマートフォンなど音の出る機器類は電源を切っておきましょう。ただしリラックスを促すためのヒーリング系BGMのような音楽はかけていてもOKです。

リラックスできる匂いがあれば、アロマやお香を焚くのも効果的です。瞑想と言ってもそのやり方や種類は十人十色で、人の数だけその人にぴったりの瞑想方法があります。

自分に合った方法が大切

ストレスを軽減したいのか、集中力を高めたいのか…自分の目的に合わせて柔軟にやり方を変えてみてください。好きな音楽やアロマの香りは、自分が一番理解しているはずです。

また、継続して毎日続けることが瞑想の成功の秘訣とされています。まずは寝る前に1日3分から、無理のない範囲で日課として取り入れてみましょう。

おすすめの瞑想のポーズ

瞑想状態に入りやすいヨガのポーズとして、「ロータスのポーズ(蓮華座)」がおすすめです。ヨガのポーズから連想されやすい、あぐらをかいたようなポーズのことです。

1.マットの上に座り、両足を骨盤の幅まで広げる
2.組みやすい方の足首を持って、股関節の上に載せるように膝を曲げる
3.2で股関節に乗せた膝の上に、もう片方の足を乗せる
4.両手の親指を人差し指の上に載せて円をつくり、残りの指を真っ直ぐ伸ばして印を結ぶ
5.両膝の上で印を結び、肩の力を抜いて背筋を自然に伸ばす
6.ヨガの呼吸を行いながら、美しく健やかな自分を思い浮かべ、眉間でその映像を見ているイメージをする

(まとめ)ヨガの瞑想の効果って?

ヨガの瞑想は心が落ち着き、集中力の向上やリラックス効果・ストレス軽減などの効果があると言われています

ヨガは身体と精神を穏やかな状態にし、疲労を取り去って心身のパフォーマンスを上げるための健康法です。瞑想はそんなヨガの効果を最大限に発揮するための、大切なカギとなります。

簡単なヨガのポーズと一緒に瞑想を習慣化できれば、一日のうちに抱えた心身のストレスを上手くケアできるようになるでしょう。瞑想で頭をからっぽにすることで、心の中に溜まったモヤモヤやイライラ、やり場のない怒り・悲しみといったネガティブな感情を整理できるようになるとされています。

気分を上手く切り替えられない、毎日漠然とした不安にさいなまれていると言う人には、瞑想のような簡単にできるセルフケアがおすすめです。上手く瞑想状態に入るためのコツを掴むには、いろんなやり方で瞑想を試すことが大事です。

瞑想のやり方を自分で調べてみるのも良いですし、ヨガの体験レッスンなどに参加してみるのもコツを掴む一助になるかもしれません。

初心者の方は、インストラクターから直接正しいポーズや呼吸法を学ぶことがおすすめです。zen placeは少人数制のグループレッスンで、インストラクターが細かく指導するので初めてでも安心。

入会前の体験レッスンで、スタジオやクラスの雰囲気を体感し、受講の際の不安も解消できます。多彩なクラスとメニューだから飽きずに続けられる、継続しやすいzen placeでヨガの効果を実感してみてください。

著者情報

hawaiiwater

ヨガプラス
Webマガジン編集部

ヨガに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る