ヨガは自律神経のバランスを整える効果があるの?


ヨガの呼吸が自律神経を効果的に整えます

ヨガの呼吸法で自律神経を効果的に整える
ヨガの呼吸が自律神経を整え、心身ともにリラックスした状態へと変えていきます。

人間は常に息を吸ったり吐いたりの呼吸を繰り返ししていますが、無意識に行っていた呼吸を意識的に行うヨガによって交感神経と副交感神経のバランスを整えることがある程度可能になります。

自律神経を効果的に改善するためのカギは呼吸にあると言われています。
基本的に自律神経を自分でコントロールすることは不可能ですが、呼吸にはその可能性があるのです。

腹式呼吸が重視されているヨガによって、自然にゆっくりとしたリズムの呼吸となって、これを続けることによって副交感神経が優位になります。

心身と自律神経の関係とは

ヨガは、どのようにして自律神経と関わっているのでしょうか。

自律神経とヨガと言われてもすぐにはピンと来ない方もいるかもしれません。
自律神経は、内臓や血管など体内にあるさまざまな器官をコントロールしている大切な神経です。

自律神経は二つの神経から成り立っています。
一つ目は、集中時や緊張時に活発になる交感神経、もう一つがリラックスや休息時に活発になる副交感神経です。

普段からストレスが多い人は交感神経が優位になっていることが多いです。
自律神経を整えるということは、副交感神経を活発化させるということでもあります。

緊張したりストレスを受けていると呼吸は浅く、早くなっています。
深くゆっくりとした呼吸をすると副交感神経が高まって、血管が開いて先端までの血行が改善されます。このときの呼吸は深く長いほど効果があります。

ヨガで習得する呼吸はこのような副交感神経を活発にするための呼吸に最適なのです。

自律神経のバランスが崩れると起こる症状

自律神経のバランスが崩れて起こる身体の不調
自律神経のバランスが崩れると、さまざまな心身の不調が現れます。
病院で検査したのに原因がわからない、全身のさまざまな不調が気になる、という方は自律神経のバランスが崩れている可能性があります。

自律神経の不調による症状はいつ何をきっかけに起こるか予測ができず、症状自体が悪化したり軽減したりを繰り返します。
また、外界の環境の変化の影響をうけやすく、季節の変わり目に症状がひどくなるという方も多いです。

交感神経系の症状としては、動悸・息切れ、頭痛、いらいら、立ちくらみ、めまい、肩こり、冷え症などがあります。
副交感神経系の症状には、便秘や下痢、胃もたれ、食欲不振、集中力の低下、無気力などがあげられます。

器官に症状が出る場合、呼吸器系ではのどの不快感、空咳、息苦しさ、ため息などがあります。
脳神経系では、耳鳴りや頭が重い、頭痛などの症状が出ることがあります。

このように、症状だけを見ればその原因が自律神経にあるとはすぐにわからないことも多いです。

なぜ崩れるの?自律神経のバランス

自律神経のバランスが崩れる原因にはいくつか考えられます。
まず考えられるのは、心身の緊張です。

ストレスや悩み事などでイライラして心身の緊張状態が継続すれば交感神経が優位になります。

この場合まずはじめに動悸や息切れなどの交感神経系の症状が出て、やがてぼんやりしたり食欲不振になったりという副交感神経系の症状に見舞われ、放置すれば全身症状になることもあります。

また、ホルモンとの関係も注意しなければなりません。

自律神経の働きを制御する中枢である脳の視床下部は、ホルモンを分泌する中枢でもあるので、自律神経のバランスが崩れればホルモン分泌にも影響します。

更年期に多いホルモンバランスの乱れは火照りやのぼせ、急な発汗、冷感などの自律神経系の体温調節機能の障害に導きます。

さらに、極端な夜更かしをすると交感神経が働き過ぎになって副交感神経の働きが低下、不眠などの症状を引き起こします。

この場合は早寝早起きの生活習慣に改めることが大切です。
全体的には、適度な運動が大切ですが、腹式呼吸をするヨガは自律神経の復調に最適であるといえます。

(まとめ)ヨガは自律神経に効果があるの?

1.ヨガの呼吸が自律神経を効果的に整えます

ヨガには自律神経を整える効果があると言われています。

ヨガによって無意識だった呼吸を意識的に深くゆっくりと行えば、交感神経と副交感神経のバランスが整い、心身ともにリラックスすることが可能になります。

2.心身と自律神経の関係とは

自律神経は肉体のさまざまな器官をコントロールしています。
緊張時には交感神経が優位になり、リラックスしていると副交感神経が優位になります。

ヨガの呼吸を行うと血流が良くなり副交感神経が活発化するのです。

3.自律神経のバランスが崩れると起こる症状

自律神経のバランスが崩れることによって見舞われる症状にはさまざまなものがあり、いらいらや頭痛、めまい、肩こり、胃もたれなど多岐にわたるため、症状だけを取り上げると原因が自律神経にあるとわからないこともあります。

4.なぜ崩れるの?自律神経のバランス

自律神経のバランスは、過度の緊張状態が続くことや、夜型生活が続くことなどにより崩れることが多いです。

また、ホルモンバランスとも大きく関係しています。
ヨガなどの適度な動きと正しい呼吸、規則的な生活が改善のために必要です。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る