効果的なヨガの頻度はどのくらい?


初心者なら週1回からの頻度のヨガが効果的です

初心者は週1回から
ヨガを効果的に行うのに、絶対という頻度はありません。

ヨガは、継続的にライフワークとして生活の中に取り込むのがとても大事なので、続けられるように無理なく付き合っていくという視点も重要です。

ただ、ヨガ初心者の方は、レッスンを受ける頻度として週1回(月に3~4回)のペースで、ヨガを体で知っていくのがよいでしょう。
大きな変化を短時間で求めるのは難しいペースですが徐々に体を慣らすことが大切です。

ヨガ中級者までのレベルであれば体質改善目的などで月に6~8回(週に2回のペース)レッスンを受けるのもよいでしょう。
より変化が起きやすくなりヨガがより日常的なものになります。

自分に合った頻度でヨガレッスンを受ける

ヨガのレッスンの頻度は、経済的なことも含めて、負担のないペースで行くことが大切です。

なぜならヨガは、長く続けることに意味があるからです。

週に1回

はじめのうちは週1回のレッスンが毎週受けられれば十分でしょう。

これ以上のインターバルが開いてしまうと、せっかく習ったポーズを忘れてしまったり体への効果が薄れてしまいます。
レッスンで受けた感覚も忘れてしまうのでもったいないです。

ヨガを毎日の習慣に少しずつ取り入れれば、肉体への意識も徐々に変化していきます。

週に2回


体へのはっきりとした変化を感じやすくなるでしょう。

体質を変えたい方、体の柔軟性を求める方、代謝や筋肉量のアップ、脂肪燃焼度をあげたい方などにおすすめです。

体質だけでなく物の考え方や精神の安定性などにも影響が出始めるでしょう。

週に3回~


ある意味では理想のペースであり、モデルやアスリートなどはこれ以上のペースでトレーニングを受けていることが多いです。

1か月間のフリーパス制度を設けているスクールもありますから、そういうところを選ぶのもおすすめです。

ヨガを長く続けるために

無理なポーズを行ったりただひたすらに回数をこなしてもヨガの効果は出てきません。

自宅で行うヨガを効果的に行って継続させるためのアドバイスをご紹介します。

服装はゆったり

心も体もリラックスすることが大切なので、しめつけのないジャージやウエアに着替えましょう。

また、食後は安静にして、1~2時間ほど経過してから始めてください。

リラックスできる環境を

ヨガマットがなければバスタオルを敷くなどして、フローリングなどの硬い床の上で行うのを避けましょう。

痛みやけがの原因となることがあります。
バスタオルは2枚重ねにするのがおすすめです。

また、できるだけ片付いた部屋で行ってください。

準備運動をする

ポーズを行う前にウォーミングアップとして軽い準備運動をすることが大切です。
体がほぐれますし、ヨガの効果がアップします。

準備運動としては、前屈、首・肩を回す、手首・足首を回す、などがよいでしょう。
回す運動は両方向に行います。

ヨガスタジオと自宅ヨガを活用する

現在、さまざまなヨガスタジオがあり、通う方が増えています。
その反面、スタジオに行くのは不安、といった声も聞かれます。

確かに、ヨガは自宅で行うことでもその効果が得られるでしょう。
どちらの方法でヨガを行うのがより効果的なのでしょうか。

理想は、週に1~3回ヨガ教室に通いながら、毎日自宅でヨガを行うというやり方です。

毎日スタジオに通うのは大変でほぼ不可能ですが、週に1度でも専門家の指導を直接受けて、それを思い出しながら毎日自分の部屋でポーズを取ればよりヨガへの理解が深まり日常生活に欠かせないものとなっていくでしょう。

自分に合った、きちんとしたヨガスタジオや教室を選ぶことは大切です。
自宅や勤め先から通いやすい場所にあることや予算に合っていることは最低条件です。

紙媒体やネット、専門雑誌などにある情報を収集して比較検討すればよいでしょう。

また、口コミは信頼できる情報源です。
身近な人にヨガ教室に通っている人がいれば、詳しい話を聞いてみればよいでしょう。

(まとめ)効果的なヨガの頻度はどのくらい?

1.初心者なら週1回からの頻度のヨガが効果的です

ヨガを行うのに絶対という頻度はありませんが、初心者であれば週に1回のレッスンから始めるのがよいでしょう。
体が徐々に慣れていきます。

中級までのレベルであれば週2回の頻度でもよいです。いずれも長く続けられる無理のない頻度であることが大切です。

2.自分に合った頻度でヨガレッスンを受ける

ヨガのレッスンは初心者であれば週1回から始めればよいでしょう。
週2回のレッスンではより効果を感じやすくなります。

毎日できれば理想的で、モデルやプロのアスリートなどは週3回以上の指導を受けている人が多いです。

3.ヨガを長く続けるために

無理なく自宅でのヨガを続けるためには、リラックスできる服装に着替えること、硬い床を避けマットなどを敷く環境づくりや、ポーズを始める前の準備運動などを行うことが大切です。

4.ヨガスタジオと自宅ヨガを活用する

現在、さまざまなヨガスタジオがあるので、ネットや口コミなどの情報を参考にして自分が通える距離や料金設定の場所を選びましょう。

教室でのレッスンに加えて自宅での毎日のヨガを行えばより効果が期待できるでしょう。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る