ヨガの効果を存分に得られる時間帯とは?

ヨガを行うのに効果的な時間帯は、朝と夜です

ヨガは朝と夜に行うのが効果的

ヨガを行うと心身ともにリラックスできると言われています。それはどの時間帯においても得られる効果ではありますが、特に効果的な時間帯があります。それは朝と夜です。

朝起きてからすぐに陽の光を浴びながら行うヨガは、気持ちがよく精神的にもリラックスできます。体を適度に動かすことで、朝食もおいしく食べられるでしょう。

また、夜にヨガを行うのもオススメです。特にオススメなのは朝、もしくは夜ですが、どの時間帯に行っても効果は得られるものです。

1日の中でヨガを行う時間帯によっても、体や心に与える効果が変わってきます。自分の生活に合わせて、継続できる時間帯に行うのがオススメです。

朝の時間帯のヨガは、頭をスッキリさせる

朝ヨガを行うのも、夜に行うのもリラックスできるという点では同じですが、朝日を浴びてヨガをすることで体が目覚め、血行がよくなり頭がスッキリするという効果も得られます。

太陽の光を浴びて、深い呼吸をしながらゆっくりとヨガのポーズを取ることで、エネルギーを活性化し、身体を目覚めさせることが出来ます。新鮮な空気を体中に吸い込むイメージで行いましょう。

朝行うのにオススメのヨガのポーズとして、「スパインツイスティングポーズ」があります。

① 床に膝を立てて座ります。
② 左足を曲げ、右のお尻にかかとをつけます。
③ 右足を曲げて左足をまたいで、左ひざに右足のかかとをつけます。
④ 息を吸いながら左腕を上げて、息を吐きながら右ひざにかけ左ひざを持ちます。
⑤ 息を吸って背筋を伸ばし、息を吐きながら上半身と顔を右にねじります。
⑥ 20秒キープしたら、体を元に戻します。
⑦ 反対側も同じように行います。

このポーズは、寝ている間に凝り固まった腰などをほぐして、体を軽くする効果もあると言われています。朝起きてベッドの上で行うのもいいのですが、朝日を浴びることでよりさまざまな効果が得られると言われています。

朝日を浴びることで、脳内のセロトニンという物質が分泌されます。セロトニンは「幸せ物質」とも言われるもので、不足するとマイナス思考になったり、ストレスを感じやすくなったり、さらにはうつになりやすくなると言われています。

また、体内時計がリセットされ、寝ていた体が活動準備を整え始めます。朝日を浴びながらヨガをすることは、それをスムーズに行えるという効果があるのです。

夜の時間帯のヨガは安眠効果がある

夕方から夜の時間帯に行うヨガは、1日の疲れを取り、安眠できる効果があると言われています。

その日にあった嫌なことや憂うつなことをすべて忘れて、頭をからっぽにしてポーズを取ることに集中しましょう。ヨガの瞑想と深い呼吸は自律神経を整え、心身ともにリラックスした状態に導いてくれます。

特に夜寝る前に行うと、癒しを得られる「チャイルドポーズ」を紹介します。

① 四つんばいになり、両手を肩幅に開きます。
② 息を吐き、両手を前に伸ばしながら上体を前に倒します。
③ その状態で20秒キープします。3セット繰り返します。

腕や肩、腰の力を抜いて脱力をするのがコツです。

昼の時間帯のヨガも効果あり?

ライフスタイルによっては、昼の方が時間が取りやすいという人もいるでしょう。もちろん、昼の時間帯にヨガを行っても効果はあります。

特に昼は体が活発に動きやすい時間帯なので、脂肪燃焼の効果も期待できるでしょう。ただし昼にヨガを行う場合は、食後すぐの時間帯は避けるようにしましょう。満腹の状態で行うと、気分が悪くなることがあります。

ヨガを行うなら食事前と食事後、どちらがオススメ?

ヨガを行うなら、食前がいいと言われています。
ヨガには内臓を刺激するポーズも多く、満腹の状態で行うと消化不良をおこしたり、気分が悪くなることがあります。

食事後は2時間程度経ってから行うといいでしょう。
ヨガは空腹時に行うといいとされていますが、あまりお腹がすいて我慢できないという時には、バナナ1本など、胃に負担のかからない程度の軽い食事をしてからでもOKです。

基礎代謝を向上しダイエット効果があることで女性に人気のヨガですが、適した時間帯を選ぶことでより効果を感じることが出来ます。激しい筋トレが苦手な方も、忙しくてレッスンに通う時間がない方も、生活の中にに無理なくヨガを取り入れてみましょう。

(まとめ)ヨガの効果を存分に得られる時間帯とは?

朝にヨガを行うことで得られるメリット

ヨガを行うのは朝がオススメと言われています。

朝日を浴びてヨガをすることで、体も心も目覚め、スッキリとすることができます。眠っていた体は自然に活動モードに切り替わります。
また、セロトニンの分泌を促し、心もキレイにしてくれるでしょう。

また、夜の時間帯にヨガを行うことは、1日の疲れを癒し、寝つきをよくするというメリットがあります。ヨガを行うと熟睡できると言われているのです。

もちろん、昼の時間帯に行っても、ヨガの効果を得ることはできます。大事なのは継続して行うことなので、ライフスタイルに合わせ自分のやりやすい時間に行うといいでしょう。

著者情報

hawaiiwater

ヨガプラス
Webマガジン編集部

ヨガに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る