1日の疲れを解消する寝る前のヨガとは?

夜にもおすすめ、寝る前のヨガ

寝る前のヨガは寝つきが良くなるなどの効果がある
夜、寝つきが悪く困っている人、朝の目覚めが悪く倦怠感があってスッキリしない人そんなときにおすすめなのが夜、寝る前のヨガです。

ヨガというと、朝のイメージが強いかもしれませんが、これはどちらかというと、その日1日を元気に活動するために行うという意味合いが強いです。

夜のヨガはそれほど長い時間を必要としません。
寝る前に実践するのに適したヨガのポーズもいろいろなものがあり、おやすみ前に体を適度に動かすと、寝つきがよくなるほか、さまざまな効果が得られます。

睡眠で悩む方はぜひ寝る前にヨガ習慣を取り入れてみましょう。

夜ぐっすり眠るために 寝る前の10分ヨガ

寝る前に行うヨガでは激しい動きはしませんが、適切な体の動きが安眠へと導きます。

ヨガに不可欠な腹式呼吸を行うとセロトニンの分泌が活発になり、代謝が上がり心臓機能や自律神経を調節し、結果、心のバランスも保たれます。

ヨガを寝る前に実践すると、血行が促進されリラックスでき、寝つきがよくなりますし、短めの睡眠時間であっても深く質の良い眠りが得られるでしょう。

夜ぐっすり、朝すっきりの寝る前ヨガ

寝る前に行うと効果的なヨガのポーズにはいくつかあります。

お休み前に10分でも実践すれば、翌朝のめざめは驚くほどすっきりするものです。
一度試せば、その効果を実感するはず。

それでは、寝る前にすると効果的なヨガのポーズをご紹介しましょう。

座ったままできるポーズで1日の疲れを吹き飛ばす

知らず知らずにたまった1日の疲れはその日のうちに解消しましょう。
デスクワークで肩こりがひどい方にもおすすめです。

  1. 両足の親指同士をくっつけて立ちます。
  2. 大きく息を吸いながら両手を上に上げたら息を吐きながら膝を曲げていきましょう。
  3. 足の裏を床にぴったりとくっつけてください。肩の力を抜いて胸の前で合掌します。両膝の間に紙をはさんでいるイメージで。
  4. 大きく息を吸ったら、今度は吐きながら、合掌した手が胸の真ん中にくるまで、上半身を左にひねります。

このポーズを行えば血流が良くなり、内臓の毒素排出効果もあるので、すっきりとした体を手に入れられるでしょう。
体をひねるため、シェイプアップ効果も期待できます。

肩や腰の凝りに バラーサナ シークエンス

バラーサナ シークエンスはとても高いリラックス効果を持つポーズです。

このポーズで呼吸が深くなることによって、副交感神経が優位となるので寝る前にリラックスした状態を味わうことができるでしょう。

  1. まず、立ち膝で両手を太ももの横につけてください。
  2. 大きく息を吸いながら両手を上方に高く伸ばしましょう。背筋をまっすぐ、垂直にするよう注意してください。
  3. 息を吐きながら膝をゆっくりと曲げていき、両手をそれぞれのかかとに付けましょう。
  4. おでこを床につけたら、呼吸をゆったりと繰り返してください。

以上の動作を5回ほど繰り返してください。

凝りや腰痛、便秘、そしてストレスの解消や疲労回復などのほかにも、血行改善による美肌効果も期待できるポーズです。

足のむくみに効果的!脚を広げるポーズ

1日の終わりに足のだるさやむくみに悩む方は多いです。

このポーズは太ももの内側や脚の裏側を伸ばすことでむくみやだるさを解消します。
長時間座った姿勢を続けるとお尻周辺の血行の停滞や骨盤周りのゆがみが起こるためむくみやすくなりますが、脚を上げる動作によって内転筋が鍛えられるのです。

  1. 仰向けで横たわり両膝を曲げ、息をゆったりと吐き、おなかで腰を床に沈めていくイメージを持って約1分間、腹式呼吸を行いましょう。
  2. 息を吸いながら両脚を伸ばして、足首を90度曲げ、両腕はまっすぐにして、両手を膝の内側に入れます。
  3. 息を吐きながら両脚を左右に大きく開いてください。

この姿勢で10回、呼吸を繰り返しながら脚裏を伸ばしましょう。

ヨガでは腹式呼吸も大切な要素で、腹式呼吸をすると腸が刺激されてセロトニンの分泌が促進されます。便秘解消の効果も期待できるでしょう。

季節を問わず冷えの症状に悩む方は多いですが、このポーズを実践すると体が中からポカポカしてきます。

寝る前ヨガの注意点

寝る前のヨガは腹式呼吸で長く深く行う
寝る前のヨガのポーズ、そのどれもが、決して無理をせずに、自分が心地よいと感じられる範囲で実践することが大切です。
呼吸は、腹式呼吸で、できるだけ長く深く行いましょう。

この2点に注意すると、内臓の活動が活発になるので心身のデトックスが促進されて気持ちも軽くなり、翌朝すっきりと目覚めることができます。

また、毎晩実践することによって理想のスタイルに近づいたり、お肌がきれいになったりといった思わぬ効果もあるかもしれません。

おやすみ前のヨガで体をいたわろう

夜、寝る前に行うヨガにはリラックス効果があり、寝つきを良くし、睡眠の質を上げて、翌朝の目覚めをすっきりとさせます。

その日の凝りや疲れをその日のうちに解消することで、より健康的な毎日を元気にスタートすることができるでしょう。

著者情報

hawaiiwater

ヨガプラス
Webマガジン編集部

ヨガに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る