ヨガとは何ですか?

ヨガとは心の安定を目的にするものです


ヨガといえばダイエットや体の歪みを整えるなど、美容や健康目的で始めたいと考えている方が多いかもしれません。しかし本来のヨガとは、呼吸・瞑想・ポーズを取り入れることで、心の安定を目的としたものなのです。

ヨガでは心と体や魂は繋がっているものと考えています。それぞれを調和させてバランスを整えるものがヨガなのです。

ヨガとは瞑想のようなものです

本来あるヨガを簡単に説明すると、「ヨガとは瞑想だ」といえます。瞑想を通して体の異常を察知したり、感情の迷いや不安定さに気が付いたりできます。

体や心の問題に自分で気が付く

ヨガとは体や心の問題を自分で察知して、それを自分でコントロールできるようになるためのものです。そのために自分から意識してヨガを行う必要があります。

ヨガとは宇宙と一体化すること

最終的な目標は、自分を見つめ直し宇宙と一体化させることです。もともとヨガは精神的なものを重要だと考えていたのが、現在は美容や健康といった付加価値を目的に行う人も増えてきました。

もともとのヨガは心の安定を目的としたものであることから、スピリチュアルに興味がある方にも人気があります。「宇宙と一体になる」と聞くと宗教的な面を想像するかもしれませんが、ヨガは決して宗教に特化したものではありません。

どちらかというと宇宙のような大きな存在の力を得るためのものです。自分の生き方を見つめ直し、よりよい生き方を目指していくためにあります。

美容や健康効果は副産物

ヨガは結果的に体の歪みが解消されたり、体が引き締まったりする効果が期待できるのです。瞑想を通して集中力を高めたり、心の安定を求めたりすることもできます。

ヨガは紀元前4000~2000年頃に生まれたものです


ヨガの語源はサンスクリット語で、「ユジュ」という言葉からきています。ユジュは牛や馬をつなぐくびきのことで、ヨガは「つながり」という意味です。

始まりは紀元前4000年~2000年頃

つながりという意味があるのはヨガには、体・心・魂をつなげて、宇宙や神に結び付ける修行だと考えられていたからです。ヨガの発祥は紀元前4000年~2000年頃のインダス文明だといわれています。

紀元前1000年にヨーガの言葉が登場

紀元前1000年頃に発見された「ウパニシャッド」という宗教書物に、「ヨーガ」という言葉が記載されていました。そのため紀元前350~300年にはヨガが認知されていたと考えられています。

その後アーリア人がインドへ移ることになります。もっとも古いヨガの書物は、400年頃のもので、「ヨーガ・スートラ」です。この書物によるとヨガは心の動きをコントロールして、苦しみから解放されるものだとされていました。

1300年頃にハタ・ヨーガが生まれる

1300年頃になると、「ハタ・ヨーガ」が誕生することになります。ハタ・ヨーガとはアーサナと呼ばれるポーズと、プラーナヤーマと呼ばれる呼吸法を組み合わせたものです。

肉体を強化してエゴを超越した存在を目指すものとして広まっていきます。現在世界で活用されているハタ・ヨーガは伝統的なものを取り入れたものも多いです。

世界的にヨガが広まるようになったのは、1600年頃でした。ハタ・ヨーガがより体系化されていったためです。

1920年にヨーガ大学を設立

1920年にはインド中央政府がヨーガ大学を設立しました。本格的にヨガが世の中に広まっていくのは1970年頃からで、瞑想を中心としたヨガが広まります。

1990年代はハリウッドセレブに注目される

さらに1990年代になるとエクササイズの要素を取り入れたヨガの人気が高まります。ハリウッドセレブたちがヨガを取り入れたことで注目されたのです。

ヨガは呼吸法が重要です

ヨガと他の運動の違いは、ポーズに呼吸を合わせることです。常に呼吸を続けることで、体全体に酸素を多く届けていき、生命エネルギーをコントロ―ルします。

細胞一つひとつに酸素を届ける

ヨガで呼吸が欠かせないのは、呼吸法で全身に酸素を届ける目的があるためです。深く呼吸することで体に酸素を取り込み、血液を通して脳や細胞の一つひとつまで酸素を届けることを目的としています。

気をコントロールする

ヨガの呼吸法ではただ酸素を取り入れるだけでなく、体にいきわたっている気をコントロールする目的もあります。気を調節することで体に活力が生まれ、集中力がつくと考えられているのです。

呼吸の基本は鼻から吸う

ヨガの呼吸法では、鼻から息を吸い鼻から息を吐きます。鼻だけで呼吸を続けていくと、交感神経と副交感神経の両方を一緒に刺激できるため、自律神経の調節になるとされています。

鼻で呼吸を続けることで、鼻のフィルターで体内にホコリやゴミを取り込む心配がありません。ヨガで鼻呼吸を続けるうちに、普段の生活でも鼻で息がしやすくなるでしょう。

実は私たちは鼻呼吸をしているときは、左右どちらかの鼻で息をしています。右側が交感神経で、左側が副交感神経と関係があると考えられているため、ヨガの呼吸法で意識することで体の不調改善にもおすすめです。

ヨガの基本である腹式呼吸

ヨガの呼吸法はいろいろな方法がありますが、基本となるのが腹式呼吸です。口を閉じて鼻から3~4秒かけてゆっくり息を吸い込み、3秒呼吸を止めたら6~7秒かけて鼻からゆっくりと息を吐き切りましょう。

ヨガはさまざまな効果が期待できます


ヨガを続けていくと、心や体に変化が生まれていくのがわかります。普段使っていない筋肉や関節を動かし、呼吸法で心や意識にも変化が生まれていくでしょう。

体の歪みを整える

ヨガのポーズで筋肉バランスが整ってくると、体の歪みを整える効果が期待できます。とくに体幹筋と呼ばれる胴体の筋肉を刺激できるため、美しい姿勢へと変化するのが実感できるでしょう。

適度に筋肉が付くことで、シェイプアップ効果も期待できます。正しい姿勢に戻ることで、内臓の位置も正常になり、内臓の調子を整えるのにも役立ちます。

心の変化を感じる

ヨガでは集中力が高まったり、感情のコントロールがしやすくなったりといった変化を感じやすいのが特徴です。呼吸法や瞑想などでリラックスさせながら、不安やイライラの感情を取り除くために役立つでしょう。

ストレスからくる偏頭痛や不眠症などの改善にもヨガはおすすめです。ヨガを続けていくうちにポジティブな考え方に変化していくようになります。

慢性的な症状の緩和

ヨガは慢性的に起きていた体の症状を緩和させる作用が期待できます。深い呼吸で血行やリンパの流れが良くなり、肩こり・腰痛・冷え性などの改善効果を実感しやすいでしょう。

ヨガはストレスを緩和して自律神経を整えることから、更年期障害や月経不順など、女性特有の体の不調対策にもおすすめです。ホルモンバランスが整ってくれば、体だけでなく肌への変化も実感しやすいでしょう。

ヨガは次のような人におすすめです

ヨガは正しい姿勢と呼吸法を組み合わせた方法で、難しい技術が必要ないため、どの世代の方でも実践することができます。性別や年齢を問わず幅広い方にヨガはおすすめですが、とくに次のような人と相性がよいでしょう。

筋肉が少ない方

ヨガは今ある自分の筋肉を使って体を動かしていく方法のため、筋力がない方でも始めることができます。体力がない・体が硬い・運動が苦手でもかまいません。

初心者向けのプログラムから、上級者向けのプログラムまで幅広いポーズがあるため、ヨガがはじめての方でもムリなく続けることができます。自身の筋肉量や体力に合わせて調節できるので、続けるうちにステップアップも可能です。

病院に行くほどではない不調がある方

肩こりや腰痛、頭痛など病院に行くほどではない症状がある方に、ヨガがおすすめです。ヨガを通して血液やリンパの流れを改善していくと、血流不足や冷えからくる体の不調をケアできます。

ヨガは自律神経に働きかけ、ホルモンバランスを整えるためにも役立ちます。そのため女性特有の更年期障害や月経不順を抱える方にもおすすめです。

リラックスしたい方

普段から忙しくリラックスする時間がない方こそ、ヨガがおすすめです。ヨガはマット1枚だけの狭いスペースでも実践が可能で、仕事帰りに駅前のヨガ教室へ立ち寄ることもできます。

ヨガの呼吸法や瞑想はリラックス作用が高く、1日の疲れをいやすためにヨガ教室に通う方も少なくありません。毎日体の緊張をほぐしてリセットするためにも、ヨガがおすすめです。

(まとめ)ヨガとは何ですか?

1.ヨガとは心の安定を目的にするものです

ヨガは美容や健康目的などでも活用できますが、本来のヨガとは心の安定を目的にしています。心と体、魂は繋がっていると考え、それぞれの調和やバランスを整える方法です。

2.ヨガとは瞑想のようなものです

ヨガとは簡単にいえば瞑想です。体や心の問題を自分で気づくためのもので、最終的には宇宙と一体化することを目的としています。

美容や健康効果はあくまでも副産物だと考えておきましょう。

3.ヨガは紀元前4000~2000年頃に生まれたものです

ヨガの発祥は紀元前4000年前~2000年頃で、インダス文明で体と心、魂をつなげる修行として始まりました。ハタ・ヨーガが生まれたのは1300年頃で、1990年代にはエクササイズ要素を取り入れたヨガが広まっていきます。

4.ヨガは呼吸法が重要です

ヨガで呼吸法が重要なのは、全身に酸素をいきわたらせ、気のコントロールにも役立つと考えられているためです。基本は鼻を使って腹式呼吸で息をします。

ゆっくりと鼻から息を吸ったり吐いたりするのです。

5.ヨガはさまざまな効果が期待できます

ヨガを続けていくと体や心に変化が生まれていくのがわかります。体の歪みを整え、ストレス解消や集中力アップの効果が期待できるでしょう。

慢性的な体の不調改善にも、ヨガはおすすめです。

6.ヨガは次のような人におすすめです

ヨガは幅広い方におすすめですが、とくに筋肉や体力が少ない方、病院に行くほどではないが体の不調を感じている方、リラックスしたい方におすすめです。ヨガがはじめての方でも取り入れることができます。

著者情報

hawaiiwater

ヨガプラス
Webマガジン編集部

ヨガに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る