ヨガの前後に食事は避けるべきなの?


ヨガをやる前にご飯を食べてしまっても良いのかな…?
激しく動く訳でもないし、大丈夫だよね!

絶対ダメとはいいませんが、ヨガやる前に食事を取るのは控えましょう
許容範囲は、ヨガをやる2時間前を目安にしてください。

え!!そうなんですか??

ヨガを行うときは、空腹の状態が望ましいと言われています

ヨガを行う時は、空腹の状態が良いとされています。
ヨガは激しいスポーツではありませんが、お腹がいっぱいだと体を動かし難くなってしまいます。

ポーズに寄ってお腹を圧迫したり、頭を下にしたりするものもあるため、内臓に負担をかけないよう空腹の状態が望ましいでしょう。

ヨガの前の食事は我慢しないといけないんですね…
じゃあ、ヨガの後はすぐに食事をしても良いって事ですか?

いいえ、ヨガを終えてすぐに食事をとると栄養分がしっかりと吸収されるため、太りやすくなると言われています。
なので、ヨガの前後は食事を控えて、より良い体の状態でヨガの効果を体内に取り入れていきましょう!



ヨガを行う予定のある日は、食事の時間をコントロールする必要があります。
ヨガでは、いろいろなポーズを行って、内臓の働きを助けたり、精神を落ち着けたりする効果が期待されています。

内臓に刺激を与えることがあるため、おなかを空っぽにしておくことが必要です。
食事は数時間前に済ませておきましょう。

ヨガをする前後の食事で注意しておきたい食事の内容

先ほど、ヨガの前後は食事をしない方が良いとお話しましたが、他にも注意点があります。
それは、食事の内容です。

食事の内容?

ヨガの前後の食事は、ヨガの効果を左右することもあります。
前後の食事もヨガのひとつの流れだと考えて、良いものを選ぶようにしましょう。

ヨガの前に摂る食事

ヨガの前は空腹にしておきたいので、2時間ほど前に食べておきます。
胃腸に負担の少ない、ヘルシーで消化の良いものを中心に食べておき、ヨガの時間にはお腹の中がすっきりしているのがより望ましい状態です。

仕事帰りにヨガスタジオに立ち寄りたいという人には、少し大変ですが、そういった時にはヨガの後に食事を摂るようにしましょう。

ヨガの後に摂る食事

ヨガの後は吸収が良くなっているため、スタイルや体重を気にしている人は、食事の時間とともに取る内容に注意をはらいます。
ヨガ後の食事時間は前の食事ほど厳密に時間を守る必要はありません。

体が落ち着いてきた頃であれば、自分の判断で時間を早めても大丈夫です。

しかし、内容には注意が必要です。
ヨガで温まった体を急激に冷やすような冷たい食べ物を控え、野菜を中心のメニューを考えます。

また、鳥のササミなどのタンパク質は良質な良質な筋肉を作るために良い影響となります。
アルコールは最低でも2時間ほど空けてから飲むようにします。

ヨガの効果を高めるための食事はヘルシー重視ではありません

ヨガでは、ポーズで体の筋肉や骨を整えるだけでなく、生活全てにおいてヨガの心を実践することでより良い生き方ができると考えられています。
食事もそのひとつであり、自然のものを体の中に取り入れるというヨガの精神を大いに反映していると言って良いでしょう。

ただヨガをやるだけでなく、食事も気を使わないと効果としても感じにくい訳ですね。

そうですね。ヨガの前後はもちろんのこと、日常から食べ物に気をつけて、体に良いものを取り入れるようにしたいものです。

とはいえ、ヘルシーにばかりこだわって食事を楽しめないのでは本末転倒です。美味しくいただくこともヨガの世界では、大切にされています。
自分の体の中の声に耳をすませて、その時に自分が欲している食物を選ぶことも必要となります。

食事も無理やり何か制限をかけるわけではなく、自分が食べたい食事の中から健康を意識したバランスを考えてみる事も大事ということですね。

(まとめ)ヨガの前後に食事は避けるべき?

  1. ヨガを行うときは空腹の状態が良い
  2. ヨガをやる2時間前までが許容範囲
  3. ヨガの直後に食事をすると太りやすくなると言われています
  4. 健康的な食事は勿論良いが、極端に食事制限などはやめましょう

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る