不眠解消!ヨガの呼吸で質の高い睡眠を得る方法


質の良い睡眠を取れるヨガ

ヨガをすると質のいい睡眠がとれる理由
ヨガを行うとぐっすり眠れるようになる、と言われています。

睡眠不足の原因は、ストレスや肩こり、腰痛などの体調不良、冷え症、不安感など身体的にも精神的においてもさまざまです。

深い呼吸とポーズはこれらの睡眠不足の原因を解消してくれるのです。
ヨガを行った日は、いつもよりよく眠れるということも言われます。それは心も体もリラックスできているからでしょう。

睡眠不足に悩んでいる人は、ヨガを始めてみるといいでしょう。

ヨガの瞑想は睡眠の質を高めてくれる

ヨガの深くゆっくりとした呼吸や、体を伸ばしたり縮めたりするポーズを取ることで、酸素が体中に行き渡り、血行が良くなることで体も心もリラックスできます。

リラックスすることは睡眠の質を高めるには大切なことです。ヨガをしてリラックスすることで、良質な睡眠を取れるのです。

また、ヨガの瞑想が質の高い睡眠を促すといわれています。

瞑想で心を静めることが、心地よい眠りを与えてくれるのです。

ヨガで質の高い睡眠を取るには?

心と体を癒やし、バランスを取って安定させてくれるヨガは、質の良い睡眠を与えてくれると言われています。

より睡眠の効果を高めるには、どのような方法で行うといいのでしょうか?

副交感神経と睡眠

充分な睡眠時間を取ったのに眠い、たくさん寝たのに疲れが取れない、といったことがないでしょうか?

その原因は眠りが浅いからかもしれません。

眠りが浅いと脳が休息できず、体の疲労も回復しません。それは交感神経が優位に立っている状態だからです。

眠るときには通常、副交感神経が優位になるのですが、ストレスが溜まっているときや、興奮状態にあるときは交感神経が優位になるため、眠りが浅くなってしまうのです。

深い眠りのためには、副交感神経を優位にする必要があります。

ヨガの深い呼吸が睡眠の質を高める

副交感神経とは、リラックスしている状態、心が落ち着いている状態の時に優位に働きます。
副交感神経が優位になると、筋肉がほぐれ、血管が広がり酸素や栄養が体のすみずみまで行き渡ります。

老廃物もスムーズに排出され、細胞の修復が行われ疲労も回復します。

しかし、ストレス社会と言われる現代は、交感神経が優位になっていることが多く、自律神経のバランスが乱れ副交感神経が優位にならなくなっているのです。

そこで、ヨガを行うと副交感神経が優位になるのです。そのカギは呼吸にあります。

ゆっくりと深い呼吸をすることが副交感神経を優位にするのです。
呼吸を意識し、長くゆっくりとした呼吸を一定のリズムで繰り返すことで、心がリラックスし、質の高い睡眠を得ることができるのです。

質の高い睡眠を得られるヨガのポーズ

寝る前にヨガを行うと、睡眠の質が高まります。
特に睡眠の質を高めるヨガのポーズはシャバーサナ(屍のポーズ)です。シャバーサナはヨガの最後に行われることの多いポーズです。

床に仰向けになり、足は肩幅程度、両手は体からこぶし1つ分くらいあけ、手の平を上にしておきます。

目を軽く閉じ、口は自然に開いて、腹式呼吸を繰り返します。

屍のポーズと言われるように、全身の力を抜いて、重力にすべてをゆだねます。
シャバーサナは精神安定の効果があると言われ、不眠を解消し、質の高い睡眠を与えてくれます。

シャバーサナには瞑想の効果もあると言われています。

瞑想とは頭に浮かんでくるさまざまなことを何も考えず、深い呼吸を繰り返します。
こうすることで、本来なら睡眠中に行う記憶の整理をすることができるのです。
そのため、睡眠中の作業が減り、ぐっすり眠れるのです。

ヨガでより睡眠の質を高めるために

シャバーサナをする際に、リラックス効果があると言われるアロマを炊くのもオススメです。
緊張を和らげてくれるサンダルウッドやネロリ、安眠を促すラベンダーなどを選ぶといいでしょう。

また、明るすぎる照明は交感神経を刺激してしまいます。間接照明などの落ち着いた明るさで行うといいでしょう。

ヨガの呼吸はセロトニンの分泌を促す

「幸せ物質」と言われるセロトニンを分泌させるヨガの呼吸法
深い呼吸をゆっくり繰り返していると、セロトニンという物質の分泌が増えると言われています。
セロトニンは“幸せ物質”と言われるように、心を安定させる作用を持っています。

ヨガを行うことで心が落ち着き、睡眠の質が高まるのはこのセロトニンが分泌されることも理由の一つです。

意識して呼吸をコントロールすることが、セロトニンの分泌を促すのです。

深い呼吸で質の良い睡眠を

質の良い睡眠を取るには、副交感神経を優位にすることが必要です。
ヨガには深い呼吸を繰り返すことで、副交感神経を優位にしてリラックスした状態を作ることができます。

さらに精神を安定させるセロトニンの分泌を促し、心を落ち着かせ眠りにつけるという効果があると言われています。

眠っているのに次の日が眠い、疲れが残る、といった時には、ヨガのシャバーサナのポーズを行ってみるといいでしょう。
ぐっすりと眠ることができるはずです。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る