【保存版】そもそもヨガとは何?どんな運動なの?

ヨガとは心の安定を目的とし、呼吸・瞑想・ポーズを取り入れながら、心身共に健康で充実した生き方を目指していくためのものです


ヨガとは、そもそも心の安定を一番の目的としています。そして、呼吸と瞑想、全身を使ったポーズを行うことで心身を健やかに保ち、充実した暮らしを送れるようにするためのものです。

ヨガにおいて、魂と心、身体は切り離せないもの、つながっているものとして捉えられています。ヨガではこの3つを上手く調和させてバランスを整えることができると考えられているのです。

ヨガと言うと、ダイエットやデトックス、スタイルアップなどの効果があるとまず考える人が多いですが、そういった効果は副産物的なものにすぎません。ただ、美しくなりたい、健康的に過ごしたという目的で運動を始めるのは悪いことではなく、実際にそういった方は大勢います。

始める動機は何であれ、ヨガにおいては習慣化させることが重要なのです。

ヨガの発祥は紀元前4500年前頃のインダス文明だと言われています

ヨガの歴史はかなり古く、古代文明時代にまで遡ります。様々な変遷を経てやや形を変えながら現代社会へと伝わり、広く全世界へと普及しているのです。

ヨガの発祥

ヨガの発祥地はインドで、時代は約4500年前のインダス文明の頃にまで遡ります。インダス文明における最大の遺跡「モヘンジョ・ダロ」にはポーズをとる人や瞑想状態の人を描いた陶器が多数見つかっています。

その後時代を経るごとに、次の時代へと継承されながら発展を繰り返します。その中で「ヨガ・スートラ」というヨガ経典が作られ、修行の一環としてヨガが用いられるようになりました。

更に1600年頃には力強いヨガを意味する「ハタ・ヨーガ」が生まれ、そこから様々な流派ができてヨーガが世界中に広まります。1970年代に精神統一の修行をする瞑想を中心とした第一次ヨガブームが到来しています。

そして1990年代にはエクササイズ的な要素の強い第二次ヨガブームが、ハリウッドセレブの中心に浸透しました。日本でも主に女性の間で根強い人気となっています。

現代で各地のヨガスタジオで取り入られているポーズのほとんどは、ハタ・ヨーガが中心となっているのです。

ヨガは体や心の問題に自分で気が付く

ヨガは全身を使ってポーズをとり、呼吸法と瞑想により自分自身の心と向き合うことで身体や心の不調を自身で気づき、改善していくことができると言われています。

自分で自身の問題を察知してコントロールできるようになるためには、自分で意識をもってヨガに取り組むことが大事なのです。

ヨガで瞑想などのワードを聞くと、宗教と関係があるのではないかと思われがちです。確かにそういった一面もあるかもしれませんが、決して宗教と一体化になっているものではありません。

ヨガはむしろ普遍の宇宙と一体化するものなのです。

自律神経を整える効果があり、心の安定を目的としています

ヨガには様々な効果が期待されています。ヨガがもたらす効果の一つが、自律神経を整えメンタルを安定させることです。

ヨガは心の変化を感じやすいのが特徴です

ヨガでは瞑想を通じて呼吸に集中し、自己の内面と向き合うことができるようになります。その結果、集中力が上がり、自分で感情のセーブが利くようになると言われています。

ヨガの腹式呼吸により心身がリラックスすることで、イライラ感や不安、気分の落ち込みが和らぎ、心の平穏を取り戻すのに役立つとされています。

また、腹式呼吸で自律神経の一つ、副交感神経が優位になりストレス緩和にもつながるでしょう。ストレスによる頭痛や不眠症などの不調からも解放されるので、不調に悩まされている方にもヨガが適しています。数回では効果は得にくく、持続もされにくいです。

しかし徐々にイライラや不安などの負の感情に支配されることなく、前向きなプラス思考へと考え方が変化していくものです。物事を常に良い方向に捉え、心身を健やかな状態に保ちやすくなるでしょう。

ヨガにより自律神経バランスが整うと、女性ホルモンバランスの乱れも改善されます。すると、更年期障害の症状や月経に伴うトラブルなどの解消にも役立つと言われています。

また、体の筋肉を柔らかくして柔軟性を高めるのみならず、心に平穏をもたらし、集中力をアップさせる効果も期待できます。

「腹式呼吸」の呼吸法がとても重要です


ヨガにおいて基本の呼吸法である腹式呼吸は非常に重要なウェイトを占めます。やり方を覚えて習得できるようにしましょう。

ヨガは腹式呼吸で行います

腹式呼吸は普段の呼吸とは異なるので慣れない人もいるかもしれません。

基本の呼吸方法は、鼻からめいっぱい息を吸い込んでお腹を膨らませます。今度は鼻から少しずつ息を吐き切りお腹をしっかり凹ませます。

ポイントは息を吸う時はゆっくりめで、4秒位時間をかけることです。そこで3秒ほど息を止めます。今度息を吐く時は更にゆっくり7秒位かけてしっかり吐き切ることが大事です。

また横隔膜の動きにも注意し、きちんと上下運動を行うようにしましょう。腹式呼吸は自律神経のうち、副交感神経を活発にして心身をリラックスさせる呼吸法です。

ポーズをとっている間は絶え間なく、呼吸を止めないで繰り返すこともポイントです。基本ポーズに慣れないうちは、そちらに意識が持っていかれるので呼吸が浅くなったり、止まったりすることがよくあります。

ゆっくり深く呼吸することで大量の酸素を取り込み、全身の細胞へとしっかり行き渡らせることができるので、呼吸に意識を集中させることも忘れないようにしましょう。また、酸素を届けるのと同時に全身を巡る気を調節するという目的もあります。

身体にエネルギーがみなぎり、集中力が上がる効果もあるとされています。ヨガでは呼吸とポーズは常にセットで行うのが基本です。始めは難しいですが、ポーズをとっている間も呼吸を止めないように意識することが大事です。

ダイエットや身体のバランスを整えるなどの健康効果は副産物です

ヨガは元々心身の健康を維持し、充実した生き方を目指すために行うものです。ただ、伝統的なポーズをとることで普段の生活では使うことのない筋肉や関節を刺激できます。

それにより、身体を目覚めさせることで心のみならず、身体にも良い効果をもたらすと言われています。

ヨガは心の変化だけでなく身体の変化も感じられる

また、呼吸とポーズを繰り返すことで次第に筋肉量が増えます。強化されたインナーマッスルで骨格を支えられるようになるため、骨格の歪みが正されることで姿勢バランスの改善にも役立ちます。

心を落ち着かせ、自身の身体の状態を確認することで早期に不調を見つけることにもつながるでしょう。骨格が正されることで、骨格に押し出されていた内臓も元の場所に戻ることができ、機能が向上します。

更にインナーマッスルが鍛えられることで、全身が引き締まりスタイルアップ効果も期待できます。他にも、筋肉や関節の動きが滑らかになることで柔軟性が生まれ、身体の動きもスムーズになっていくでしょう。

(まとめ)そもそもヨガとは何?どんな運動なの?

ヨガとは心の安定を目的とし、呼吸・瞑想・ポーズを取り入れながら、心身共に健康で充実した生き方を目指していくためのものです。

ヨガの発祥は今から約4500年前のインダス文明の時代にまで遡ります。ヨガの経典「ヨーガ・スートラ」が誕生して継承され続け、その後「ハタ・ヨガ」が体系化して世界へと広がりました。

ヨガでは心と身体はつながっており、身体と心の調和をとるためのものだと考えられています。そのため乱れた自律神経を整えて心身の不調を緩和する効果があると言われています。

ヨガを習得することで、次第にイライラ感などの負の感情をコントロールし、物事を前向きにプラス思考で捉えられるようになるとされています。またヨガのポーズで全身の筋肉をほぐして鍛えることで、筋肉量が増えて基礎代謝が上がり、脂肪が燃えやすくなる効果も期待できるでしょう。

ヨガの瞑想と腹式呼吸でたっぷりの酸素を全身に巡らせ、活力がみなぎる充実した生活を目指しましょう。

初心者の方は、インストラクターから直接正しいポーズや呼吸法を学ぶことがおすすめです。zen placeは少人数制のグループレッスンで、インストラクターが細かく指導するので初めてでも安心。

入会前の体験レッスンで、スタジオやクラスの雰囲気を体感し、受講の際の不安も解消できます。多彩なクラスとメニューだから飽きずに続けられる、継続しやすいzen placeでヨガの効果を実感してみてください。

著者情報

hawaiiwater

ヨガプラス
Webマガジン編集部

ヨガに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る