【保存版】ヨガは花粉症に効果があるの?

免疫力を高めるヨガは花粉症対策としても効果が期待できます


くしゃみや鼻水、目のかゆみや充血といった花粉症の症状は、花粉が体内に侵入した際の免疫反応が主な原因です。免疫機能が低下する睡眠不足やストレスなどは、花粉症を悪化させる要因の一つとされています。

ヨガで精神を落ち着けて免疫力を高めることは、花粉症の症状を予防・緩和させることに効果的です。ヨガの呼吸法は鼻呼吸ですから、花粉を吸いこみにくいという点もメリットです。

花粉症には「魚のポーズ」などのヨガポーズがおすすめですが、ヨガスタジオなどで花粉症対策のヨガを教えてもらうのもよいでしょう。

花粉症の症状の原因は「免疫機能」のバランスが崩れてしまうことです

そもそも花粉症はどうして起こるのかご存知ですか?

花粉症は花粉を体が外敵・異物ととらえ、過剰に反応してしまうために起こります。私たちの体には異物が体内に侵入してきた際に、その異物を体外に排出しようとする働きが備わっています。

くしゃみや鼻水、涙などがその働きによるものです。アレルギー反応が出ると、この作用が過剰に起こってしまいます。

ですが同じ地域に住んでいても花粉症になる人とならない人がいますよね。

漠然と花粉症は花粉が飛んでいるから起こると思っている人もいるかと思いますが、花粉症の原因は花粉だけではありません。

花粉症が起こるメカニズム

花粉症の症状であるくしゃみや鼻水・鼻詰まり・充血などはどれも、体内に入ってきた花粉を取り除くためのアレルギー反応です。

異物となる花粉が体内に侵入したときに、それを排除しようとする仕組みを「免疫機能」と呼んでいます。

この免疫機能を持つ物質「IgE抗体」は、花粉が体内に入ったときに鼻や目の粘膜にある抗体と結合します。この抗体は花粉に接触するたびに生成されるため、少しずつ体内に蓄積されて増えていくのです。

この結果、アレルギー反応を持つヒスタミンが分泌され、花粉を出来る限り体外に排出しようとして、くしゃみや鼻水などが止まらなくなるとされています。

睡眠不足などは免疫やホルモンバランスを崩し、この花粉症の症状を悪化させます。

免疫力低下の原因は、自律神経の乱れや睡眠不足です

免疫力が低下すると花粉症の症状悪化させますが、その原因は花粉の増加や、ハウスダストなどによるアレルギー体質化があります。

花粉以外にもダニやハウスダスト、大気汚染による微粒子などにアレルギー反応が出てしまうと、花粉症になりやすくなります。

また、高たんぱくな食生活、ストレスなどによる自律神経の崩れ、免疫力の低下なども挙げられます。

花粉症はくしゃみや鼻水、鼻詰まり、涙が出るなど症状や程度も様々ですが、鼻詰まりは自律神経と関係しています。

自律神経である副交感神経優位になっているときに起こりやすいと言われていますが、ヨガはこの自律神経のバランスを整える効果があると言われています。

またヨガは呼吸法も大事にしているエクササイズなので、鼻の血流も刺激されて鼻詰まりを緩和・解消しやすくしてくれます。

花粉症の症状が強いときだけに行うのではなく、継続して行うことがポイントです。

ヨガには免疫力を高める効果もあります


花粉症の原因のひとつでもある自律神経の乱れを整える効果があると言われているヨガですが、その効果はそれだけではありません。もうひとつの原因でもある免疫力を高める効果もあると言われています。

体力低下などにより免疫力が下がってしまうと、花粉などへの過剰反応を引き起こす原因になってしまうことがあります。そのため免疫力を高めることで、花粉症の症状を緩和することが期待できます。

ヨガは腹式呼吸で行うエクササイズですが、この呼吸法が重要なポイントになります。花粉症を対策するには花粉に対抗できる免疫を付けることが大切です。

深い呼吸を意識してヨガを行うことで、内臓をほぐしたり血行を促したりすることができ、全身の細胞が活性化するため免疫力アップにつながります。

適度な運動は、体力や免疫力を高め、花粉症を対策するのに効果的だと言われています。運動不足になると体力が落ちて免疫力も低下してしまいます。

ヨガは運動が苦手な人でも続けやすいエクササイズなので、運動が苦手な人にもおすすめのエクササイズです。

ヨガの呼吸法は免疫力アップや、自律神経のバランスを整える効果があると言われています

ストレスからくる自律神経の乱れや睡眠不足、体力低下などにより免疫力が下がってしまうと、花粉などアレルゲンへの過剰反応を引き起こす原因になってしまうことがあります。

逆に免疫力を高めることで花粉症の症状を緩和することが期待できます。

ヨガは複式呼吸で行うエクササイズですが、この呼吸法が花粉症対策の重要なポイントになります。深い呼吸を意識してヨガを行うことで、内臓をほぐし血行を促すことができ、全身の細胞が活性化するため免疫力アップに繋がるのです。

また運動不足になると体力が落ちて免疫力も低下してしまいますので、適度な運動は体力や免疫力を向上させ、花粉対象に効果的だと言われています。

ヨガやピラティスは運動が苦手な人でも続けやすいエクササイズなので、花粉症対策として取り入れてみるのはおすすめです。

ヨガの鼻呼吸は花粉症の予防にも効果的です

ヨガで行われる呼吸法は、ほとんどが「鼻から吸って鼻から吐く」という鼻呼吸が採用されています。この鼻呼吸が花粉症の予防効果があると言われているのです。

鼻の中にある鼻毛(びもう)はフィルターの役割を果たすため、空気中から雑菌やウィルスを体内に吸い込むのを防いでくれます。

対して口呼吸ではダイレクトに細菌やウィルスが取り込まれるため、抵抗力が弱まって花粉症の症状が悪化させられるでしょう。

「魚のポーズ」は、くしゃみや鼻詰まりなどの呼吸器系の症状がある人におすすめのポーズです

ヨガには色々なポーズがありますが、その中でもくしゃみや鼻詰まり、鼻水などのアレルギー症状に効果があると言われている、「魚のポーズ」をご紹介します。

1.仰向けになりひざを立てて、両腕を背中の下に置いてください。手のひらは下に向けて、手の甲にお尻をのせます。

2.両脚をつま先までまっすぐに伸ばしましょう。息を吸い、吐きながら腕で床を押していき、上半身を持ち上げてください。

3.このとき肩や首の力は抜き、ひじ~手のひらに力を入れて体を支えます。

4.一度息を吐いて、吸いながら胸を引き上げていきます。頭頂部を床に着けて呼吸を繰り返しましょう。

5.終えるときはうでに体重をかけたまま、顎を引き頭を持ち上げて、上半身を床にゆっくり下ろしてください。

首や腰が痛い人や痛めている人は、痛めたり症状が悪化したりする可能性があるので控えましょう。

また、腕の力が抜けてしまうと首を痛める可能性があるので、十分に注意して行うようにしましょう。

(まとめ)ヨガは花粉症に効果があるの?

免疫力を高めるヨガは花粉症対策としても効果が期待できます

花粉を吸いこんでしまったことによるアレルギー反応と、免疫力の低下が花粉症の原因として挙げられる主な原因です。

花粉症のメカニズムを改めて踏まえてみれば、ヨガの動作は花粉症の予防・対策に効果的です。

ヨガでストレスを和らげ精神をリラックスさせたり、血流を促進して免疫力をアップさせたりすれば、花粉症の原因となる免疫力に働きかけることができます。

花粉症の予防・緩和に効果的なヨガのポーズもありますから、花粉症が辛い方は試してみるといいでしょう。

初心者の方は、インストラクターから直接正しいポーズや呼吸法を学ぶことがおすすめです。ヨガプラスは少人数制のグループレッスンで、インストラクターが細かく指導するので初めてでも安心。

入会前の体験レッスンで、スタジオの雰囲気を体感し、受講の際の不安も解消できます。多彩なクラスとメニューだから飽きずに続けられる、継続しやすいヨガプラスでヨガの効果を実感してみてください。

著者情報

hawaiiwater

ヨガプラス
Webマガジン編集部

ヨガに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る