ヨガで骨盤を矯正すると腰痛の改善や疲労回復に効果的

ヨガで骨盤を矯正(調整)して腰痛を改善し疲れにくい体を手に入れよう

ヨガで効果的に骨盤を矯正する
骨盤の位置のずれとは、骨盤の骨自体がずれているわけでなく、姿勢が悪い状態を意味します。
その状態を放置していると無駄な力が加わり続け、疲れがたまりやすくなったり、腰痛の原因となったりする可能性があるため危険です。

骨盤の矯正(姿勢調整)を行うためには正しい姿勢を取るためのトレーニングを行って、腰回りの筋肉を鍛えて行くことが大切になります。

続けて行くことで自然と骨盤矯正(姿勢調整)が行え、腰痛の改善や疲労回復に繋がります。
さらに、正しい姿勢がキープできるようになるためスタイルにも良い影響があるかもしれません。

骨盤の位置を直すことで背骨も正しい位置へ矯正

骨盤を矯正(姿勢調整)すればそれに伴って、背骨や脚の付け根も元の場所へ戻ることが期待できます。
余分な脂肪がついたり、無駄なエネルギーを消費したりすることがなくなり、疲れにくくなるはず。

そこで、ヨガのように、全身のバランスを整えながら、正しい姿勢を維持できるよう体の内側を鍛えて行く方法が効果的です。

骨盤矯正(姿勢調整)効果があるヨガとそのポーズ(アーサナ)について

骨盤矯正(姿勢調整)を行うことの大切さはわかっても、ヨガがどうしてそれに効果的なのか疑問を持つ方もいるかもしれません。

ヨガのアーサナは、身体のすみずみまで伸ばしたり動かしたりすることを主眼に置かれて作られたもので、その中心には骨盤や背骨の矯正(調整)が据えられているのです。
そのため、骨盤矯正を考えている人にも、ヨガはおすすめなのです。

さらに、全身くまなく鍛えることができるため、下記のような効果も期待できます。

正しい姿勢維持して疲れにくい体に

人の体はもともと二足歩行をしたり、仰向けで寝たりすることに適応する為に、背骨から脚の骨までがほぼ一直線になるようにできています。

しかし、現代では座る時間が長く正しい姿勢をキープできない方が増えてきています。
そのため、骨盤の位置もずれてしまっている方も多く、腰痛や肩こりの原因となってしまっているのです。

ヨガは、いくつものポーズを組み合わせてさまざまな場所の筋肉をほぐしたり鍛えたりするとともに、正しい姿勢を取ることが重要な身体技法です。

続けて行くことでその姿勢を維持できるようになるため、骨格や筋肉の動きがスムーズになり疲れづらい体を作り上げてくことができます。

血行を改善してむくみを解消

運動不足ですと下半身の血行が阻害されてしまいがちになってしまい、血やリンパの巡りが悪くなり足がむくんだり、冷え性になったりする恐れがあります。

ヨガは深い呼吸とアーサナによって効率的に全身を動かすことができるため、主体的にこれらの改善を促すことが可能です。

むくみの解消を考えているのであればヨガに取り組むことも選択肢でしょう。

代謝のアップで太りにくい身体にしよう

骨盤の周りには、インナーマッスルと呼ばれる姿勢を制御したり細かい動作を補助したりする筋肉がたくさんついており、普段意識をすることはありませんが、常に働き大きなエネルギーを消費している部位です。

ヨガでは、この筋肉を鍛えることが可能なことが特徴です。
基礎代謝のうちこの筋肉が約22%のエネルギーを使用しており、更にこの部分を鍛えることで代謝のアップが期待できます。

結果的に太りにくい体質へと変えて行くことができるでしょう。

デスクワークや出産で骨盤がずれてしまうこともあります

負担をかけずにヨガで骨盤周りを強化する
骨盤は、背骨を下から支えるとともに、脚の付け根を衝撃から保護する役目を果たす部位であり、姿勢を保つ上でも重要な働きをする部分です。

ところが、現代人はデスクワークで座りっぱなしや、車を長時間運転するなど、猫背になりやすい環境がたくさんあり、骨盤の位置がずれてしまう方も多くいるような状況です。

さらに、女性の場合には出産時に骨盤が開くことによって、その後骨盤周囲の関節部分や靭帯がなかなか元に戻らなくなってしまうこともあります。

この点、ヨガであれば無理な負担をかけずに骨盤のまわりを強化できるため、骨盤の矯正(姿勢調整)を行いつつ全身のバランスを整えられることが特徴です。

骨盤を直すことで健康的で強い身体に生まれ変わる

骨盤の歪み(悪い姿勢)は、背骨や周りの筋肉にも悪影響を及ぼします。ほおっておくと、腰痛や肩こりの温床となってしまうため、出来る限り早く直しておくのが賢明です。

そこでヨガに取り組んでみてはいかがでしょうか。

骨盤周りはもちろん全体のインナーマッスルに働きかけることが可能なため、効率よく全身を鍛えられるはずです。

監修医情報

院長
布施 淳医師
ふせ じゅん/Jun Fuse
経歴
1994年 東京慈恵会医科大学卒業
1994年 国立東京第二病院 内科初期研修
1996年 国立東京医療センター 循環器科レジデント
1999年 東京慈恵会医科大学付属病院 循環器内科
2000年 神奈川県立厚木病院循環器内科
2000年 国立病院機構東京医療センター 循環器科
2010年 東京医療保健大学大学院 臨床講師 併任(-2018)
2015年 国立病院機構東京医療センター集中治療室 副室長 併任(-2018)
2018年 ウェルビーイングクリニック駒沢公園 開院

運営クリニック

運営クリニック ウェルビーイングクリニック駒沢公園
住所 〒152-0021 東京都目黒区東が丘2-15-1 グランフォルム駒沢公園 102号
お問い合わせ 03-6804-0644
院長 布施 淳医師

著者情報

hawaiiwater

ヨガプラス
Webマガジン編集部

ヨガに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る