ヨガは入浴後に行う方が効果的?


身体が温かいと伸ばしやすいのでヨガを入浴後に行っても構いませんが30分はあけましょう


入浴後にヨガをする時は30分空けてから行うようにしましょう。

身体が温まっており動かしやすいですが、血行が促進されすぎて吐き気などが起こる場合もあります。

また、普段より身体が動きやすいのでいつも以上に大きく動いてしまいがちになり、ケガをする可能性もあるため注意しましょう。

そのため入浴前に時間を取ることができればその時間にヨガを行った方が安全です。

水分補給は、入浴後だけでなくお風呂に入る15分前にも水分補給しておくと血液濃度の上昇を防ぐといます。

入浴後のヨガは30分以上時間を空けてから行いましょう

身体が温かい状態でヨガを行うと、身体が動かしやすくなっているので入浴後の方が効果も上がると思う方もいるでしょう。

しかしヨガは血行促進に役立つことから、入浴直後に行うと血行を促進しすぎる可能性があり、人によっては吐き気などを催すことがあります。

そのため入浴後は30分ほど時間を空けて身体が落ち着いてきた頃にヨガを行ってください。

すると身体を伸ばしやすく血行もほどよく促進されるでしょう。

入浴後は負荷の小さいポーズを行う

筋肉を伸ばすことが目的のストレッチと違って、ヨガは自律神経にも変化を及ぼすので、負荷の大きいポーズを行うと目が覚めてきてしまいます。

入浴後で寝る前にヨガを行う場合には、負荷を下げ、リラックスして行えるポーズを取り組みましょう。

またポーズをたくさん行うより、呼吸法や瞑想を多めにした方がその後の寝つきも良くなるでしょう。

それほど長い時間をかけなくても、ポーズ・呼吸法・瞑想をゆったりと行うことで眠りの質を高くすることが期待できます。

もし負荷の大きいポーズを行いたい時は朝や日中に行っておきましょう。

身体が温まることでケガをする可能性もあります


入浴で身体を温めると筋肉などがゆるんだ状態になり、身体を動かしやすくなります。

動きやすいからと言って、いつもより大きく動作をするとケガを招く恐れがあります。

そのため入浴後にヨガをする時は、動きすぎないことにも注意しましょう。

寝る前に入浴する場合が多いので、眠りの妨げにならない程度のヨガが良く、これはケガ防止の面からも適しています。

可能であれば入浴前にする

入浴前と入浴後を比較するのならば、ヨガは入浴前に行うことをおすすめします。

それは、入浴前の方が負荷の大きなポーズを行ってもその後の入浴でリラックスし、眠りやすい状態へ促すからです。

また入浴後にヨガをして汗をかくとまたお風呂に入る手間がかかってしまうことも理由として挙げられます。

しかしこれは人によって判断の分かれるところです。

実際入浴前と入浴後にヨガをしてみて、良いと感じた方を続けてみましょう。

入浴後のヨガでは水分補給を忘れないようにしましょう

入浴すると水分が失われるのでお風呂からあがったあとは水分補給が必要です。

入浴後にヨガをする場合だけでなく、リラックスタイムを過ごす時でも水分は取っておきましょう。

お風呂から上がって少し時間を置いてからヨガをし、眠るという流れだと寝ている間に水分を取ることはできないため、入浴後に取っておくことがおすすめです。

また、入浴前に水分補給をしておくことも、血液がドロドロになることを防ぎます。

具体的には、入浴15分前に水分補給すると良いです。

入浴前にヨガをした時も水分補給

入浴前にヨガを行って、汗をたくさんかいた時も水分補給をしてお風呂に入りましょう。

この場合もお風呂後のヨガのように、30分あけてから入浴すると血行促進されすぎません。

ですが水分を大量に一度に飲むと血圧があがってしまうため、コップ1杯程度ずつ飲むようにしてください。

水分補給に適した飲み物

水分の吸収効率の高い飲み物として、軟水のミネラルウォーターが良いでしょう。

これはヨガをしている時の飲み物にもすすめられているので、普段から常備しているのではないでしょうか。

他にもルイボスティーなど、カフェインや糖分のような不純物が含まれていない飲み物なら飲んでも構いません。

(まとめ)ヨガは入浴後に行う方が効果的?

1.身体が温かいと伸ばしやすいのでヨガを入浴後に行っても構いませんが30分はあけましょう

ヨガを入浴後に行う時は、直後では血行が良くなりすぎるため30分空けてからにしましょう。

身体を動かしやすいので普段より動きすぎないように注意し、水分補給も忘れずに行ってからヨガをしてください。

2.入浴後のヨガは30分以上時間を空けてから行いましょう

入浴後は血行が良くなっているのでそのままヨガを行うと血行促進されすぎて、中には吐き気などが起こる場合もあります。

そのため入浴後のヨガは30分ほど時間を空けてからゆったりとした内容で行いましょう。

3.身体が温まることでケガをする可能性もあります

入浴後は血行が良くなって筋肉はゆるんでいます。

そのためいつもより身体が動きすぎるのでケガをする恐れがあるのです。

入浴前であれば、負担の大きいポーズを行っても構いません。

4.入浴後のヨガでは水分補給を忘れないようにしましょう

入浴後のヨガをする前に、入浴で失った水分を補給しておきましょう。

できればその時だけでなく入浴15分前も水分を飲んでおくことがおすすめです。

また入浴前のヨガで時も同様で、ヨガで失った水分を補給し30分ほど時間を空けてから入浴しましょう。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る