【保存版】妊娠初期にヨガをしてもいいの?

妊娠初期にヨガをする場合、医師の許可があれば可能です


マタニティヨガは妊婦さんが行う緩やかなヨガのことです。妊婦さんがヨガを行うことで、不安定になりがちな精神をリラックスさせたり、出産に必要な筋力・体力をつけたりといったメリットが得られます。

妊娠初期はまだ心身共に不安定な状態ですが、医師と相談して許可を貰った上で、インストラクターなどに適切なヨガのやり方を教われば、マタニティヨガを行うことは可能とされています。

きちんと身体の状態に向き合った上で、正しいやり方を守ってマタニティヨガを行えば、つわりや出産時の苦しみを予防・軽減させられるでしょう。

妊娠初期はまだ不安定な状態です

妊娠初期には激しいスポーツや運動は禁物ですが、マタニティヨガのような穏やかで負担の少ない運動であれば、医師の許可があれば実践できるとされています。マタニティヨガは妊娠初期から行うことで、体力をつけたり心をリラックスさせたりと、妊婦さんの身体に良い影響をたくさんもたらしてくれるでしょう。

妊娠初期にヨガをする場合には医師の許可があれば可能です

妊娠初期とは妊娠15週目までのこと。一般的に言われる妊娠初期とは、妊娠15週目(妊娠4か月)の終わりまでの期間を言います。妊娠初期には吐き気や気持ち悪さといったつわりの症状や、下腹部の張りといった不快な症状が出やすいのが特徴です。

慣れない身体の不調や出産・育児への不安でストレスを抱えやすい時期ですから、とにかく心身をリラックスさせることが欠かせません。この時期には禁止されていることはあまり多くありませんが、ゆったりと実践できる呼吸法や瞑想を利用して、心と体を穏やかな状態に導いてください。

妊娠初期は無理のないヨガを

激しくないヨガであれば、身体に負担をかけるリスクが少ないため、医師と相談して許可を貰えれば始められます。ただし下腹部に負担をかけるような、無理なポーズはいくらヨガでも厳禁です。

これはヨガだけではなく他のスポーツや運動にも当てはまることとで、妊娠時期に合った身体の動かし方が大切とされています。マタニティヨガは身体に負担をかけづらく、出産の時に役立つ筋肉や体力を養えるため、妊娠初期におすすめです。

妊婦さんが抱えがちなむくみや腰痛といった悩みを予防・改善する効果も期待できるでしょう。

妊娠初期はポーズよりも呼吸法を重視しましょう


妊娠初期とは妊娠4~15週(2~3か月)のことを指し、赤ちゃんの重要な器官がつくられる時期です。体調の変化が見られる点からも無理のない生活を送ることが大切でしょう。

妊娠初期の身体の変化

女性ホルモンの分泌に変化が現れ、妊娠を継続するために身体は大きく変化します。そのため、つわり・いらいら・だるさ・眠気・不安感などが現れることがあるのです。

この時期は昔から「針仕事をしないように」と言われており、なぜなら目を使うことをしていると背骨に伝わるため、子宮に影響が出る可能性があるからと言われています。

無理してポーズを行わない

ママと赤ちゃんにとって大切な時期である妊娠初期に、無理してヨガのポーズを行うよりも、呼吸法を重視して取り組むことでリラックスする方がおすすめです。

ヨガの呼吸法は腹式呼吸がメインのため、酸素を十分体内に取り込み、気持ちを落ち着かせて妊娠初期の症状を和らげることが期待できます。また、体調が悪い時にヨガを行うことも避け、休養を取ることを優先しましょう。

妊娠周期に合わせて、医師と相談しながら運動を取り入れましょう

妊娠中に運動をすることのメリットは、体力と筋力をつけて出産をいくらか楽にさせられることです。ただし妊婦さんが運動しようとするなら、不安定な初期ではなく安定期に入ってからが理想的とされています。

安定期に入ればチャレンジできるポーズも増えるため、ヨガの効果をより期待できます。妊娠周期と妊婦さんの体質・個性に合ったポーズや方法を、医師やインストラクターと相談して決めましょう。

中には骨盤底筋を鍛えることで、産後の尿漏れなどを防ぐエクササイズもあります。

妊娠初期には自律神経を整える「月と太陽の呼吸法」がおすすめ

妊娠初期にヨガを行う場合、今まで行ってきた内容であっても産婦人科で担当医の許可を得てからにしましょう。

マタニティヨガが産院や助産院などで行われていることもありますが、対象は安定期に入った頃が多いので、妊娠初期に行う場合は事前に医師と相談しておく必要があります。

月と太陽の呼吸のやり方

1.あぐらの状態で座り、左手を左ひざの上に置いてから、右手の人差し指と中指を立てた状態で手を握り、指を眉間へ当てましょう。

2.親指で右の鼻を閉じた状態で、左の鼻から息を吸います。

3.親指を離し左の鼻を薬指で閉じた状態にして、右から息を吐きます。

4.左で吸って右で吐く流れを1サイクルとして、数回行いましょう。

ヨガの呼吸法は集中力を高め、酸素を身体のすみずみまで送ることで、頭をすっきりさせ心身に安らぎを与える効果があります。

身体的な変化やお腹の赤ちゃんへの心配、産後の生活やママになることへの不安など、どうしてもナイーブになりがちな妊娠中ですが、ポーズを取らずにヨガの呼吸法だけでも妊娠中の不安定な気持ちを落ち着かせ、リラックスさせる効果があるので上手に取り入れてみましょう。

子宮を圧迫するポーズを避ける

妊娠初期は母体にも赤ちゃんにも大切な時期であるため、子宮を圧迫するポーズは避けましょう。そのポーズとは、猫のポーズ・背中のアーチ・骨盤のツイストがあります。

しかし妊娠20週以降になれば勧められるようになるポーズでもあるため、取り組む時期には注意が必要です。

スタジオではプライベートレッスンを選んだ方が安心です

妊娠初期に医師からの許可があってヨガを行う場合は、専用スタジオを利用しましょう。

そこではグループレッスンとプライベートレッスンに分かれていますが、母体のことを気遣うのであればプライベートレッスンの方を選んだ方が安心です。もしマタニティクラスがあれば、妊娠初期でも可能か問い合わせた上で入会の申し込みをしましょう。

プライベートレッスンを選ぶ理由

グループレッスンで妊娠中ではない人と一緒にヨガを行っていると、インストラクターが妊娠中の人だけを注意して見ることは難しくなってしまいます。

それに妊娠中には避けた方が良いポーズを行ってしまう可能性もあるため、プライベートレッスンを選択して妊娠中の自分の身体に合った無理のないレッスンを受けましょう。

事前の問い合わせがおすすめ

妊娠中にヨガを行いたいと思った時は、希望するスタジオへ直接出かける前に電話などで問い合わせをしておきましょう。

クラスやインストラクターによっては妊婦でも参加OKの場合もありますが、中には妊娠中や妊娠初期のレッスンは対応していないところもあるため、先に尋ねておいた方がスムーズです。

自宅で行う場合には、妊娠期の注意点ややり方をしっかり学んだ上で、自分のペースで無理せず行いましょう。

(まとめ)妊娠初期にヨガをしてもいいの?

妊娠初期にヨガをする場合、医師の許可があれば可能です

妊妊娠初期は安静に過ごすことが大切ですが、マタニティヨガのような穏やかで緩やかな運動であれば、出産に必要な体力・筋力を養うというメリットがあります。素人の独断で行わず、医師と相談したりプロにアドバイスを貰ったりすることが重要です。

妊婦さんの身体はとてもデリケートですから、個人差や体質、妊娠周期に合った適切なヨガを行わないと、期待するような効果が得られません。妊娠初期のヨガが成功すれば、妊娠中・出産時の悩みやトラブルを予防・緩和する効果が期待できるでしょう。

初心者の方は、インストラクターから直接正しいポーズや呼吸法を学ぶことがおすすめです。zen placeは少人数制のグループレッスンで、インストラクターが細かく指導するので初めてでも安心。

入会前の体験レッスンで、スタジオやクラスの雰囲気を体感し、受講の際の不安も解消できます。多彩なクラスとメニューだから飽きずに続けられる、継続しやすいzen placeでヨガの効果を実感してみてください。

著者情報

hawaiiwater

ヨガプラス
Webマガジン編集部

ヨガに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る