ヨガをする上でのデメリットは?


ヨガをする時にムリをしてしまうとデメリットが生じる可能性があります


身体が硬い場合ムリにポーズを取ろうとしてケガをすることがあり、それはヨガのデメリットにあたるでしょう。

精神的なことでは続けているうちに全能感を覚えることがあり、無意味な自信を持ってしまうかもしれないことがデメリットにあたります。

しかし正しい負荷で行い、気持ちは移り変わるものと知って行えばヨガのデメリットはほとんどありません。

そのためにはヨガ専用スタジオで学ぶことがおすすめで、自分に合う施設を見つけるには体験レッスンを利用しましょう。

ムリにポーズを取ろうとするとデメリットが生じるかもしれません

精神面と肉体面のどちらも鍛えるヨガですが、その方法はアーサナを行うというものです。

しかし体がやわらかい人にとってはあらゆるポーズを取ることは難しくないと感じますが、硬い人からすればヨガは難しいと感じてしまうかもしれません。

そしてポーズが難しいと感じる人ほど、正しいやり方でムリなく行うことが必要です。

ムリしてポーズを取らない

これまでの生活により体に硬い部分があることは多く、ヨガを続けることによって身体のバランスを整えて本来の動かしやすい状態へと導きます。

そのため、早くポーズが取りたいからとムリして硬い部分を伸ばすことは避けましょう。
間違った方法で取り組むことによりケガをしてしまい、ヨガをして健全な心身を目指すどころか逆の結果になりかねません。

また、硬い部分を少しずつ伸ばそうとせず、その周りの筋肉をほぐして柔らかくなった気になってしまうことにも注意が必要です。

気持ちは移り変わることを知る

身体面だけでなく精神面でも気をつけることがあり、3ヶ月ほど続けているうちに全能感を体験することがあるでしょう。

そうなればデメリットとしてあげられる無意味な自信を持ってしまいがちですが、後になってその逆で落ち込むことが起きやすくなるでしょう。

そのためいつまでも全能感が続くわけではなく、気持ちは変化していくものと知ってヨガを続けましょう。

ヨガそのものにデメリットはほとんどないでしょう


自分に合った程度の負荷で正しく行えば、ヨガそのものにデメリットはまずないと言えるでしょう。

デメリットを避けてメリットを得るためにもヨガを始める時は、正しい方法を学ぶ必要があります。

そのためにおすすめの方法はスタジオのレッスンに参加し、インストラクターの指導を受けることです。

正しいヨガレッスンのメリット

ヨガはあらゆる施設でレッスンが開かれていますが、中でもヨガ専用スタジオで行われているレッスンへ参加することがおすすめします。

なぜなら研修をきちんと受けてそれぞれに合った指導を行う、質の高いインストラクターが在籍していることが期待できるからです。

そして客観的にポーズを見て間違っているところがあれば指摘してもらえるために、正しいやり方ができ、その結果ヨガの目的である歪みの整った正しい状態の身体が目指せます。

また、続けていて身体の変化があまり感じられない時はやり方が間違っている可能性もあるため、他のスタジオを探すことも考えてみましょう。

気になるスタジオに出会ったら体験レッスンを利用しましょう

公式サイトや口コミだけでは自分に合ったスタジオかどうかを判断することは難しいでしょう。

そのため、ヨガ専用スタジオの中から気になる施設を見つけた時は体験や見学をしてみることをおすすめします。

たとえば体験レッスンとして通常のクラスに参加できるようなスタジオは、今後自分が入会した後の雰囲気をイメージしやすいはずです。

体験レッスンの回数が決められているところもありますが、1回経験するだけでも様子がわかりやすく、インストラクターやクラスの雰囲気が自分に合うかが判断しやすいので出かけてみましょう。

もし体験レッスンを希望する時は、直接出かける前に問い合わせをしておくことが必要です。公式サイトなどで申し込み方法が紹介されていることが多いので、チェックして指定の方法で連絡を取りましょう。

費用や必要な持ち物、当日の流れなどの他気になることも尋ねておくようにします。

(まとめ)ヨガをする上でのデメリットは?

1.ヨガをする時にムリをしてしまうとデメリットが生じる可能性があります

ムリな負荷でアーサナを行うとケガをしやすく、気持ちの移り変わりを知らないでいると無意味な自信を持つことがあるといったことがデメリットでしょう。

しかし正しい方法で行えばこれらの心配も少ないため、専用スタジオで学ぶことをおすすめします。

2.ムリにポーズを取ろうとするとデメリットが生じるかもしれません

身体が硬い人はヨガのポーズを難しいと感じるかもしれませんが、ムリして行ったためにケガをすることがあるので注意しましょう。

精神面でも全能感を抱くことがありますが、その気持ちはいつまでも続かず移り変わることも知っておくことです。

3.ヨガそのものにデメリットはほとんどないでしょう

自分に合ったやり方でヨガを行えばまずデメリットはないでしょう。

デメリットを避けるためには正しい方法でヨガを学ぶ必要があり、そしてヨガ専用スタジオの利用がおすすめです。

4.気になるスタジオに出会ったら体験レッスンを利用しましょう

ヨガ専用スタジオの中で自分が参加してみたい施設を見つけたのなら、体験レッスンへ参加してみましょう。

1回でも実際のレッスンを試しておくと通うイメージをしやすくなります。
事前に問い合わせをして申し込み、わからないことを聞いておきましょう。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る