おうちヨガの始め方とは?

おうちヨガの始め方は、マット・ヨガウェア・教材などをそろえるだけです


おうちヨガを始めるのには、教材やヨガマットが必要になります。
ヨガを行う時には動きやすい服装がよいので、ヨガウェアを用意してもよいです。

ヨガでは呼吸法や瞑想・アーサナ(ポーズ)の調和を図ることで、筋肉がバランス良く鍛えられると言われています。

教材のDVDやネットの動画などを参考にすれば、誰でもできます。
もし自分1人ではヨガを覚えるのが難しく続けられないと感じたら、ヨガスタジオに通ってみてもよいでしょう。

正しい方法で行えるように適切な教材を選びましょう

初心者の方がおうちヨガを始める場合、わかりやすく工夫されたものを選ぶとよいです。

ヨガの呼吸法は体のさまざまな組織を意識して使うため、独学で学ぶのが難しいと言われています。

そのためおうちヨガのように独学で呼吸法を習得する場合、手順や注意点など細かく説明されている教材がおすすめです。

またネット上にもヨガのやり方を説明した動画があるので、こちらを参考にしてみてもよいでしょう。

骨格や筋肉などを正しく使うことが求められるアーサナも、映像を見ながら学んだ方が実践しやすいです。

できれば、体のどの部位を意識してポーズを取るべきかなど丁寧に解説されているものを選ぶとよりわかりやすいでしょう。

ただ自宅でヨガを行う場合、難しいポーズや動きの仕方がわからない、続かないという方もいるかもしれません。

より深くヨガを学びたいと考えるのならヨガスタジオで、インストラクターの指導を受けてみてもよいです。

そこで学んだことをおうちヨガで実践すれば、よりヨガに対する理解が深まるでしょう。

自分に適したヨガを選びましょう


ヨガは心身の健康を増進するのに有効だと言われています。
しかし一口に心身の健康増進と言っても、それぞれになんらかの目的があってヨガを始めるでしょう。

ヨガには流派や種類があり、運動量が多いものから精神性が強いものなどさまざまです。おうちヨガを始める際は、目的に適した方法から取り入れた方が迷うことなく始めやすいでしょう。

たとえばヨガでストレスの軽減やリラックス効果を得たいと考えた場合、ヨガの呼吸法で自律神経を整えながら姿勢を正すアーサナを行うのがおすすめです。

深くゆったりとした呼吸が副交換神経を優位にし、自律神経の乱れを整えると言われています。

またアーサナで姿勢を改善することには筋肉の緊張を和らげ、精神的なストレスを緩和する効果も期待できるのです。

基本的におうちヨガでは目的に応じて、自分自身でアーサナから呼吸法・瞑想を組み立てる必要があります。

初心者向けの簡単なものからスタートし、経験を積み重ねながら徐々にステップアップしていくとよいでしょう。

ヨガを行いやすい環境を整えましょう

おうちヨガであっても環境を整えることは大切です。
楽しくヨガが始められるように、好みのヨガマットやヨガウェアを準備することから始めてみてはいかがでしょうか。

ヨガマットは自宅で行うことを考えて一般的な6mmの厚みのものを選ぶとよいでしょう。
長さは自分の身長より少し長めのもの目安にしてみてください。

まれにヨガマットなしでヨガを行う方がいらっしゃいますが、ヨガマットを使うことにはしっかりとした理由があります。

というのもヨガマットにはヨガを安全で快適に行えるようにするだけでなく、ヨガの効果を高めると考えられています。

ヨガウェアについては、アーサナや瞑想の妨げにならないように体にフィットするものを身につけることが望ましいです。

吸汗性や収縮性などの機能性の高さなどを重視したものがおすすめです。

新たに購入する際は、デザインだけでなく上記のようなことにも気をつけながら選ぶとよいでしょう。

ヨガの効果を実感したいなら、まずは継続して続けていくことが大切です。

お気に入りのヨガマットやヨガウェアをそろえ、気分をあげて楽しみながらおうちヨガを続けていきましょう。

(まとめ)おうちヨガの始め方とは?

1.おうちヨガの始め方はマットやヨガウェア・教材などをそろえるだけです

おうちヨガは、ヨガマット・ヨガウェア・教材があれば始められます。
教材はDVDでも、ネットの動画でも構いません。

ヨガを1人行うのが困難だと感じた方は、ヨガスタジオで指導を受けてみることをおすすめします。

2.正しい方法で行えるように適切な教材を選びましょう

自宅でヨガを一から学ぶ場合、ヨガの呼吸法やアーサナの取り方など、ヨガが正しく習得できているかの判断が難しいという問題があります。

正しい方法でヨガを実践したいのなら、ヨガスタジオでインストラクターの指導を受けてみてもよいでしょう。

3.自分に適したヨガを選びましょう

ヨガにはさまざまな流派や種類があるため、おうちヨガを始める際に何から始めたらいいか迷う可能性があります。

ヨガに求める効果を明確にしておくことで、自分に適した呼吸法やアーサナ・瞑想を組み立てやすくなるでしょう。

4.ヨガを行いやすい環境を整えましょう

ヨガマットは身長よりやや長く、厚みは6mmを目安に選ぶとよいです。
ヨガウェアなら、デザインだけでなく吸汗性や収縮性などの機能も重視して選びましょう。

継続していくことで、ヨガの効果は実感しやすくなります。

著者情報

hawaiiwater

ヨガプラス
Webマガジン編集部

ヨガに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る