ダイエットに効果的なヨガの種類とは?

ダイエットに効果的なヨガの種類はホットヨガだと言われています


ヨガの中でも、ダイエットによいとされるのが高温多湿な環境下で行うホットヨガです。体が早く温まり、発汗量が多く代謝が上がって脂肪燃焼が促されやすいと言われています。

ヨガには他にも、基本となるハタヨガを始め、激しい動きが特徴のアシュタンガヨガや、運動量が多く歴史が浅いパワーヨガなどさまざまな種類があります。ポーズの中でも、立ち木のポーズやねじりのポーズなどはとくにダイエットに効果的だと言われています。

ヨガは独学よりも、レッスンに通ったほうが上達は早いとされているのでおすすめです。

ホットヨガは高温多湿な環境で行うヨガです

ヨガは深い呼吸を繰り返しながら、全身を動かすポーズを取ります。ホットヨガは、室温が約38℃前後、湿度が約65%前後の環境の中で行う点が通常のヨガとは異なります。

ホットヨガとは

高温多湿の中で行うと、体が早く温まり、汗をかきやすいとされています。また呼吸も楽にできて、ポーズを取っていても苦しくない温度、湿度に設定されています。

温度だけが高いと暑いですが、汗をかいてもすぐに乾いて肌がかさついてしまいます。逆に湿度が高すぎると蒸し暑い状態が続き、汗がなかなか引かずに肌がべたついて不快感が続いてしまいます。

ちょうどよい温度、湿度に保つことで汗をかいても乾かず、肌がしっとりしてべたつかないというベストな環境を作りだすことができるのです。

ホットヨガがもたらす効果

高温多湿の中で、ヨガを行うことで新陳代謝が高まり、熱が発生して、大量に発汗します。その結果として体内の脂肪燃焼が促されて、ストックされていた脂肪を消費するのでダイエット効果が期待できると言われています。

また汗とともに体内に蓄積されて老廃物や毒素、余分な水分や塩分なども排出されるのでデトックスにもよいとされています。さまざまなポーズをとる中で、体の深層部のインナーマッスルが鍛えられます。

単に脂肪が燃焼するだけではなく、筋肉が強化されることで体が引き締まるためダイエットとともにスタイルアップも目指せると考えられています。そして固くなった筋肉や関節などもほぐされ、柔軟性も備わると言われています。

ヨガには色々な種類があってそれぞれ意味が異なります


ダイエットなどの体の引き締めによいとされるのがホットヨガですが、ヨガには他にも色々な種類があって、それぞれの意味も異なるので見ていきましょう。

ハタヨガ

ハタヨガのハタは、「ハ」が太陽で「タ」は月を意味します。太陽と月、つまり陽と陰が合わさった身体のパワーを最大限発揮させる、力強いヨガだと言われています。

メジャーとなっているヨガの基本でもあり、呼吸法で酸素を取り入れながら、全身をアクティブに動かしポーズを取っていくものです。

アシュタンガヨガ

アシュタンガヨガは、南インドのマイソールシティーで誕生したヨガです。ハタヨガよりも運動量が多く、逆立ちなど動きが激しいのが特徴です。

初心者というよりはヨガに慣れた中級から上級者向けのヨガだと言われています。筋力や代謝アップ、自律神経バランスの調整などに効果的だとされています。

ヨガの基礎をしっかり身につけた上でトライしたほうがよいでしょう。

パワーヨガ

パワーヨガはアメリカ発祥で、比較的新しいタイプのヨガです。色々なヨガの要素が盛り込まれているのが特徴で、現代人の体型や生活習慣に合わせて作られており、1990年代頃から人気が高まっています。

運動量がかなり多いので、代謝アップに効果的で肉体の強化や身体の引き締めなどの目的で用いられています。

アイアンガーヨガ

アイアンガーヨガは、解剖学的な観点から体の方向やバランスを注意深く見ながら、ポーズを一つずつゆっくりと丁寧に行うのが特徴です。心を落ち着け、体の柔軟性やスタミナを養い、体の歪みを整えることが重要だと考えられています。

全身のバランスを整え、疲労が残りにくい体作りをする上でとても有効的なヨガだと言われています。代表的なポーズには、四つん這いの状態から膝とお腹を上げて、体で「く」の字を作るダウンドックのポーズがあります。

他にも、途切れることなくポーズを取り続けるので運動量が多いヴィンヤサヨガなどがあります。

今までにない最新ヨガ インナーマッスルを使える状態に コアコントロールヨガ

ダイエットに効果的なヨガのポーズがあります

初心者でも手軽にできるダイエットに効果的なヨガのポーズがあるので見ていきましょう。

立ち木のポーズ

1.床に立ち、背筋を伸ばして前を向きます。

2.右足の体重を乗せて、左膝を軽く曲げて右足首のあたりにかかとをよせ、足の裏を付けます。

3.そのまま左足を右足に添わせながら足の付け根まで上げていきます。

4.両手は胸の前の手の平同士を合わせて合掌のポーズを取ります。

5.両手をそのまま上に真っすぐ上げます。そのまま10秒キープします。自分が木になったようなイメージで、足は大地に根付く根っこ、両手は空に向かって伸びる枝葉のような感じです。

6.右足と両手を戻して、足を替えて同様に行います。

バランスを取るのが難しいですが、なるべくおへそ辺りにぐっと力をいれて体を支えましょう。立ち木のポーズは太ももや足の引き締め、腹筋の強化、姿勢やむくみの改善によいとされています。

三角のポーズ

1.足を肩幅より広く横に開きます。左足のつま先と膝を左方向に向けます。

2.右足のつま先もやや斜め、大体45度左方向へ向けます。

3.肘を伸ばした状態で両腕を肩の高さまで横に伸ばします。

4.左の方へ両腕が引っ張られるように体重移動させます。

5.そのまま上体を左方向に倒し、左手を左足のつま先につけ、右手は天井へと真っすぐ伸ばします。目線は右手の指先をみましょう。そのままの状態で10秒キープしたら、上体を起こします。

今度は右側も同様にやってみましょう。

上体を横に倒す際に前に倒れやすいの、しっかり胸を開くのがポイントです。三角のポーズは、お腹やお尻、足の引き締め、便秘の緩和などによいとされています。

ねじりのポーズ

1.床の膝を伸ばした状態で座ります。

2.左膝を曲げて、右足を跨いで外側にくるように置きます。左足は右腕で抱えるようにして体の方へ引き寄せます。

3.右膝も左後ろ方向へ曲げます。

4.首を後ろへ向けて視線を後方へ向けながらお腹を左方向へとねじります。

5.そのまま10秒程キープしたら上体を戻して、足を替えて同様に行います。お腹をねじる際に背骨が曲がりやすいので、お腹にぐっと力を入れて背骨が伸びた状態を意識して行います。

ねじりのポーズは、お腹や背中、お尻やウエストの引き締めなどに効果的だとされています。また副交感神経が優位になりやすく、心身へのリラックス効果も期待できます。

ヨガはインストラクターの指導を受けると上達しやすいと考えられています


ヨガはダイエット効果などさまざまな効果が期待できます。興味があって、やってみたいという人もいるでしょう。

独学だとポーズが正しくできているかわかりにくい

ヨガの教本やDVDなどもたくさん出回っているので、自分でもやろうと思えばできなくはありません。初心者向けならポーズも簡単なものが多いので、運動不足気味、運動が苦手な人でも手軽に始められます。

ただ自分でDVDなどを見ながらヨガを始めると、同じようにポーズをとっているつもりでも、実は違っているということもあります。そうなるとヨガのポーズによってもたらされる効果が十分発揮されず、思うような効果が得られない可能性もあります。

また体が硬いのに、ムリに同じようなポーズをとらなければと体を動かすことで筋や関節を痛めるリスクもあります。

レッスンを受けると効率よくヨガが見につく

とくにヨガ初心者なら、ヨガレッスンを受けたほうが上達も早いと言われています。ヨガレッスンは、レベルごとにクラス分けがしてあるので、自分のレベルに合ったレッスンが受けられます。

初級レベルなら難易度の高いポーズを行うこともないので、安心してヨガが楽しめます。ポーズが正しく取れているかインストラクターにチェック、指導して貰えるので効率よく正しいヨガが習得できます。

その上、ポーズのキープ時間や力の入れ具合、さらに自分でヨガを行うと、知らず知らずのうちに好きなポーズやポーズの流れなどがわかりにくいものです。レッスンなら、インストラクターの指示で動くので、自分で考えなくてもよい気楽さがあります。

独学だとやりやすいポーズを繰り返す傾向にあると言われています。その点レッスンなら前屈や後屈、ねじりなどさまざまな動きを取り入れた複数のポーズをバランスよくレッスンに取り入れているので、全身を満遍なく動かすことが可能だとされています。

他にも、自宅で一人でやろうとすると面倒になってすぐにやめてしまう人もいますが、レッスンに通うことで費用もかかっており、同じレッスンを受ける仲間がいることが励みになって続けやすいとも言われています。

(まとめ)ダイエットに効果的なヨガの種類とは?

1.ダイエットに効果的なヨガの種類はホットヨガだと言われています

ハタヨガなどの数あるヨガの種類の中でダイエットに効果的なのは、高温多湿下で行うホットヨガだと言われています。立ち木のポーズなどがおすすめです。

ヨガのレッスンを受けることで、身に付きやすいと考えられています。

2.ホットヨガは高温多湿な環境で行うヨガです

ホットヨガは、通常よりも高温多湿な環境下で呼吸法を繰り返しながらポーズを取っていくヨガです。一般的なヨガよりも代謝が上がりやすく、体が温まり脂肪燃焼が促されてダイエット効果が得やすいと言われています。

3.ヨガには色々な種類があってそれぞれ意味が異なります

ヨガには基本となるハタヨガを始め、運動量が多く動きが激しいアシュタンガヨガなど色々な種類があります。他にも、体の歪み改善を目的としたアイアンガーヨガ、運動量が多く比較的新しいパワーヨガなども挙げられます。

4.ダイエットに効果的なヨガのポーズがあります

ダイエットに効果的なヨガのポーズには、立ち木のポーズやねじりのポーズなどがあります。初心者でも簡単にムリなくできるポーズなので、やり方を覚えて取り入れてみましょう。

5.ヨガはインストラクターの指導を受けると上達しやすいと考えられています

ヨガは独学でもやれますが、ポーズが正しくできているかわかりにくく、間違ったポーズで体を痛めるリスクもあります。レッスンを受けることで、正しいポーズが身に付きやすく、安全に行える、ヨガ効果が感じられやすいなどの利点があります。

著者情報

hawaiiwater

ヨガプラス
Webマガジン編集部

ヨガに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る