おうちヨガにアロマを取り入れることの効果とは?


おうちヨガにアロマを取り入れるとヨガの効果を高めることができるでしょう


おうちヨガはもちろん、ヨガスタジオにおいても実践されているアロマヨガにはさまざまな効果があるとされています。

アロマにはリラックス効果があるため、ヨガのリラックス効果をさらに高める作用が期待できます。

それだけでなく、アロマの香りが嗅覚から脳に働きかけ、集中力が高まりやすくなるのです。
またアロマオイルの種類によって、さまざまな相乗効果が現れるでしょう。

アロマヨガには高いリラックス効果が期待できます

「アロマヨガ」はアロマを焚きながら行うヨガのことを指します。

アロマヨガはアロマの香りを楽しみながらヨガが行えるだけでなく、アロマの効果とヨガの効果を同時に得られることから、おうちヨガや多くのヨガスタジオで取り入れられているのです。

アロマを焚くことは「アロマテラピー」とも呼ばれており、別名「芳香療法」とも言います。

一般的に、アロマテラピーはハーブなどの植物から抽出されたオイル(精油)を用いて、健康保持や増進・心身の疲労緩和などを目的として行われています。

一方ヨガは呼吸を整えることでリラックス効果が得られる身体技法です。
アロマの香りにより、ヨガにとって重要である呼吸を深めることができ、とくに鼻呼吸を意識しやすくなると考えられています。

そしてアロマオイルのもつ効果が、自律神経やホルモンのバランスが整えると言われています。
これにより、心身ともにリラックスしやすい状態に導かれるでしょう。

実際にアロマを取り入れることで、呼吸が深まったという声が多数上がったという報告もあります。

自宅でもアロマを焚きながらおうちヨガを実践すれば、高いリラックス効果が期待できます。

アロマを焚くとおうちヨガで失われがちな集中力が得やすくなります


自宅で行うおうちヨガは、ヨガスタジオで実践するヨガに比べてモチベーションが低下しやすく、集中力を保つのが難しくなります。

そのため意識して、モチベーションの向上や集中力の強化を行う必要があるでしょう。

ヨガ専用のレッスン着に着替えることで形から入る方法もありますが、アロマを焚くことで内側から意識を変えることも有効と言われています。
アロマの香りは嗅覚を通じて脳に直接刺激を与えます。

アロマオイルの働きにより心身ともにリラックスすることで、おうちヨガで失われがちな集中力を保ちやすくなるでしょう。
集中してヨガの実践を行えば、ヨガ本来の効果も得やすくなります。

アロマテラピーと同時に音楽療法を行うことも推奨されています。
音楽療法は実際に医療現場や福祉施設などで用いられている方法で、さまざまな研究からストレス軽減やリラックス効果があることがわかっています。

アロマテラピーと音楽療法との相乗効果により、副交感神経が優位になり、心拍数が減少・血圧が下がるなどの研究結果も発表されているのです。

ヨガ自体にも集中力を高める効果があるため、勉強が手につかない時、仕事がはかどらない時などに活用できます。

アロマオイルの特性を理解してアロマヨガを実践しましょう

アロマオイルの種類によってヨガの効果に違いがみられたというケースがあります。
実際にアロマオイルは種類によって特徴や得られる効果などに違いがあります。

アロマヨガを実践するにあたり、目的に応じたアロマオイルを選ぶことでさまざまな相乗効果が期待できるでしょう。

精油の中でもラベンダーはリラックス効果が高いとされており、心身の鎮静作用をもつことからストレスを和らげると考えられています。
アロマヨガで大きなリラックス効果を得たい時に用いるとよいです。

万人受けする香りのレモンやオレンジ・ゆず・グレープフルーツなどは、心身ともにリフレッシュしたい時に用いるとよいです。
柑橘系の香りは、気持ちの切り替えや集中力を高めるのに効果が期待できます。

柑橘系の中でも、グレープフルーツの香りには脂肪燃焼作用があるとされています。
これはアメリカの研究などで明らかになっており、香り成分の「ヌートカトン」と「リモネン」によるものだと考えられています。

アロマオイルの特徴や効果を理解したうえで用いれば、ヨガで副次的な効果が得られる可能性があるでしょう。

(まとめ)おうちヨガにアロマを取り入れることの効果とは?

1.おうちヨガにアロマを取り入れるとヨガの効果を高めることができるでしょう

おうちヨガやヨガスタジオで行われるアロマを取り入れたヨガは、アロマオイルの作用でヨガのリラックス効果をさらに高めることができると考えられています。

また集中力を高めるなど、アロマオイルの種類によってさまざまな相乗効果が期待できます。

2.アロマヨガには高いリラックス効果が期待できます

アロマテラピーは心身の疲労緩和などを目的に行われており、自律神経やホルモンのバランスを整える作用があると言われています。

アロマを焚きながら行うアロマヨガは、多くのヨガスタジオで実践されており、高いリラックス効果が得られると考えられています。

3.アロマを焚くとおうちヨガで失われがちな集中力が得やすくなります

おうちヨガはモチベーションや集中力の維持が難しいです。
しかしアロマを焚き脳に刺激を与えることで、意識を変えることが期待できます。

音楽療法と同時に行えばリラックス効果も得られ、ヨガ本来の効果も得やすくなるでしょう。

4.アロマオイルの特性を理解してアロマヨガを実践しましょう

アロマオイルは種類によって特徴や効果に違いがあり、ヨガで副次的な効果を得るのに期待できます。

たとえばラベンダーにはリラックス効果が、柑橘系のアロマにはリフレッシュ効果が、グレープフルーツには脂肪燃焼効果があるとされています。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る