中期にマタニティヨガはおすすめですか?


中期にマタニティヨガはおすすめです


マタニティヨガは妊婦向けに組まれたプログラムを活用するため、妊娠中期の方にもおすすめです。ゆったりとした動きでお腹にも負担が少ないポーズが多く、ヨガをやったことがない方でも取り組むことができます。

ポーズもストレッチが中心で、妊娠中におこりやすい体のケアのためのものが多いです。妊娠中はホルモンバランスが変化して、大きなお腹の影響でも体に不調が出ることがあります。

マタニティヨガは体のケアと、ストレス解消におすすめの運動です。

妊娠中期にマタニティヨガがおすすめです

妊娠中期になるとお腹のふくらみが出てきて、体の重心が変わって腰痛に悩まされる方もいます。このころから少しずつ運動を開始しておくと、腰痛予防もしやすくなるでしょう。

お腹が大きくなってくると動くのがおっくうになり、運動不足になる妊婦さんも少なくありません。家でずっと過ごしていてもストレスが溜まりがちで、余計なことを考えてしまうこともあります。

マタニティヨガはスタジオに出かけて同じ妊婦さんたちと体を動かす方法で、運動不足解消になります。

外に出ることで気分転換にもなり、ヨガのリラックス効果で心のもやもやを解消しやすくなるため、妊娠中の運動としておすすめです。

体を動かすことで妊娠中におこりやすい冷えやむくみ対策にもなります。通常のヨガと同じく自分を見つめ直す機会にもなり、赤ちゃんとの対話を楽しむことができるでしょう。

妊娠中期になれば安定期に入り、医師から運動の許可も出始めます。妊娠の経過に問題がなければ、激しい動きがないマタニティヨガならムリなく体を動かしやすいです。

中期には体型が少しずつ変わりストレスを感じる方もいますが、マタニティヨガで体を動かしていれば、体重の増えすぎを予防できます。

妊娠中期におすすめのポーズがあります


妊娠中期になると、お産に向けての体づくりを少しずつ始めることができます。この時期に重要となってくるのが骨盤底筋群の引き締めです。

骨盤底筋群は普段の生活では意識して鍛えることが難しく、気がつかないうちにゆるんでしまっている方も少なくありません。

膀胱・子宮・直腸など骨盤内にある内臓を支えるインナーマッスルのことで、出産とも関係性が深くなっています。

骨盤底筋群がゆるんでくると、尿漏れや頻尿を感じるようになります。子宮が下垂して下腹だけがポッコリとなっているのも、骨盤のインナーマッスルが衰えている証拠です。

若いから自分には関係がないと思っている方もいると思いますが、骨盤底筋群は意識して鍛えないと20代から衰えが始まっているのです。

デスクワークで長時間座りっぱなしの方や、ハイヒールで指先を使わないで歩く癖が付いている方も注意しなければなりません。

骨盤底筋群をマタニティヨガのポーズで引き締めると、産後の回復に役立ちます。骨盤の位置が正しくなることで、妊娠中におこる腰痛対策にもなるでしょう。

妊娠中はお腹が大きくなって便秘になる方もいますが、骨盤底筋群を鍛えておくと便秘予防にもなります。骨盤底筋群を鍛えるマタニティヨガのポーズは、タダーサナです。

マタニティヨガにムリは禁物です

マタニティヨガは妊婦向けプログラムのため、妊娠中期の女性に負担がかかるポーズは含まれていません。お腹を圧迫するポーズ、腹部をねじるポーズ、強い逆転のポーズなどを省いてプログラムが組まれています。

そのためマタニティヨガスタジオでヨガを受ければ、妊娠中に体に負担がかかる心配をしなくても大丈夫です。しかし妊娠中は普段とは違うため、ちょっとしたことで体調を崩してしまうかもしれません。

マタニティヨガに参加するときは、体調がよいときを中心に取り組んでください。お腹の張りがある場合や、体調がおかしいと感じるときは、ムリせずに休みましょう。

レッスンの前には妊婦さんの体調をチェックしますが、ご自分でも体の様子に目を向けておくと、安心してマタニティヨガを受けることができます。

マタニティヨガは呼吸法でリラックス作用が高くなっているため、できるだけ呼吸に意識するようにしてください。体が硬くてポーズが上手くとれなくても、呼吸法を取り入れるだけでも心を落ち着かせる効果が期待できます。

妊娠中はムリに体を動かして鍛えるというより、ストレス解消やリラックス効果のために活用してみましょう。

(まとめ)中期にマタニティヨガはおすすめですか?

1.中期にマタニティヨガはおすすめです

マタニティヨガは妊婦向けの運動で、お腹に負担が少なく、ストレッチを中心にやります。

ヨガ初心者の方でもやりやすく、妊娠中の体のトラブル解消やストレス発散のためにおすすめです。

2.妊娠中期にマタニティヨガがおすすめです

妊娠中期は医師から運動許可も出て、少しずつ運動ができるようになります。中期からおこりやすい腰痛や、冷え、むくみの予防としても、マタニティヨガはおすすめです。

呼吸法によるリラックス効果や、自分と向き合いながら赤ちゃんとの対話も楽しめます。

3.妊娠中期におすすめのポーズがあります

妊娠中期からは骨盤底筋群を鍛える、タダーサナを取り入れていきます。この部分を鍛えておくと産後の回復が早まり、妊娠中の腰痛や便秘対策になるでしょう。

20代から骨盤底筋群の衰えは始まっているため、幅広い年齢の妊婦さんにおすすめのポーズです。

4.マタニティヨガにムリは禁物です

マタニティヨガは妊婦向けで体に負担がかかるポーズはありません。しかし妊娠中は体調も変化しやすいため、ムリせず続けることが大切です。

ポーズを取って体を鍛える目的よりも、呼吸法によるリラックス効果をメインに考えるのがおすすめです。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る