マタニティヨガのメリットとは?


マタニティヨガのメリットは心と体をサポートできることです


マタニティヨガは妊娠中の女性向けに作られたプログラムで、心や体のケアに役立ちます。妊娠中のトラブル防止や、お産に向けた体力作りとしても役立つものです。

マタニティヨガには多数のメリットがあるため、妊娠中の運動として人気があります。ゆっくりとした動きで初心者でも取り組みやすく、同じ境遇の人が集まるため仲間も作りやすいでしょう。

マタニティヨガは心のサポートができます

妊娠中は普段とは違う体の変化に戸惑い、お産の不安や恐怖で心が落ち着かない方も少なくありません。ホルモンの変化でも心に影響を受けやすくなるため、妊娠中は精神的に不安定になりやすい時期です。

マタニティヨガは呼吸法を取り入れるもののため、妊娠中の不安や恐怖心を鎮めるために役立ちます。ヨガは単なる体のストレッチではなく、深呼吸をすることで自律神経にも働きかけるものなのです。

マタニティヨガはポーズを取るときに呼吸に意識を向けます。呼吸だけを考えればよいため、余計なことを考えなくても済むでしょう。

頭をクリアにしながらポーズを取ることだけに集中していれば、自然とリラックスした気持ちに変わっていきます。

妊娠中に心が落ち着くためにコントロールできるようになると、お産時にも役立ってきます。

お産時は陣痛でパニックになる方も少なくありませんが、ヨガで培ったリラックス法が身に付いていれば、あらゆる場に対処しやすくなります。陣痛がくるときに体が緊張すれば、より筋肉が硬くなって痛みを感じやすくなります。

リラックスすれば産道も柔らかくなるため、お産を楽にするサポートとしてマタニティヨガはおすすめです。

ヨガは骨盤底筋群へのサポートにおすすめです


出産時に必要となってくるのが、骨盤底筋群の強化です。骨盤底筋とはハンモックのように下から内臓を支えている筋肉で、出産時に使われています。

マタニティヨガでは骨盤底筋を鍛えるポーズも多数あります。骨盤底筋は排便をするときや、膣をしめるときにも使われている筋肉です。

普段から腹筋を鍛えているから大丈夫と思われがちですが、骨盤底筋と腹筋の強さは関係がありません。日ごろから意識して使わないと衰えやすい部分で、気がつかないうちに衰えている方も少なくないのです。

とくにお産では骨盤底筋が伸びやすく、産後に尿漏れで悩まされる方もいます。骨盤底筋はお産時に必要なだけでなく、産後の体調を整えるためにも鍛えることが必要です。

マタニティヨガでは直接骨盤底筋を緩めたり使ったりするポーズが多くあります。この筋肉は締めるだけでなく緩める動きもスムーズになる必要があります。

普段から骨盤底筋を使っていない人がマタニティヨガをやると、意識して使えるようになるでしょう。するとお産の際に筋肉に余計な力が入らず、痛みが減りやすくなります。

マタニティヨガからママヨガで継続することもできます

妊娠中にマタニティヨガで効果を実感できたら、産後はママヨガでそのままヨガを続けることができます。マタニティヨガはアーサナというポーズが中心で、深い呼吸と瞑想で心も整えることができるものです。

深い呼吸で自律神経が整ってくると、深い睡眠の対策にもなります。ほかにもリンパの巡りが良くなり、免疫力の強化にも役立つでしょう。

マタニティヨガとは妊婦向けのプログラムのため、妊娠していない人は参加することができません。せっかくマタニティヨガで効果を実感しても、続けられないのであればムダになってしまうと感じる方もいると思います。

産後もママヨガとしてヨガを続けていくことはできるので、長くヨガを楽しむことはできます。ママヨガとは赤ちゃんとママが一緒にヨガを受けるプログラムのことです。

出産を終えると赤ちゃんのお世話でママ自身の体のケアが後回しになってしまいます。赤ちゃんと一緒に参加できるママヨガなら、一緒に実績できるためおすすめです。

ママヨガは赤ちゃんとママとのコミュニケーションを深めながら、産後のママの体をケアするものです。ムリなく続けられるプログラムで、体と心をサポートしていきます。

(まとめ)マタニティヨガのメリットとは?

1.マタニティヨガのメリットは心と体をサポートできることです

マタニティヨガは妊娠中の心や体のケアに役立つものです。妊娠中のトラブル防止から、お産に向けての体力作りにもなります。

初心者でも取り組みやすく、ママ友ができるのもマタニティヨガの魅力です。

2.マタニティヨガは心のサポートができます

マタニティヨガの呼吸法は深い呼吸で、自律神経にも働きかけていきます。

妊娠中にヨガを続けているとリラックスしやすくなり、お産時の緊張をほぐすのにも役立つでしょう。

3.ヨガは骨盤底筋群へのサポートにおすすめです

出産には骨盤底筋の強化が必要で、マタニティヨガで刺激することができます。

骨盤底筋は産後の尿漏れとも関係があるため、妊娠中からマタニティヨガで強化していきましょう。

4.マタニティヨガからママヨガで継続することもできます

妊娠中に利用するマタニティヨガは、自律神経を整えて体調をサポートするのに役立ちます。効果を実感したら、産後もママヨガとしてヨガを続けていきましょう。

ママヨガは、赤ちゃんとのコミュニケーションを深めながら、ママの体の回復を高めていきます。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る