マタニティヨガとは?


マタニティヨガとは妊娠向けのヨガです


マタニティヨガは妊娠中の女性向けに組まれたプログラムを活用します。妊娠中の体のケアから、心まで整えることを目的としています。

呼吸をメインとしているプログラムのため、お腹が大きな妊婦さんでも取り組みやすいでしょう。

呼吸を整えることで妊娠中のリラックスや、お産時の陣痛を乗り越えるためにも活用することができます。

マタニティヨガはアーサナが中心となっています

マタニティヨガではアーサナを中心に取り組んでいくため、お腹が大きな妊婦さんでも実践することができます。アーサナとは瞑想のために緊張をほぐす座り方という意味や、リラックスするためのポーズを示すものです。

妊娠中はホルモンによる影響や体の変化により、ストレスを感じる方は少なくありません。緊張した体の状態は赤ちゃんにとっても良くないため、マタニティヨガを通してリラックスした状態に近づけていきます。

アーサナではゆったりとした呼吸法が重要で、頑張ってやるものではありません。そのためヨガ初心者の方でも取り組みやすいでしょう。

腹式呼吸で酸素をしっかり体に取り込み、母体や赤ちゃんの体にも酸素をいきわたらせることができます。アーサナのポーズには妊娠中におこりやすいトラブル解消によいものもたくさんあります。

妊娠中は大きなお腹で運動不足になりやすく、腰痛や肩こりなどのトラブルを経験する方も少なくありません。

大きなお腹に腸が圧迫されて便秘になりかったり、夜中に足がつったりして悩んでいる方もいるでしょう。

マタニティヨガは呼吸によるリラックスや血行改善により、妊娠中におこるトラブルに対処しやすくなります。

マタニティヨガはスタジオでやるのがおすすめです


マタニティヨガはDVDを利用すれば自宅でもできますが、妊娠中は普段とは異なるため、できるだけ安心して実践できるプログラムがおすすめです。スタジオで提供しているプログラムなら、インストラクターが管理しながらマタニティヨガができます。

スタジオではヨガを始める前に、妊婦さんの体調をチェックします。体重や血圧をチェックしたり、インストラクターや医療資格者が体をチェックしたりするため安心です。

妊婦さんの体に異常がなく赤ちゃん問題が無いとわかってから、マタニティヨガのプログラムに入っていきます。最初はあぐらをかいた姿勢になり、呼吸を整えて体や心をほぐすのが特徴です。

次にアーサナによるさまざまなポーズを取っていきます。妊婦さんの体に負担が少ないポーズばかりで、ストレッチの要素を取り入れたものが多いです。

最後に楽な姿勢になってから瞑想に入ります。呼吸法を取り入れながら心を落ち着かせていくもので、自分を見つめ直したり、赤ちゃんとの一体感を楽しんだりしてみましょう。

スタジオ内でのプログラムは、妊娠の数週に合わせたものも多くなっています。お腹の大きさに合わせてプログラムを変えられるため、セルフケアと比べてバリエーションが豊富なのが魅力です。

マタニティヨガはお産のときにも役立ちます

私たちが毎日生活する中では、体が緊張状態になっているのが普通です。仕事をしたり家事をしたりするときも、交感神経が働いています。

何か作業をするときに交感神経が優位になるのは、集中するため必要なことです。しかし普段の生活で交感神経が優位になりすぎていると、リラックスしようと思ってもできなくなってしまいます。

意識をして体の力を抜こうとしても、本人は力を抜いている気になっているでしょう。普段から交感神経が優位になっている人は、リラックスしているときでも体を弛緩することができなくなっています。

お産のときは体の緊張と弛緩のメリハリが重要です。陣痛がくれば痛みの影響で体は硬くなってしまうのですが、赤ちゃんが産道を通るためには弛緩しなければなりません。

マタニティヨガは呼吸法でリラックスすることを中心としているため、続けるうちに体のどこに力が入っているのか、力をどう抜いていけばいいのかわかっていきます。

マタニティヨガで意識して体の力を抜くことができると、お産も楽になるでしょう。

マタニティヨガは酸素を多く取り込む訓練にもなり、お産時に赤ちゃんに酸素を届けることができるよう意識することができます。

(まとめ)マタニティヨガとは?

1.マタニティヨガとは妊娠向けのヨガです

マタニティヨガは妊婦向けのプログラムです。体や心のケアをしながら、妊娠中のストレス解消や、お産時の陣痛を乗り越えるための体をサポートしていきます。

呼吸をメインにしているため、お腹が大きな妊婦さんでも実践ができるのが特徴です。

2.マタニティヨガはアーサナが中心となっています

マタニティヨガではアーサナを中心にやります。瞑想のために座ったままのポーズも多く、酸素を取り込んでリラックス作用が期待できます。

アーサナは妊娠中のトラブルにも対処しやすいポーズがたくさんあるためおすすめです。

3.マタニティヨガはスタジオでやるのがおすすめです

マタニティヨガはDVDを使えば自宅でもできますが、安心のためにスタジオで提供しているマタニティヨガを選びましょう。

インストラクターや医療資格者の体のチェックや、妊娠期間に合わせたプログラムが選べるのが魅力です。

4.マタニティヨガはお産のときにも役立ちます

普段の生活で私たちは交感神経が優位で体を緊張した状態で、体の力を緩めることができなくなっています。

マタニティヨガは呼吸法で体を弛緩しやすくなり、お産のときにも役立つでしょう。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る