ホットヨガは血行が良くなりますか?

ホットヨガは血行の改善におすすめです


ホットヨガで血行が良くなりやすいのは、室温40度、湿度65%の環境が関係しています。温かい環境では筋肉の柔軟性が高まりやすいため、ポーズを取ることで筋肉が伸びて血流アップ効果が期待できます。

ホットヨガでは呼吸法を組み合わせることで、酸素を体に取り込むのも代謝アップの秘訣です。

代謝アップや血流促進効果が得られやすいのは、環境・ポーズ・呼吸法の3つを組み合わせているためです。

ホットヨガは運動に自信がない方におすすめです

ホットヨガは体が柔らかい人がやるものと思われがちですが、体が硬い人や運動に自信がない方にこそおすすめです。

体の柔軟性が落ちているとそれだけ血行不良になりやすく、運動習慣が少ないことも血流不足の原因になります。

ホットヨガは温かい環境で体を動かすため、体が硬い人でも普段より可動域が上がりやすいと感じるでしょう。

温かい環境では筋肉が温まり、柔軟体操を念入りにしなくても筋肉が伸びやすいメリットがあります。

何度もホットヨガを続けていれば体が柔らかくなっていくため、最初は体の硬さがあっても問題はありません。

むしろそのままの状態で体を動かさないでいると、ますます血行不良を促進させてしまうため、動かすことをおすすめします。

体が冷えたり血行不良になったりする原因は、筋肉不足も関係しています。心臓には全身に血液を送り届けるポンプ機能がありますが、下半身から上に戻すには足の筋肉が必要です。

ホットヨガはインナーマッスルを刺激しながら筋肉を鍛えるため、血行不良やむくみ対策に役立ちます。下半身の筋肉が強化されれば、足のポンプ機能が高まっていくのです。

ホットヨガは体の不調改善におすすめです


毎日デスクワークで座りっぱなしの人や、立ち仕事で同じ姿勢を続けている方は、それだけで血行不良になってしまいます。これらの生活習慣では筋肉を動かす頻度が少なくなるためです。

長時間座り続けていれば、最悪の場合は血栓ができてしまうリスクもあります。本来なら1時間に1回くらいの頻度で体を動かしたほうがいいのですが、忙しく仕事をしていると、ついつい体を動かすのを忘れがちです。

血行不良からくる肩こりや首のこり、腰痛などは同じ姿勢を続けているのが原因となっている場合が多いです。ずっと同じ姿勢を続けて血流が悪くなり、疲労物質が排出されなくなってしまいます。

肩や腰にある筋肉も血液を送り出すポンプ機能を持っています。しかしずっと同じ姿勢を続けているとポンプ機能が働かず、筋肉が硬くなってしまうのです。

ホットヨガを続けていると、何をやっても解消できなかった肩こりが解消した方もいます。それは体を動かして血行が良くなったことや、リラックス効果でストレスが解消されたことも理由のひとつでしょう。

ずっと体が緊張状態にあると、1日の終わりに体をリセットできない場合があります。すると休んでいるときに血流が改善されず、そのまま凝りや疲れがたまってしまうのです。

合わせてやりたい血行不良対策があります

ホットヨガを続ければ筋肉の柔軟性がアップして血行促進効果が期待できます。

しかし血流不足は悪い日常生活の影響からきていることが多いため、合わせてライフスタイルを改善する対策もやっておきましょう。

夏の冷房がキツイ場合や、職場の環境で仕方なく体が冷えやすい場合は、体を温める努力をしてみましょう。

体は一定の体温に保とうとする働きがあるため、冷えを感じると熱を逃がさないように血管が収縮してしまいます。

血管が収縮したままだと血流がアップしないので、意識して体を温めるのがおすすめです。室温を上げることができないなら1枚多く羽織ることや、使い捨てのカイロを使うだけでも体を温めることができます。

1日の終わりには入浴で体をじっくりと温めましょう。面倒だからとシャワーだけで済ませていると、血流が改善される疲労物質が蓄積してしまいます。

不規則な生活習慣も、自律神経が乱れて冷えや血行不良を招きます。日中は交感神経が働いて、夜になれば副交感神経が優位になるのが普通です。

しかし睡眠時間が短いと、交感神経が優位になる時間が増えてしまいます。

血管が拡張するのは副交感神経が優位になったときで、不規則な生活習慣が血行不良の原因のこともあるでしょう。

(まとめ)ホットヨガは血行が良くなりますか?

1.ホットヨガは血行の改善におすすめです

ホットヨガでは高温多湿の環境で筋肉の柔軟性が高くなり、呼吸法を取り入れたポーズで代謝アップや血流促進効果が期待できます。

1つでも欠けると効果が落ちやすく、3つを組み合わせているのがポイントです。

2.ホットヨガは運動に自信がない方におすすめです

体が硬い人や運動に自信がない人こそ、ホットヨガがおすすめです。

温かい環境で体を動かすと筋肉の柔軟性が上がって可動域が高まり、インナーマッスルが強化されて血行不良やむくみ対策になります。

3.ホットヨガは体の不調改善におすすめです

デスクワークや立ちっぱなしの仕事で凝りを感じている方にも、ホットヨガがおすすめです。

長時間同じ姿勢でいると血行不良になって疲労物質が溜まってくるためで、ホットヨガで体を動かしリラックスすると血流アップの効果が期待できます。

4.合わせてやりたい血行不良対策があります

ホットヨガ以外にも、血流アップが期待できる生活習慣に改善していきましょう。

冷えやすい環境にある方は体を温めて、規則正しい生活習慣に変えて自律神経のバランスを整えるのがおすすめです。

著者情報

hawaiiwater

ヨガプラス
Webマガジン編集部

ヨガに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る