ホットヨガと一緒に糖質制限もするべき?


ホットヨガに糖質制限を合わせると体重を落としやすいといえます


ホットヨガは、室温約40℃、湿度約65%の高温多湿の状態に設定された室内で行うヨガです。気温が高いなかで行うヨガなので、激しい運動をしなくてもたくさん汗がでてボディラインの引き締めや代謝の改善が期待できるといわれています。

このホットヨガをしながら糖質制限食をとるようにすると、ダイエット効果が期待できるといわれています。

ホットヨガだけでは痩せない場合もあるといわれています

ホットヨガでは、たくさんの汗をかくことでボディの引き締めやむくみの改善などが期待できます。呼吸法を意識しながら全身を使ったヨガのポーズ(アーサナ)を行うことで、脂肪を燃焼して身体の筋肉も強化されるため、脂肪率の低下も期待できるでしょう。

そして冷え性の改善にも適しているとされ、下がっていた体温が上昇することで基礎代謝もアップして摂取したエネルギーを消費しやすくなります。

さまざまな痩せやすい要素が含まれているホットヨガですが、ホットヨガをするときには食事の取り方に気をつけないと、かえって体重が増える可能性もあります。

ホットヨガのレッスン前1~2時間以内に食事をとると、体が動かしにくくなる、気分が悪くなるなどホットヨガに集中できない場合があります。またホットヨガのあとにも1~2時間は食事や飲酒をしないようにしましょう。

ホットヨガを行ったすぐあとは、吸収率が高くなっている状態です。ホットヨガをしたから痩せるだろうと考えて、脂っこいものなどをたくさん食べてしまうと逆に体重が増える場合もあるといわれています。

糖質制限を取り入れるなど食事にも気を使うと、よりダイエット効果が得られるでしょう。

糖質制限は炭水化物をとらないダイエット法です


糖質制限は、糖質の摂取を控えて他の栄養で補うダイエット方法です。日常生活を送る際に身体に必要な三大栄養素は「糖質」「タンパク質」「脂質」とされています。

このうちの食物繊維以外の糖質と、タンパク質、脂質は血糖値を上げないため、摂取する量を制限せずにたくさん食べても大丈夫です。糖質制限は食事量を減らしたくない人でもやりやすいダイエットといえるでしょう。

糖質を含む食品には、米・麺・パン・芋類・根菜類・果物などがあります。糖質制限には、1日のうち3食全部の糖質を制限する方法や2食糖質を摂取しない方法、夕食だけ糖質を制限する方法などがあり、ムリをしないレベルで行うことができます。

とくに魚介・肉・大豆製品など、タンパク質や脂質が摂取できる食品はしっかりと食べて、パン・ごはん・麺類などはできるだけ食べないようにしましょう。

ホットヨガ後には1~2時間以上経ってから、ささみ肉や大豆製品、野菜などヘルシーな低カロリー食をとるようにするとよいといわれています。

ホットヨガのあとに糖質制限食を取り入れると、高いダイエット効果が期待できるでしょう。

ムリな食事制限は体調を崩す心配もあります

糖質制限をしていても、最低1食約10~20gの糖質は摂取する必要があるとされています。そして1食だけ糖質を抜いた糖質制限食にする場合には、1日の合計糖質摂取量は約110~140gにするとよいでしょう。

糖質制限の食事では血糖値が上がらないため、インスリンが分泌されにくくなります。インスリンが分泌されずに不足しすぎると、糖の代わりに体内の脂肪を分解してエネルギーを作り、そのときにケトン体が作られます。

ケトン体が増加して血液がケトン体により強い酸性に傾いた状態は「ケトアシドーシス」と呼ばれ、酸性により細胞がダメージを受けるようになるとされています。

さらに水分不足による脱水が生じると昏睡状態になるともいわれているので、糖質制限時にはムリをし過ぎないように十分注意しましょう。

ホットヨガを行う前後には食事をとらないようにするべきですが、大量に汗をかきながら身体を動かすホットヨガは、空腹で行うと体力が持ちません。

レッスン前には軽く消化のよいものを食べて、レッスン前やレッスン途中にはこまめに水分をとるようにしましょう。

(まとめ)ホットヨガと一緒に糖質制限もするべき?

1.ホットヨガに糖質制限を合わせると体重を落としやすいといえます

ホットヨガはあらかじめ設定された高温多湿の中で行うヨガです。ホットヨガでは汗が出やすいため、ボディラインが引き締まり代謝が改善するといわれています。

さらに糖質制限食をとっていると、ダイエット効果が期待できるでしょう。

2.ホットヨガだけでは痩せない場合もあるといわれています

ホットヨガではたくさんの汗をかくため、ボディが引き締められるなどさまざまなダイエットによい効果が期待できます。

ただしホットヨガのあとには吸収がよくなっているため、すぐに食事をとらないなど気をつける必要があります。

3.糖質制限は炭水化物をとらないダイエット法です

糖質制限は、糖質を控えた食事をするダイエット方法です。三大栄養素のうち「糖質」を控えるけれど、それ以外の魚介や肉などタンパク質や脂質は制限せず食べられます。

ホットヨガ後の食事に取り入れるとダイエット効果が期待できるでしょう。

4.ムリな食事制限は体調を崩す心配もあります

糖質制限のやり過ぎはケトン体が過剰に作り出される「ケトアシドーシス」になる危険性があるとされています。

糖質制限をする場合には糖質の摂取量をしっかりと計算して、減らしすぎないことも大切です。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る