ホットヨガに通うときに準備するものはありますか?


ホットヨガの準備はウェアとタオル類が必要です


ホットヨガスタジオではヨガマットの無料レンタルがあるため、動きやすい洋服とタオル類だけ準備すれば参加できます。体験コースから試す方は、わざわざヨガ専用の衣類を用意する必要はありません。

家庭で使っている動きやすい衣類を持参してください。タオル類はフェイスタオルとバスタオルがあると、汗を拭いたりシャワーを浴びたりしたときに便利でしょう。

体にフィットする動きやすいウェアがおすすめです

体験レッスンを受ける際に、動きやすい服装といわれても、どんな服装で行くべきか迷ってしまうでしょう。ラフで動きやすいウェアなら何でもよいわけではありません。

ヨガは体を大きく動かすポーズも多数あるため、体にフィットしたウェアを選んでください。ゆとりがある衣類を選んでしまうと、動いたときに洋服が邪魔になることがあります。

トップスはカップ付のキャミソールやタンクトップを選ぶ方もいます。ブラジャーとトップスを分けたい方は、スポーツブラを選ぶようにしましょう。

スポーツブラなら収縮性が高く、ヨガの動きにも対応しやすくなります。ボトムスはレギンスやサルエルパンツなどを選ぶ方が多いです。

レギンスは足にフィットするため、ヨガの際の足さばきが良くなるでしょう。体にフィットするウェアが苦手な方は、ゆとりもあり動きやすさも兼ね備えたサルエルパンツが便利です。

ウェアの素材は綿よりも、速乾性がある化学繊維をおすすめします。ナイロン・レーヨン・ポリエステルなどの素材を選ぶと、汗を含んでも素早く発散してくれるでしょう。

汗じみが気になる方は薄い色よりも、濃い色のウェアがおすすめです。手持ちの洋服から選ぶ場合は、金具や飾りが少ないシンプルなものを選んでください。

ヨガラグの持参もおすすめです


ヨガスタジオでは無料のヨガマットのレンタルサービスはありますが、誰が使ったかわからないマットを使用するのに抵抗があるなら、ヨガラグを用意しておきましょう。ヨガラグとはタオル状のマットのことです。

通常のヨガマットと比べてコンパクトに畳むことができます。ヨガマットを持参するのは大変ですが、ヨガラグならコンパクトになるため、持ち運びしやすいでしょう。

自分専用のヨガラグを持参すると、衛生面に気を遣わずヨガができます。もちろんスタジオ内にあるヨガマットは衛生面に気を付けて管理していますが、それでも気分的に使いたくない方もいるでしょう。

ヨガラグはヨガマットの上に敷いて使えるため、無料レンタルのヨガマットが気になる方でも、使いやすくなります。ヨガマットの上にヨガラグを敷いて使うと、滑りにくいメリットもあります。

タオル素材なら汗を素早く吸い取るため、マットに汗が残りにくいでしょう。ホットヨガは大量の発汗が期待できる運動で、いろいろなポーズをとるときに汗で滑ってしまうことがあります。

ヨガマットの上にヨガラグを敷けば、汗による滑りを防げるでしょう。

水は1Lの用意が必要です

ホットヨガは汗を大量にかくため、水は多めに持っていきましょう。1レッスンで1Lの水分補給が目安になります。

普段の生活であまり水を飲まない方も、ホットヨガで代謝を高めるためにも、1レッスンで1Lの水を飲むようにしてください。体に十分な水分を溜め込んでおかないと、汗が出にくくなってしまうためです。

できればレッスン数日前から、意識して水を飲む量を多くしてください。いきなり水をたくさん飲もうとしても飲むことができない方がいます。

レッスンに持ち込む水は、2Lのように大きなペットボトルより、500mlのものを数本持ち込むのがおすすめです。水はレッスン中にもこまめに飲むことになるため、持ち上げやすい軽いものだと水分補給がしやすいでしょう。

持ち込む水は冷たいものではなく、常温に近いものか少し冷やしたものを用意してください。冷たい水だと体が冷えてしまい、代謝を上げる作用が少なくなってしまう恐れがあります。

ホットヨガでは発汗によりミネラルを消費しやすいため、水はミネラルウォーターを選びましょう。市販されているミネラルウォーターは、軟水や硬水など種類もあります。

飲みやすさを考えながら、好みのものを選んでみてください。お茶を選びたい場合は、麦茶のように利尿作用がないノンカフェインのものを選んでください。

(まとめ)ホットヨガに通うときに準備するものはありますか?

1.ホットヨガの準備はウェアとタオル類が必要です

スタジオでは無料のヨガマットが利用できるため、ウェアとタオル類を準備してください。体験から始める方は、ヨガ専用ウェアでなく動きやすい服装で大丈夫です。

汗を拭くタオルとシャワー用のバスタオルも用意しましょう。

2.体にフィットする動きやすいウェアがおすすめです

ヨガは大きく体を動かすポーズが多いため、体にフィットするウェアがおすすめです。カップ付のキャミソールやレギンスを合わせると、動きやすくなります。

素材は速乾性のある化学繊維のものを選びましょう。

3.ヨガラグの持参もおすすめです

ヨガスタジオでの無料のヨガマットは衛生管理に気を付けていますが、使うのに抵抗がある方は、ヨガラグの持参がおすすめです。

ヨガラグを敷くと汗を吸い取り、滑りにくくする対策にもなります。

4.水は1Lの用意が必要です

1レッスンで必要となる水の目安は、1Lです。500mlのペットボトルを数本持ち込むと、こまめに水分補給しやすいでしょう。

汗をかくとミネラルを失いやすいため、ミネラルウォーターがおすすめです。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る