ホットヨガで息苦しいときの対策は?

ホットヨガをすると室温や湿度などから息苦しいと感じることがあり、つらいときはムリせず休みましょう


高温多湿の室内でヨガをするホットヨガは、息苦しいと感じるときもあります。経験が浅いほど熱中症になる可能性があるため、息苦しいなどの症状を感じたらムリせず中止して休みましょう。

そしてホットヨガのレッスン時は、事前に水分補給をしておいてください。レッスン中も60分なら1リットル程度の水を回数を分けて飲むとよいです。

ウェアは肌が多く出ており吸水速乾タイプの生地のものにし、綿素材は避けましょう。またはじめてホットヨガをするときは、先に体験レッスンを受けて息苦しさがないかチェックしておくこともおすすめです。

ホットヨガの温熱は人によって体調を崩す場合があります

ホットヨガは40℃位の高い室温と湿度の中で行うため、快適な室温と湿度で行うヨガよりは厳しい環境になります。それだけ身体に負担がかかりやすく、体調に気をつけながら進めることが必要です。

長風呂が苦手な方は注意

ホットヨガをしていて息苦しいと感じることのある方は、長風呂がサウナの苦手な場合があります。

そのため日頃から入浴時間が短く、長時間湯船につかることをしない方や、サウナへ入って息苦しいと感じる方は様子を見てホットヨガを続けましょう。

熱中症が起きやすい条件

高温多湿は熱中症になりやすい環境であり、ホットヨガをする室内はその条件にあてはまります。

しかしホットヨガを行うと必ず熱中症になるわけではなく、体質や体調、ホットヨガの経験などによってかかりやすさは違ってきます。

ホットヨガの経験が浅い方はムリせずできる範囲で取り組み、息苦しいと感じたらすぐに中止して休憩しましょう。そしてホットヨガを行う前は睡眠不足を避けてよく休んでおき、水分を十分取ってからレッスンに参加してください。

水分補給と体温を発散しやすい服装で行うと安心です


ホットヨガを行うとき、普通のヨガよりも多くの汗をかくことなどを考慮して、水分補給や着用するウェアを準備しましょう。これらの対策をすることで、ホットヨガによる息苦しさの軽減も期待できます。

水分補給の目安

まずレッスン前にはコップ1杯程度の水を飲んでおき、あまり多く飲むと動きにくくなるため、飲みすぎないようにしてください。

60分のレッスンで1リットルが目安ですが、500mlずつ30分ごと飲むと水分をムリなく吸収できるでしょう。

ホットヨガの経験が浅いうちはこれだけの量を水分補給することが難しい方もいますが、汗の量が増えると飲めるようになっていきます。

それから汗の量が多くなれば適度な塩分補給も必要ですが、普段の食事で取れていれば、ホットヨガのときにあえてプラスしなくてもかまいません。

ウェアで熱を発散する

室温が高く体温も上がりやすいことから汗をたくさんかくので、肌が多く出たデザインのウェアを着て行うと熱を逃がしやすく、息苦しさの緩和にも役立ちます。たとえばスポーツブラ・キャミソール・ショートパンツのようなウェアがおすすめです。

綿素材は吸水性が高いものの速乾ではないためホットヨガでは避けましょう。

入会前に体験レッスンをして息苦しくないか確認しましょう

ホットヨガはポージングや瞑想において、普通のものとの違いはありませんが、取り組む環境は大きく違っています。そのためまずは、環境が身体に合っており息苦しいと感じないかを確認しておきましょう。

体験レッスンの利用

ヨガ専用スタジオでは、実際のレッスンに体験で参加できるメニューが用意された施設もあります。そこで一度ホットヨガがどのようなものかを体験しておくと、続けられそうかどうか判断する参考になるでしょう。

そしてスタジオによって参加する人数や環境なども違うことから、ご自分に合うと思える施設を選ぶと続けやすくなります。

事前に相談しておく

もしサウナが苦手とすでにわかっている場合でホットヨガにチャレンジしてみたいときは、直接施設へ問い合わせたときに確認してみてください。

水分補給の指示はレッスン中にインストラクターが出す場合は多いですが、ウェアは先に聞いておき適したものを持参しましょう。

(まとめ)ホットヨガで息苦しいときの対策は?

1.ホットヨガをすると室温や湿度などから息苦しいと感じることがあり、つらいときはムリせず休みましょう

ホットヨガを行う環境から息苦しいこともありますが、そのときはムリしないで休みましょう。レッスン時は1リットルほど水を飲み、熱を発散しやすいよう露出が多く汗を吸収して乾燥する素材がおすすめです。

はじめてホットヨガをするときは体験から参加しましょう。

2.ホットヨガの温熱は人によって体調を崩す場合があります

高温多湿の室内で行うホットヨガは、体調や経験の浅さにより息苦しいなどの不調を感じることがあります。その場合はムリせずレッスンを中止して休憩しましょう。

ホットヨガのレッスン前にはよく水分補給し、前日は十分休養しておいてください。

3.水分補給と体温を発散しやすい服装で行うと安心です

ホットヨガで息苦しいと感じるときは水分補給の内容やウェアの選び方で軽減を期待できます。水分はレッスン前にコップ1杯飲み、レッスン中に1リットルほど回数を分けて飲むとよいです。

ウェアは肌の多く出ているデザインで吸水速乾の素材のものにしましょう。

4.入会前に体験レッスンをして息苦しくないか確認しましょう

ホットヨガを行ったときに息苦しいと続けづらいため、先に体験レッスンで内容を試しておくと、自分の身体に合うかどうかを確認できます。

もし息苦しさが心配であれば事前予約の際に問い合わせし、アドバイスをもらいムリせず参加しましょう。

著者情報

hawaiiwater

ヨガプラス
Webマガジン編集部

ヨガに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る