ホットヨガの前後に運動した方がいいの?


ホットヨガの目的によっては前後に運動を取り入れるとよいでしょう


ホットヨガは、ランニングやダンスなどのように激しく体を動かすわけではないものの、複雑なポーズをとるため体のあらゆる筋肉を使用します。

普段運動していない人が突然始めると怪我の原因となるため、準備運動はしておいた方がよいでしょう。

またホットヨガの目的によっては、前後に別の運動を取り入れることで、よりホットヨガの効果を高めることにつながります。

ホットヨガの前に筋トレを行うことでダイエット効果が得られやすくなるでしょう

ホットヨガを行う目的は人によってさまざまです。
中には体重の減量のためにホットヨガを取り入れたいと考えている人もいるでしょう。

もし減量のためのダイエットとしてホットヨガを行うのであれば、ホットヨガの前に筋トレなどの無酸素運動を行うのがおすすめです。

効果的な脂肪燃焼のためには、まず体を温めておいて脂肪燃焼しやすい状態に持って行き、それから有酸素運動によって脂肪燃焼するという方法が有効だと言われています。

ヨガは有酸素運動に当たるので、ヨガで効率的に脂肪燃焼できるよう、ホットヨガのスタジオに行く前に自宅で軽く筋トレしておくのがよいでしょう。

こうすると、ホットヨガそのものだけでなく、ヨガのスタジオまで行くために歩いたり階段を上り下りしたりする運動でも脂肪燃焼効果が高まりやすくなります。

ただし筋トレで負荷がかかりすぎると、ヨガの最中に体を痛める原因にもなってしまうので、ほどほどにしておきましょう。
ムリのない範囲で行うことが大切です。

ホットヨガの後に運動することで運動の効果を高められるでしょう


ホットヨガを終えた後、大量の汗をかいて適度な疲労感や爽快感を得ているでしょう。

この後にさらに有酸素運動をすることで、有酸素運動の脂肪燃焼効果を高めることができると言われています。

脂肪燃焼をより効率的に行うには、20分以上の有酸素運動がよいと考えられているのです。

最初にホットヨガを行うことで、すでに20分以上の有酸素運動という条件を満たしています。

そのためその後の運動について、最初から脂肪燃焼効果が十分に高まった状態で開始することができるのです。

またホットヨガはさまざまな筋肉を使う一方で、体力自体はそれほど使わないので、準備運動代わりにもなります。

ただしホットヨガは大量の水分を消費するため、相応の水分補給が必要です。
筋トレからホットヨガに入るにしろ、ホットヨガから有酸素運動に入るにしろ、1時間あたり1リットルの水分補給は欠かさないようにしましょう。

いくら体がほぐれていても、水分不足では結局倒れてしまいます。
ホットヨガで体が温まっている分、後に行う運動についても発汗が多くなりやすいので、ホットヨガを終えても気を抜かないことが大切です。

ホットヨガの前後に運動を取り入れてみましょう

さらに運動効果を高めたいなら、ご紹介した2つのパターンを両方取り入れるという方法もあります。
すなわち筋トレ→ホットヨガ→有酸素運動、という方法です。

まず筋トレで脂肪燃焼作用があると言われる成長ホルモンの分泌を促します。
その後ホットヨガでさらに体を温め、じっくりと脂肪燃焼効果を高めていくのです。

さらに有酸素運動で効果的に脂肪燃焼するという経過をたどることで、筋肉のついた健康的な体を手に入れることができると言われています。

とくに一般的なダイエットだと、有酸素運動はランニングやダンスなど消費カロリーの多いものが好まれがちです。

しかし事前に筋トレやホットヨガを行っていれば十分に脂肪燃焼効果が高まっているため、ウォーキングなど軽い運動でも十分な効果を得られやすくなります。

筋トレとホットヨガと有酸素運動となると、継続してこなすには負荷が大きくなりがちです。

ダイエット目的の場合はそれぞれの配分に気をつけて、怪我やムリのないよう、上手にホットヨガに運動を取り入れていきましょう。

(まとめ)ホットヨガの前後に運動した方がいいの?

1.ホットヨガの目的によっては前後に運動を取り入れるとよいでしょう

ホットヨガは激しく体を動かすものではありませんが、普段使わない筋肉を使用するため準備運動はした方がよいでしょう。

また目的によってはホットヨガの前後に運動することで、ホットヨガの効果を高めることにつながります。

2.ホットヨガの前に筋トレを行うことでダイエット効果が得られやすくなるでしょう

もしダイエット目的でホットヨガを始める場合は、ホットヨガの前に筋トレなどの無酸素運動を行うことで、より効率的に脂肪燃焼することができると言われています。

ただし筋トレが原因で体を痛めることがないようにしましょう。

3.ホットヨガの後に運動することで運動の効果を高められるでしょう

ホットヨガの後に、さらに有酸素運動を取り入れることで、有酸素運動の脂肪燃焼効果を高めることができると言われています。

ただしホットヨガは水分を大量に消費するため、後の有酸素運動の分まで水分補給はこまめに、たっぷりと行いましょう。

4.ホットヨガの前後に運動を取り入れてみましょう

筋トレ→ホットヨガ→有酸素運動、という順番で行うことによって、よりダイエット向きの運動になるでしょう。

筋トレやホットヨガを最初に行うことで、軽い有酸素運動でも脂肪燃焼に高い効果が得られると考えられています。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る