【保存版】ホットヨガにはダイエット効果があるの?

柔軟性が上がり基礎代謝の向上に役立つホットヨガは、ダイエットにも効果があると言われています


ホットヨガとは通常のヨガとは違い、高温多湿な環境をつくってその中で行うヨガのことを言います。

ホットヨガでは体温を上げてたっぷり汗をかくことで、デトックス効果や血流の改善効果、リラックス効果などが期待できます。

ホットヨガを行う上で注意したい点は、レッスン後の食事の摂り方と脱水症状です。低カロリーな食事を心がけ、たっぷり水分を取ることがホットヨガの効果を高めます。

ストレス解消やダイエットなど、現代人の抱えがちな悩みを解消する目的として、ホットヨガはおすすめのエクササイズです。

ホットヨガと通常のヨガとの違いは高温多湿の環境です

ホットヨガと普通のヨガには、やり方や効果などに様々な違いがあります。

ホットヨガとは?

ホットヨガと言われるのは、高温多湿の環境を用意して行うヨガのことです。室温を38℃~40℃、湿度を55%~65%に設定された空間で行います。

ホットヨガで用いられるのは、「ハタヨガ」から派生した瞑想状態に入りやすいポーズです。ハタヨガは「アーサナ」と呼ばれるポーズと、呼吸法を組み合わせたものを言います。

温かい環境で行われるホットヨガは、常温の環境で行われるパワーヨガと同等のカロリー消費が期待できます。筋力トレーニングの要素が強いパワーヨガと同等ということで、消費カロリーや筋肉の疲労度も大きくなるでしょう。

ヨガとホットヨガの違い

通常のヨガとホットヨガには、大きく分けて3つの違いが見られます。

もっとも大きな違いは室温と湿度

ヨガにはなくてホットヨガだけに見られる特徴は、ヨガを行う環境の温度と湿度です。ヨガは常温の過ごしやすい環境で行われます。

そのため、ヨガは夏場は冷房・冬場は暖房がつけられますが、ホットヨガのレッスンでは年中通して高温多湿の環境が保たれているのです。

リラックス法

ヨガで期待できるリラックス効果は、ポージングと共に深く腹式呼吸をすることが由来です。これに対してホットヨガのリラックス効果は、身体を温めることによって得られるものとされています。

温かい環境でポージングをすることで、筋肉を柔らかくほぐして心身共にリラックス状態へ導けるでしょう。

自律神経の働き

人の自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の二つがあり、これらをバランス良く働かせることが健康維持の秘訣です。ストレスを感じるとどちらかの神経だけが活発になるため、自律神経のバランスが崩れて体調まで悪化させてしまいます。

ヨガでは副交感神経が活発になりますが、ホットヨガでは交感神経が活発になります。高温多湿の環境で行うレッスンは身体に負担をかけるため、交感神経を活発化させるのです。

ホットヨガは基礎代謝UPや血行促進などの効果が期待できます


ホットヨガには常温の環境で行うヨガにはない、以下のようなメリットが期待できます。

デトックス効果

ホットヨガを行う高温多湿の環境では、代謝をアップさせて発汗作用を促すという効果が期待できます。汗をたくさん流せば汗と共に体内の老廃物や余計な水分が排出されて、デトックス効果に繋がるでしょう。

また、ホットヨガで汗をかいた後に水分補給を行うことで、身体の血流が促されます。老廃物を流して外に排出しやすくなったり、汗腺の働きを活発にして汗をスムーズにかきやすくなったりといったメリットも期待できます。

冷え性、むくみの改善

身体が冷えやすい人やむくみやすい人は、余分な水分が体内に溜まりやすいという特徴があります。汗で余分な水分の排出を手伝うホットヨガは、冷え性やむくみ体質の改善にも効果的です。

ストレス発散の効果

軽い運動をしてしっかり汗を流すホットヨガでは、達成感やストレス発散によるリフレッシュ効果が期待できます。深い呼吸とポージングにより、リラックス効果にも繋がるでしょう。

ダイエット効果

高温多湿な環境で行うホットヨガには、普段は使う機会に少ないインナーマッスルを鍛えるというメリットがあります。筋肉量が増えれば代謝が上がるため、脂肪を燃焼しやすくなるのです。

体質から少しずつ改善していって、太りにくくしなやかな身体をつくることができます。ホットヨガはダイエットとしてもおすすめです。

ホットヨガのダイエット効果を高めるには運動後の食事は控えましょう

ダイエット目的でホットヨガを行う場合は、カロリーの消費効果を高めるためにも食事の摂り方に注意してください。

ホットヨガ後の食事には注意が必要です

ホットヨガの後すぐに食事をするのは控えて、運動後1~2時間空けてから食べるようにしましょう。ホットヨガの後はたくさん汗をかいてデトックス効果が高まっているため、栄養分やカロリーを通常より取り込みやすくなっています。

レッスン後の食事でおすすめなのは、身体に良くダイエット効果も期待できるたんぱく質やビタミンC、低カロリーの食材です。具体的に言えば鶏のささみや卵の卵白、大豆製品、赤ピーマンが適しています。

手軽に良質なたんぱく質を得られるプロテインもおすすめです。これに対してカロリーの高い物や脂っこい食べ物は、ホットヨガのダイエット効果を打ち消してしまうためおすすめできません。

スナック菓子やジャンクフードは控えて、野菜などを中心としたヘルシーな食事を心がけてください。ホットヨガのカロリー消費量を無駄にしないよう注意が必要です。

ただしホットヨガの後は汗をたっぷりかいて脱水症状を起こしやすいため、食事は摂らなくても水分補給はしっかり行いましょう。冷水ではなく常温の水をたっぷり飲んで、体内の水分循環を良くするのがねらいです。

無酸素運動の筋トレや有酸素運動のウォーキングと組み合わせるのもおすすめ

本当にダイエット効果を得たいのであれば、ただホットヨガを行うだけではなく、筋トレや他の有酸素運動を組み合わせる方法がおすすめです。

ダイエット効果を高めたいのならば、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせる

ダイエットにより効果的なのは、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて身体を動かすことです。

ヨガをストレッチ替わりとして行い、ヨガの後に筋トレなどの無酸素運動、その次にウォーキングなどの有酸素運動の順番で行ってみてください。

筋肉を鍛えると「ノルアドレナリン」というホルモンが分泌されるため、その状態で有酸素運動をすれば脂肪燃焼効果が効率的に発揮されやすくなります。ノルアドレナリンは脂肪の分解酵素を活性化させる働きを持つホルモンです。

ヨガは全身にまんべんなく負荷をかける有酸素運動ですが、その負荷は軽いものです。有酸素運動は種類によって負荷のかかる部位が違いますから、ヨガ以外の有酸素運動で足りない分の身体の負荷を補ってあげましょう。

(まとめ)ホットヨガにはダイエット効果があるの?

柔軟性が上がり基礎代謝の向上に役立つホットヨガは、ダイエットにも効果があると言われています

高温多湿な環境を整えて行うホットヨガには、ただ身体を温めるだけではなく様々なメリットが期待できます。冷え性やむくみなどは現代人に多い悩みですから、ホットヨガを通して改善に繋げるのも良いでしょう。

ホットヨガはストレスや代謝の低下など、現代人が抱えがちなトラブルの多くに働きかけます。ポーズを取って深呼吸をするというシンプルなエクササイズですから、運動の苦手な人でも始めやすいのが魅力です。

ホットヨガに適した高温多湿な環境は、ヨガスタジオで手軽に体験できます。食事の摂り方や水分補給のやり方など注意点もありますから、ホットヨガに興味が沸いたらヨガスタジオの体験レッスンなどを利用するのもおすすめです。

初心者の方は、インストラクターから直接正しいポーズや呼吸法を学ぶことがおすすめです。ヨガプラスは少人数制のグループレッスンで、インストラクターが細かく指導するので初めてでも安心。

入会前の体験レッスンで、スタジオの雰囲気を体感し、受講の際の不安も解消できます。多彩なクラスとメニューだから飽きずに続けられる、継続しやすいヨガプラスでヨガの効果を実感してみてください。

著者情報

hawaiiwater

ヨガプラス
Webマガジン編集部

ヨガに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン


関連記事

ページ上部へ戻る