Can

Can-Yoga Instructer(東京)

Can
Can-Yoga Instructer(東京)

■生い立ち
兵庫県明石市出身、東京都世田谷区下北沢周辺在住。
幼少期に重度のアトピー性皮膚炎による症状と、西洋医学による投薬の副作用で心身ともに疲弊していました。
中学校に上がるときに、薬に頼らず、食事療法、運動療法、湯治などの治療法により症状が改善されました。
12歳の春、治療の際に末期ガンの方やアトピー性皮膚炎をはじめとする重度のアレルギー疾患で社会で働けない方がメインで滞在されているような施設に、約1ヶ月間1人で滞在しました。沢山の人が話してくれる中で、死に直面している方、アレルギー疾患で社会的に生きずらさを感じている方、年代や立場はそれぞれ違いましたが、心身の病気の前では「外」にあるものは何も意味が無いように感じていたように記憶しています。
そのような境遇の中で、健康とは何か、人とは何か、自分とは何か、というような哲学的な考えに興味を持ち始めました。

アレルギーで不調があった時は体力だけでなく、学力も性格も良くなく、色々な事柄に関して否定的に捉えていました。
不調がなくなると、思考が前向きになり、友人が増え行動範囲も広がって、学力も体力も向上しました。
高校3年間は創作ダンス部に所属し、大学生活では地域政策を専攻し、産官学連携の企画立案実施などを行いました。
学園祭の実行委員会に所属したり、世界ひとり旅を企画するなど色々なことにチャレンジするようになりました。
身体が健康になり、心が健康になり、大げさではなく目の前の風景が、世界が変わりました。

■ヨガとの出会い
2013年より本格的にヨガの練習を開始しました。
きっかけはプライベートレッスンで、それまで何となく取り組んでいたヨガのポーズの意味をきちんと理解し、
ヨガがポーズだけでなく、自身と向き合う作業だと気づくきっかけになりました。
包括的にヨガを学ぶためにUnder The Light のTeacher Training200時間(全米ヨガアライアンス200認定)に参加し、指導者への道を歩み始めました。
日々の実践としてはピラティスで基本的な体の使い方を意識・強化しながら、アイアンガースタイルやアシュタンガスタイルのクラスに参加しています。
また、中村尚人氏(理学療法士・ヨガ・ピラティス指導者)、奥野恵子氏(アイアンガー・YW認定講師)、向井田みお氏(瞑想・哲学)など著名な指導者から直接指導を受けています。

Can-Yoga Instructer(東京)

■指導で心がけていること
身体の使い方や呼吸の行い方、意識の向け方などを丁寧にわかりやすくお伝えします。
身体の機能を改善させるヨガやピラティスのクラスは定評があり、
特にプライベートレッスンでは痛みを抱えている方や、
身体が硬い方、体幹が感じにくい方、グループレッスンに不安がある方、老若男女問わず担当させて頂いています。
身体を機能的に使いながら、身体への観察を通して、マインドフルネスに取り組んでもらえるように心がけています。
練習を重ねている方にはチャレンジングなポーズや取り組みを通して、テップアップしてより身体の可能性を広げ、深い集中へと誘導します。

■保有資格
Yoga Works200時間指導者養成講座修了(全米ヨガアライアンスRYT200認定) David Kim氏に師事
Functional Roller Pilates アドバンスコース修了
予防運動アドバイザー STP1 修了
Prenatal Yoga Teacher Training 修了(マタニティヨガ)35時間 Janice Clarfield氏に師事
キッズヨガ 指導者養成講座 修了 80時間 ミナクシ美代子氏に師事 (一般社団法人日本キッズヨガ協会認定)
キッズFunctional Roller Pilates養成講座修了
Jointing 指導者養成講座修了

Can-Yoga Instructer(東京)


体験レッスンお申込みはこちら