ヨガの呼吸法とアサナの関係とは?


ヨガはアサナと呼吸法がなにより大切です


ヨガにとって、呼吸法もアサナもどちらも欠かせないものです。

アサナとはヨガのポーズのことですが、アサナを行う際には、必ず呼吸法を意識します。

呼吸法を意識しなければ、アサナはただのポーズであり、ヨガとしての効果を十分に発揮できないのです。

呼吸法は、気持ちを落ち着け、ストレスを解消して集中する効果があります。

また、アサナは全身の筋肉をほぐし、体の歪みを整える効果があります。

このように、ヨガにとって呼吸法とアサナは切り離せない関係です。

呼吸法もアサナも、それぞれにさまざまな効果がありますが、この二つを組み合わせることで、ヨガの効果が高まります。

心身ともに健康になるためには、呼吸法もアサナもどちらも大切なのです。

アサナとはヨガのポーズのことです

ヨガのアサナとはポーズのことを指します。

アサナは、ヨガの基本中の基本です。

ヨガには、数多くのアサナがあり、その一つ一つに意味と効果があります。

正しい呼吸法をしながらアサナを行う事で、体を柔らかくほぐし、正しいバランスに鍛えることができます。

ヨガのアサナは、続ければ続けるほど、心身に良い影響を及ぼします。

アサナを続けることで、体が鍛えられ、健康になる効果が期待できます。

体が健康になれば、心も健康になるというのがヨガの考え方です。

アサナの実践により、心身ともに健康になるのがヨガの目的の一つです。

アサナにはエクササイズのような激しい動きはないですが、ゆっくりと体を内側と外側から強くしてくれます。

アサナを行う際は、瞑想のように心を落ち着かせることが大切です。

できる限り邪念を払い、心と体の中から湧き上がる声に耳を澄ませましょう。

ヨガに慣れてくると、アサナを行う度に、体のどこが不調か敏感にわかるようになってきます。

ヨガのアサナを行う際は、無理をしない事が大切です


ヨガのアサナの種類は、なんと8400万種類もあると言われています。

そのたくさんのアサナは、「座って行うアサナ」、「立って行うアサナ」「寝た状態で行うアサナ」の3種類に大きく分けられます。

それぞれのアサナに、ヨガの重要なアサナがありますので、まずそうした大切なアサナから取り入れていくのが基本です。

アサナは、普段使わない筋肉を使うので、慣れないうちはなかなか難しいかもしれません。

しかし、アサナを行う時に気を付けないといけないのは、無理にアサナを作らない事です。

体に余計な力が入ってしまうと、筋肉を傷めてしまい、怪我の元になります。

アサナを行う時には、呼吸法を意識し、決して無理な力をかけないようにして下さい。

アサナは、完璧にできなかったとしても気にする事はありません。

お手本通りの美しいアサナができればもちろんいいですが、それはヨガインストラクターでも難しい場合があります。

大切なのは、自分が心地よいと思える状態でアサナを行う事です。

ヨガには呼吸法も欠かせません

アサナと並んでヨガに欠かせないのが呼吸法です。

呼吸法はアサナによっても異なりますが、鼻から息を深く吸って、鼻からゆっくりと息を吐くというのが基本です。

初心者で慣れないうちでも、常に息を吸う時は鼻から吸うというのを意識します。

ヨガには呼吸法が密接にかかわってきます。

アサナをする際、深く呼吸をする事でよりスムーズに体を動かすことができます。

また、深く呼吸をする事で体内の血行やリンパの流れを良くし、新陳代謝を活性化させる効果も期待できます。

ゆったりとした呼吸により、体の中にたまった老廃物を排出する効果もあると言われています。

呼吸法を意識する事で、体だけでなく心にも良い影響が生まれます。

ヨガは瞑想を大切にしますが、深い呼吸は瞑想の効果を高めます。

自分の内面とじっくり向き合う事で、ストレスの解消や、体の不調に敏感になることができます。

アサナで体をしなやかに鍛え、呼吸法で心と体の内側から美しくなるというのが、ヨガの目的でもあります。

(まとめ)ヨガの呼吸法とアサナの関係とは?

1.ヨガはアサナと呼吸法がなにより大切です

ヨガにとって呼吸法とアサナはどちらも欠かせません。

アサナとはヨガのポーズの事です。

呼吸法は気持ちを落ち着け、アサナは筋肉をほぐしてくれます。

アサナと呼吸法と組み合わせる事で最大限にヨガの効果を発揮することができます。

2.アサナとはヨガのポーズのことです

アサナとはヨガのポーズの事で、ヨガの基本となります。

ヨガにはたくさんのアサナがありますが、全てに意味と効果があります。

アサナは体を鍛え健康になる効果が期待できます。

ゆっくりと体を動かすことで、心と体を健康にします。

3.ヨガのアサナを行う際は、無理をしない事が大切です

ヨガのアサナは大きく3つに分けられます。

「座って行うアサナ」、「立って行うアサナ」「寝た状態で行うアサナ」それぞれに違いはありますが、大切なのは無理にアサナを作ろうとしない事です。

無理をすると怪我の元になります。

4.ヨガには呼吸法も欠かせません

ヨガのアサナと並んで重要なのが呼吸法です。

ヨガの呼吸法の基本は、鼻から深く息を吸い、鼻からゆっくりと息を吐きます。

ヨガの深い呼吸法は、血行やリンパの流れを良くし、心にも良い影響を与えます。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る