頭痛を解消するためにヨガが効果的な理由とは?


ヨガの呼吸法とポーズは頭痛の原因を取り除く効果が期待できます


ヨガは独特の呼吸法とポーズによって、心と体をリラックスさせます。

そのため、ストレス由来の頭痛や、緊張性頭痛、偏頭痛といった頭痛の症状に非常に効果が期待できます。

米国では、頭痛の解消にヨガを取り入れている人が多く、実際の調査でも、ヨガを行う事で偏頭痛が解消され、痛みや頻度が減ったという報告も確認されています。

特に、ヨガ独特の呼吸法は深い呼吸を行う事で、ストレスを和らげ、体の緊張をほぐします。

そうする事で、脳にかかる圧力をやわらげ、頭痛の原因を減らすことができるのです。

また、ヨガを続けることにより自律神経のバランスも整うので、自律神経が正常に機能しない事が原因の頭痛も緩和することが期待できます。

ヨガは頭痛の原因となるセロトニンの減少を抑制します

頭痛が起こる原因は様々ですが、頭痛を引き起こす原因には、セロトニンという脳内物質が深くかかわっていると言われています。

セロトニンは、リラックスしたときに出やすい脳内物質で、心地よいと感じた時や、心身の状態が良い時に盛んに分泌されます。

セロトニンは脳内で僅かな量しか生成されず、8割が脳内でリサイクルされて使われます。

セロトニンの量が少なくなると、頭痛を引き起こす原因になります。

セロトニンは、ストレスや緊張などによって減少します。

また、ストレスが高まるとコルチゾールというストレスホルモンが増え、セロトニンのリサイクルを妨げます。

そのため、慢性的なセロトニン不足に陥り、頭痛も悪化するという悪いサイクルに陥ってしまうのです。

このように、セロトニンの分泌は頭痛に深くかかわっています。

ヨガを行う事で心身をリラックスさせ、ホルモンバランスを整える事でセロトニンの分泌を活発にする効果が期待できます。

そのため、ヨガを行うと頭痛の改善に繋がるのです。

ヨガのポーズは脳の働きを活性化させて体の緊張をほぐし、頭痛を和らげます


ヨガの呼吸法は、深い呼吸をする事で、脳に新鮮な酸素を送り込み、脳の働きを活性化させます。

同時に、リラックス効果も非常に高いため、ヨガを行っている時は、心を落ち着けて幸せを感じているのと同様の脳内になり、セロトニンの分泌が高まります。

また、ヨガのポーズは、体の緊張をほぐします。

肩や首、背中などの筋肉が凝り固まっていると、血行が悪くなり、脳に血液が送られなくなります。

これも、頭痛を悪化させる原因です。

ヨガのポーズで普段使わない部分の筋肉を動かしたり、凝り固まっている筋肉をゆっくりとほぐしたりすることで、体全体の血行を良くし、新陳代謝を活性化させます。

ヨガはストレスの原因となるホルモンのコルチゾールを減少させる効果が医学的に証明されており、欧米では積極的に様々な場面でヨガが取り入れられています。

もちろん、頭痛の症状にもヨガは用いられており、頭痛薬に頼るよりも健康的な頭痛の解消法としてヨガが役立っています。

頭痛の改善にはウッタナーサナのポーズを取り入れましょう

頭痛を改善する効果のあるヨガのポーズはいくつもありますが、ウッタナーサナ (立位前屈)と呼ばれるポーズは比較的難易度も低く、簡単に頭痛を改善する効果が期待できます。

ウッタナーサナは単純な前屈に見えますが、頭痛を改善する効果だけでなく、太ももの裏側の筋肉にも刺激を与えてくれるポーズです。

  1. ウッタナーサナを行う際は、足の裏をしっかりと床に着けて立ち、膝を軽く曲げます。
  2. その状態で体を前屈させ、両手で両足を抱き、ゆっくりと膝を伸ばしながら、上半身も伸ばしてください。
  3. 前屈をするときは、ゆっくりと息を吐き、少しずつ前屈を深めるようにして下さい。
  4. 30秒から1分間前屈の姿勢をキープする事で、脳に新鮮な血液が流れ、血流のバランスを正常にして頭痛を改善する効果が期待できます。

体が硬くてなかなか前屈できない人は、無理に膝を伸ばそうとしなくても大丈夫です。

また、壁に手をついて補助を付けても構いません。

上半身に力を入れ過ぎず、リラックスを意識しましょう。

(まとめ)頭痛を解消するためにヨガが効果的な理由とは?

1.ヨガの呼吸法とポーズは頭痛の原因を取り除く効果が期待できます

ヨガの呼吸法とポーズを行う事で、ストレスをやわらげ、体の緊張をほぐします。

それによって、頭痛の原因を減らすことができます。

この効果は、実際の研究でも証明されています。

2.ヨガは頭痛の原因となるセロトニンの減少を抑制します

頭痛の原因にはセロトニンと呼ばれる脳内物質が深くかかわっています。

セロトニンが不足すると脳内が緊張し、頭痛を引き起こすのです。

ヨガを行ってリラックスする事により、脳内のセロトニン分泌量が増加するので、頭痛の原因を解消する効果が期待できます。

3.ヨガのポーズは脳の働きを活性化させて体の緊張をほぐし、頭痛を和らげます

ヨガの呼吸法は脳に新鮮な酸素を送り込み、脳のはたらきを活性化させます。

また、ヨガのポーズで体の緊張をほぐすことで、血行が良くなり、脳にきちんと血液が送られるようになるので頭痛を和らげる効果があると言われています。

4.頭痛の改善にはウッタナーサナのポーズを取り入れましょう

ウッタナーサナ (立位前屈)と呼ばれるヨガのポーズは、初心者にも簡単にできるポーズで、頭痛を解消する効果があります。

その他にも、太ももの裏の筋肉に刺激を与えるこうかもあります。

体が硬い人は、無理に曲げなくても十分効果を発揮します。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る