ヨガのローランジのポーズにはどんな効果がある?


ヨガのローランジは下半身を中心に効果の期待できるポーズです


ローランジのポーズは足を開いて床を踏みしめるポーズで、別名三日月のポーズと呼ばれています。

下半身にしっかり力を入れて床を踏みしめるので、太ももやふくらはぎなど、下半身を中心に効果があると言われています。

また、ローランジのポーズは、両足を開いて踏みしめたら、両手を上に上げて体をそらせるポーズもあるので、腹筋や背筋も同時に鍛えることができます。

ローランジのポーズは、多くのヨガの教室で基本的なポーズとして取り入れられています。

ゆっくりとした呼吸と共に、足から地面にエネルギーを流す意識で行うローランジのポーズは、しっかりと体を引き締めながら、リラックス効果も期待できます。

心と体にとても良い影響を与えてくれる上、ポーズの難易度も低いので、積極的に取り入れていきたい動きです。

ローランジはヨガの中でも大切な基本的なポーズの一つです

ローランジは、ヨガのポーズの中でも基本となるポーズなので、難易度の高い他のポーズに比べると、つい注意を怠りがちなポーズでもあります。

しかし、ローランジのポーズは単純な中に全身に効果が期待できる様々な要素が詰まっています。

自宅でヨガをするときにもぴったりな手軽なポーズですので、ゆっくりと一つ一つの動きを意識して行っていくのがオススメです。

ローランジは主に足腰を中心に鍛えられますが、ポーズからポーズに動きを変える際の通り道としても良く利用されます。

そのため、動きによっては全身に心地よい負荷がかかり、体幹を鍛えることもできます。

ヨガの動きは激しく動くものではないので、ゆっくりと呼吸をして少しずつ体をほぐすように動かすことは、体内のリンパや血液の流れを良くすることにもつながります。

このように、ローランジのポーズだけでも、体に様々な良い影響を与えることができます。

ローランジのポーズは基本のポーズですが、非常に奥深いポーズでもあるのです。

ローランジのポーズは呼吸を意識しながら行いましょう


ローランジは、しっかりと床を踏みしめて筋肉にゆっくりとした負荷がかかるポーズなので、慣れるまでは少々つらかったり、バランスが取れなかったりという事もあります。

ローランジはヨガ以外のエクササイズにも似たような動きが取り入れられているポーズです。

それだけ、ローランジのポーズは体に良い影響を及ぼすと考えられています。

ローランジのポーズをするときに忘れてはいけないのが呼吸です。

ヨガは独特の呼吸法がとても大切ですが、ローランジのポーズに慣れない最初のうちは、ポーズのバランスを取るのに夢中で呼吸を忘れてしまいがちです。

ポーズの流れに沿って呼吸をゆっくりと吸って吐いてを繰り返しながら、5回程度ローランジのポーズを維持するようにします。

体に力が入っていると、呼吸も止まってしまいがちになります。

ポーズを作ることを意識するより、呼吸を意識して動く方が、逆に無理な力が抜けて、スムーズにポーズを作ることができるようになります。

体を痛めないよう、正しいポーズを取るよう注意してください

ローランジのポーズを行う時は、いくつかの注意点があります。

正しい姿勢をわかっていないままポーズをとっていると、逆に関節や腰に負担をかけてしまう場合があるので気をつけましょう。

ローランジのポーズをとる時は、かかとは常に床に付けた状態をキープするのが基本です。

かかとが床から離れてしまいそうなら、前の足を少し前方に移動させ、かかとが床にしっかりつくように、無理のない体勢をとりましょう。

まだ慣れないうちは、体がぐらついてしまう事もありますが、そういう時は下腹部の引き締めを意識して、前の足の裏と、後ろの足の甲で床を押すようにします。

また、ローランジのポーズをするときに特に気を付けたいのが、足先と膝の位置です。

体に対して真っ直ぐ正面に向かうようにして下さい。

この位置を間違えてしまうと、脚や骨盤をかえって歪ませる原因となってしまいます。

そして、上体を反らす時には、首を縮めるように伸ばすのではなく、ゆったりと伸びるように反らすようにします。

首が縮まった状態だと、かえって首を痛めてしまうので気を付けましょう。

(まとめ)ヨガのローランジのポーズにはどんな効果がある?

1.ヨガのローランジは下半身を中心に効果の期待できるポーズです

ローランジのポーズは下半身を中心に鍛えるポーズで、別名三日月のポーズともいいます。

太ももやふくらはぎを中心に全身を鍛える効果の期待できるヨガの基本のポーズです。

2.ローランジはヨガの中でも大切な基本的なポーズの一つです

ローランジのポーズはヨガの中でも基本のポーズですが、ポーズを変える際の通り道にもなるので、正しい動きが必要な奥深いポーズでもあります。

全身をゆっくりとほぐし、体幹を鍛える動きができます。

3.ローランジのポーズは呼吸を意識しながら行いましょう

ローランジのポーズを行う際は、正しいポーズと共に呼吸も意識します。

無理なくゆっくりと5回呼吸を繰り返せる程度にポーズを維持しますが、ある程度体から力が抜けている方が上手くいきます。

4.体を痛めないよう、正しいポーズを取るよう注意してください

ローランジのポーズは基本のポーズですが、正しい姿勢を取らないと逆に体を痛めてしまいます。

特に、足先と膝を真っ直ぐにすることを意識して正面に向かう事はとても大切です。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る