臨月にヨガを行っても効果はある?


ヨガは臨月に行うことで出産に必要な筋肉や呼吸を鍛えられます


マタニティヨガは、妊娠中にヨガを行って、心と体を整える事で、おなかの赤ちゃんと一緒に体調を整えることが目的です。

妊娠初期から臨月まで行う事が可能で、特に出産に必要な筋力を鍛える効果が期待できます。

マタニティヨガは、臨月の大きなお腹でも安定して心地よい動きができるポーズばかりなので、ゆっくりと呼吸を整えながら、リラックスして楽しめます。

ヨガのポーズを取る事で、自然とお産の際の姿勢が身に付く上、体も柔らかくなるため、お産が楽になる方が多いのも特徴です。

また、ヨガ特有の呼吸法はリラックス効果が高く、この呼吸法を身に付ける事で、お産の際にも役立ちます。

マタニティヨガを行う事で、心身ともに健康な状態を維持して出産を迎えられるので、妊婦さんにはおすすめです。

臨月までヨガを行うことで妊娠中の不調や痛みを和らげる効果が期待できます

妊娠中に体を動かすのは、アクティブな胎教とも言われ、おなかの赤ちゃんにもいい影響を及ぼすそうです。

妊娠中はハードな運動はできませんが、ヨガなら臨月になっても無理のないペースで運動を行うことができます。

妊娠中に自分の心と体を見つめ直すことはとても大切です。

臨月になって出産直前までヨガを続けている方も多いです。

妊娠中は、様々な影響が体に起こります。

マイナートラブルと言われる妊娠中に起こるむくみや肩こりなどの体調不良も、ヨガのポーズと呼吸法で体の巡りを良くすることで慧眼する効果が期待できます。

妊娠中はお腹の赤ちゃんの影響で体の重心がずれてきます。

反り腰になってしまい、腰を痛めてしまう方も多いです。

臨月が近付くほどその影響は大きくなりますが、ヨガのポーズを取る事で筋肉を鍛え、体の歪みを整えることができるので、臨月のつらい痛みも和らげる効果に優れています。

もちろん、妊娠中の様々な辛い症状や体に起こる影響のためにヨガを行うのは非常に良い事ですが、出産後に早く体型を戻すための基礎を作るのにも役立ちます。

臨月でもできるマタニティヨガは深い呼吸がポイントです


妊娠中に行うヨガは、負担の無いポーズを取り、しっかり深い呼吸を行う事で、臨月の妊婦さんでも安心して行うことができます。

多くのヨガスタジオでも、妊娠中のヨガには、メディカルチェックを行ってから始めるなど、インストラクターの方が特に注意を払って指導してくれます。

臨月でも安心してできるヨガのポイントは、最初にじっくり体をほぐして、呼吸法によりリラックスした状態を整えることです。

母体がリラックスすると、お腹の赤ちゃんも落ち着かせることができるそうです。

ヨガ特有の深い呼吸法を駆使して、体を気持ちの良い状態に持って行きましょう。

ヨガを通じて、妊婦さん特有のマイナートラブルを改善する効果のあるポーズを行ったり、出産するための筋肉を鍛えたりするポーズを行うのが目的です。

臨月間近のストレスや、臨月で重くなった体のバランスを整えるのにも役立ちます。

ヨガのレッスンの最後には、全身の筋肉を緩め、心と体をリラックスさせるために深い呼吸で瞑想を行います。

信頼できるインストラクターのもとで行うのが安心です

妊娠中に体を動かすことは悪いことではありません。

特にヨガの動きは、深い呼吸と共にゆっくりと体を動かすため、正しい方法でヨガを行えば、体に負担をかけることはほぼありません。

しかし、妊娠初期から臨月にかけていつでもできるとされるヨガですが、自己流のヨガは逆に体に悪影響を及ぼす可能性があります。

妊娠中の体は母子ともにとてもデリケートな状態です。

特に臨月になると、お腹も重く、体も動かしづらい状態になります。

妊婦さんがヨガをするときは、正しいポーズと正しい呼吸法でヨガを行う事が基本です。

少しでもきついと感じるか、お腹のハリを感じたらすぐにストップしましょう。

また、臨月を迎えた妊婦さんには難しいポーズもヨガにはあります。

そのため、できればヨガをするときには、マタニティヨガの教室に通うなど、信頼できるインストラクターの指導の下でヨガをする事をおすすめします。

正しい方法で行えば、臨月になってもヨガを行う事は十分に可能です。

出産直前までヨガをしていたという方もいらっしゃいます。

自分が一番気持ちよくできる方法でヨガを楽しみましょう。

(まとめ)臨月にヨガを行っても効果はある?

1.ヨガは臨月に行うことで出産に必要な筋肉や呼吸を鍛えられます

ヨガは妊娠初期から臨月まで可能で、出産に必要な筋肉や呼吸を鍛えることができます。

ヨガのポーズと呼吸を通じて自然と出産に必要な姿勢やリラックス法が身に付きます。

2.臨月までヨガを行うことで妊娠中の不調や痛みを和らげる効果が期待できます

妊娠中のヨガは、妊娠中に起こるさまざまな不調や痛みを軽減すると言われています。

ヨガをすることで筋肉を鍛え、体の歪みを整えられるので、反り腰による臨月のつらい痛みも和らげることができ、出産後にもいい影響を及ぼします。

3.臨月でもできるマタニティヨガは深い呼吸がポイントです

臨月でも安心してヨガを行うために、妊娠中のヨガは妊婦さんに配慮された動きを中心に行います。

妊娠中の不調を改善し、出産しやすいように筋肉を鍛える効果のあるポーズを行いながら、深い呼吸で瞑想して心身ともにリラックスします。

4.信頼できるインストラクターのもとで行うのが安心です

妊娠初期から臨月になるまでヨガをする事は可能ですが、どんどん体も変化していくので、正しい方法でヨガをする事が大切です。

少しでも不調やお腹のハリを感じたらやめましょう。

ヨガは信頼できるインストラクターの指導を受けて行うのがおすすめです。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る