ヨガの火の呼吸の効果って?


ヨガの火の呼吸には基礎代謝・免疫力アップの効果があると言われています


ヨガの火の呼吸法は、短時間で素早く腹式呼吸を連続的に行うことで、脂肪を燃やす有酸素運動の効果が得られます。

短時間でエネルギーを高めるので、神経系や内分泌系、脳に働きかけ、腹筋を激しく動かし周囲の自律神経を刺激し、整えます。

腹筋も同時に鍛えられ、基礎代謝も上がり、免疫も強くなる効果があります。

免疫強化と共に、自然治癒力を高め、体力をアップします。

腹式呼吸を1分間に数百回という素早い早さで行いますので、内臓が刺激されて、血行も良くなります。

アスリートでも実践しているような人も多く、体の内側と外側両方、精神と肉体の両方の機能を高めたい人におすすめです。

ただ火の呼吸法は、ヨガの中でも上級者向けであり、やり方を間違えると効果が出ないので、熟練した指導者の下で行うべきです。

火の呼吸法の基本を押さえましょう

両脚をクロスして交差し、背筋を伸ばして座ります。

目を閉じて全身をリラックスさせ、数回鼻呼吸をして体を整えます。

みぞおちあたりにエネルギーを集中させるのが目的であり、肩や胸部はリラックスさせます。

両鼻から深く息を吸いお腹を膨らませます。

次にお腹を背骨の方に勢いよく引くように凹ませ、両鼻から吐きます。

凹ませたお腹をゆるめ、自然に両鼻から息を吸います。

この呼吸を吸うのと吐くのを、間隔を途切れさせずに断続的に行うのが、火の呼吸です。

目標は1分間に200回であり、1秒回に3回から4回です。

しかし初めて行う方は、まずは吸うのと吐くのを出来るようにして、次に1分間30回ぐらいのペースで行います。

このペースで出来るようになったら、徐々に1分間の回数を増やし呼吸のスピードを上げ、最終的に200回できるようにします。

1分間に200回出来るようになったら、火の呼吸法に色々なポーズも取り入れてみましょう。

火の呼吸はタイミングが大切です


火の呼吸を行うときは、以下の点に注意します。

空腹時に行う

必ず空腹時に行うようにします。

空腹時ならいつ行っても良く、どの時間帯でも構いません。

食後は避ける

食事をしてすぐ後に行うのも良くなく、火の呼吸法は短時間で横隔膜や腹筋を何度も動かします。

胃の中に食べ物が残っているときに行うと、消化不良を引き起こし腹痛になります。

場合によっては胃腸障害をもたらします。

食事後は消化のために、全身の血液が胃に集中しますので、体内の循環危険のバランスが悪く、呼吸法の効果も出にくいです。

食後数時間経ってから行うようにすべきです。

慣れれば1日に5分前後で出来るようになり、長くても15分もあればできます。

ただ毎日行おうと思うとストレスに感じるかもしれません。

ただ短時間で出来る呼吸法であり、全身に良い効果をもたらしますので、ちょっとした時間を見つけて行える呼吸法です。

慣れてくれば、呼吸法のみでなく、ヨガのポーズと組み合わせると、さらに効果的です。

体調がすぐれない方は行わないよう注意しましょう

初めて行うときは指導者のもとで行い、練習しましょう。

また以下のような方は行ってはいけません。

  • 心臓疾患や高血圧の方
  • めまい・てんかん・ヘルニア・胃潰瘍の方
  • 妊娠中・生理中の方
  • 手術後の方

上記に当てはまる方以外でも、体調がすぐれない人は避けた方が良いです。

健康状態が良いときに行いましょう。

もしも火の呼吸を行い、何かしらの痛みやめまいをかんじたら、すぐに中止します。

症状が落ち着くま安静にしていましょう。

症状が治まって呼吸法を再開しても、不調が出るようなら指導者や医師に相談すべきです。

必ず火の呼吸法を行うときは、熟練した指導者の下で行いましょう。

ヨガの中でも上級者向けなので、説明文などだけを見て行うと、体を上手くコントロールできずに効果が出ず、かえって不快になるだけです。

動画を見ながら行っても良いですが、出来ればやはり誰かの指導の下で行うのが一番良いです。

呼吸法を行うときは、無理せず出来る範囲でしましょう。

(まとめ)ヨガの火の呼吸の効果って?

1.ヨガの火の呼吸には基礎代謝・免疫力アップの効果があると言われています

短期間で腹式呼吸を何度も行い、エネルギーを高める呼吸法です。

体全体に働きかけ、神経系・内分泌系・脳に強く作用する呼吸法であり、腹筋を鍛え、基礎代謝を上げ免疫力を高めます。

2.火の呼吸法の基本を押さえましょう

火の呼吸法は、まずはお腹を膨らませて息を吸い、次にお腹を凹ませて息を吐きます。

これを1回として、1分間に200回行うのが火の呼吸法です。

慣れない方はまずは数回と回数を少なくして練習しましょう。

3.火の呼吸はタイミングが大切です

火の呼吸法を行うときは、空腹時に行う、食後は避けるというのがポイントです。

腹筋を何度も動かす呼吸法なので、食後すぐに行うと消化不良を引き起こし、胃腸に良くありません。

4.体調がすぐれない方は行わないよう注意しましょう

火の呼吸法は、体に不調や疾患のある方は行ってはいけません。

高血圧やヘルニア、あるいは妊娠中の方や手術後の方などは、行わないようにしましょう。

体調が優れない方も避けた方が良いです。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る