ヨガの呼吸法はストレス軽減に効果があるの?


ヨガの正しい呼吸法はストレスを和らげると言われています


ヨガは筋肉をほぐして、リラックスさせてストレスを解消したり和らげたり出来ると言います。

しかもヨガは肉体にも精神にも働きかける運動であり、自分の意志ではなかなかコントロールできない精神を、間接的にコントロールします。

ヨガの呼吸が心に与える効果は、精神を安定させ、イライラを解消し、開放感や爽快感を得る、と言うことがあります。

ただし正しい呼吸法を行わないと、思うような効果は得られません。

ポーズを行うのと同じく、ゆっくりと呼吸をしていき、それにより緊張を解き、自律神経の働きを調節します。

呼吸法の中でも、ヨガでは基本になるのが腹式呼吸です。

腹式呼吸は通常の呼吸とは違いますので、訓練しないと出来るようにはなりません。

ヨガの腹式呼吸にはさまざまな効果が期待できます

ヨガで行われる腹式呼吸にはリラックスさせる、集中力を高める、精神を強化するなどの効果があると言われています。

ストレス解消にもなり、うつなどの予防や改善にも繋がります。

そして、疲れが取れなかったり、イライラしていたり、頭痛がしたりするときに、解消するのに役立つ呼吸法です。

しかし行い方を間違えると、腹式呼吸をしているつもりでも、普通の胸式呼吸になってしまいます。

胸式呼吸は、通常の呼吸方法であり、深く息を吸うと胸がふくらみお腹が凹みます。

上半身の筋肉を多く使用し、筋肉に負担をかける呼吸法です。

これに対し、腹式呼吸は、息を吸うと下腹部が膨らみ、横隔膜が大きく動き肺が伸縮します。

この動作で呼吸をすると、自律神経に働きかけ正常化します。

内臓にも良いので、血流も良くなり活性化します。

腹式呼吸というのは、体の調子を整えるにはとても良い呼吸法であり、覚えるとヨガの基本の呼吸法として使えます。

呼吸法だけでなく、ヨガのポーズと組み合わせて行うと、さらに効果的になります。

腹式呼吸の正しいやり方を覚えましょう


腹式呼吸では、以下のように息を吐いて吸います。

  1. 背筋を伸ばして立ち、または背筋が伸ばせるイスに座ります。
  2. へその下に手のひらを当てます。
  3. 息を鼻からへその下の手のひらに届けるように、ゆっくりと吸います。
  4. 息を吸うと共にお腹が膨らむので、膨らんでいるのを手のひらで実感してください。
  5. 息を吸ったら脱力し、鼻からゆっくりとはき出していきます。
  6. このとき、お腹を凹まさずに、息が自然に出て行くのに任せます。

これらの一連の流れが、腹式呼吸の息の吸い方と吐き方です。

息を吐くときは、脱力感があるので、とても心地よく感じます。

息を吐くときは苦しくなるまで吐かずに、ちょうど良いところで止めて、再度ゆっくりと息を吸っていきます。

口から吐くのが呼吸では一般的ですが、鼻から吐く方が効果的です。

ただし口で呼吸する方が楽であれば口でも構いません。

1回の呼吸では15秒から20秒程度が1サイクルであり、5から10サイクルが腹式呼吸の連続での目安です。

ヨガの腹式呼吸は日常生活にも応用できます

腹式呼吸はヨガを行うときに使い、呼吸すると良いですが、その他にも日常でも使って良い呼吸法です。

リラックスしたり出来ますので、体をリラックスさせたりしたいときに行うと良いです。

  • 朝起きて、体の調子が悪いときに、調子を整えるために行う
  • 寝る前に、布団の中でも外でも構いませんが、体をリラックスさせて眠りやすくするために行う
  • 嫌なことがあったときに、気分を改善したいときに行う
  • 緊張している時に、リラックスするために行う
  • 焦っている時に、落ち着かせるために行う

もちろんヨガと組み合わせるとさらに効果が高まりますが、時間がないときやすぐに効果を得たいときは、腹式呼吸のみを行っても構いません。

また呼吸は瞑想への入り口となっており、瞑想を組み合わせても、とても効果的です。

まずは腹式呼吸が正しくできるように練習しましょう。

そして正しく出来るようになったなら、お腹に手を当てずにも出来るぐらいになると、日常でもすぐに行えるようになります。

(まとめ)ヨガの呼吸法はストレス軽減に効果があるの?

1.ヨガの正しい呼吸法はストレスを和らげると言われています

ヨガの呼吸法は、正しく行うと、精神を安定させて、イライラを解消しリラックスさせるような効果を得られます。

ゆっくりと行うのがヨガの呼吸であり、一番基本となるのが腹式呼吸です。

2.ヨガの腹式呼吸にはさまざまな効果が期待できます

腹式呼吸は、リラックスさせたり、集中力を高めたりする効果があります。

息を吸うと下腹部が膨らみ、横隔膜を大きく動かして行う呼吸法であり、通常の呼吸法とは違います。

3.腹式呼吸の正しいやり方を覚えましょう

腹式呼吸は、お腹に手を当てて、息を吸うと共にお腹が膨らんでいく呼吸法です。

慣れれば手を当てなくても出来るようになり、鼻で呼吸をした方が楽であり効果的です。

ただやりやすいなら口呼吸で行っても構いません。

4.ヨガの腹式呼吸は日常生活にも応用できます

腹式呼吸を行うときは、体調を整えたいときや、リラックスしたいときに行うと良いです。

ヨガと組み合わせても、瞑想と組み合わせてもさらに効果的ですが、腹式呼吸のみでも十分効果は得られます。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る