簡単ヨガのポーズで睡眠の質を上げる効果がある?


ヨガのポーズには良質な睡眠がとれる効果があるといわれています


ヨガのポーズをとることで体も心もリラックスでき、体調不良も改善されるので、寝つきも良くなり睡眠の質を上げることが期待できます。

睡眠不足になるのは、ストレスや肩こり、体調不良、精神的な不安定さが原因です。

体が凝り固まったまま、ストレスを溜めたままでは眠りの浅い睡眠になるので、睡眠時間を長くとっても体も心も休めないので、疲れが取れずにすがすがしい朝を迎えられないのです。

ヨガはゆっくりと深い呼吸をしながらポーズをとります。

さらに、体を伸ばしたり縮めたりすることで、普段の生活では使うことのない体の使い方をします。

その結果、酸素が体中に行き渡るので血行が促進しますし代謝もアップするのです。

これにより手足の先まで温かくなるので、そのまま眠りにつけばぐっすりと眠ることができるのです。

睡眠の質が高くなるヨガのポーズは横になるだけです

睡眠の質を高めるヨガのポーズがあります。

夜寝る前に行えば、ぐっすりと眠れる効果を得られるでしょう。

ヨガのポーズの名前は死者のポーズ「シャバ・アーサナ」です。

名前は怖いですが、ただ寝るだけのポーズなので難しいポーズではありません。

このポーズはヨガの中で一番リラックス効果が高いと言われているものです。

まず布団の上にあおむけになります。

ワキは40度に開き、足は肩幅に開き、手のひらは天井に向けて全身の力を抜いてリラックスしながら腹式呼吸をします。

目をつむって息をゆっくり吸い込んで、酸素が体全体に行き渡るような感覚を想像しながらゆっくりと呼吸をすれば、気持ちも静かになるでしょう。

このまま眠りについても何の問題もありません。

死者のポーズ「シャバ・アーサナ」は体にとって一番自然な形であり、誰にでもできる簡単なポーズだと思われがちですが、意外と難しい場合もあります。

人は知らないうちに体に癖がついていますから、その癖を取り除き正しい位置に体を整え、体を重力にゆだねて深い呼吸をしていきましょう。

ヨガは腹式呼吸がカギになります


ヨガをするときには深い呼吸をしてリラックス効果を高めましょう。

ポイントは腹式呼吸です。

腹式呼吸を行えば自律神経のバランスを取ることができますから、睡眠の質を上げることができるでしょう。

自律神経のバランスが崩れているといくら眠っても浅い眠りになるので、睡眠中に何度か目を覚ますこともあり、熟睡することができないので体の疲れが取れないでしょうし、寝て起きてもスッキリとした感じがしないのです。

腹式呼吸のやり方

腹式呼吸は背筋を伸ばして鼻から大きく息を吸い込み、おへその下あたりに空気を貯めるイメージでお腹を持ちあげます。

体の中の悪いものを出すイメージでお腹を引っ込めながら息をゆっくり鼻から吐いていきますが、空気を吸い込む時よりも2倍の時間をかけて空気を吐きましょう。

これを繰り返せば自律神経のバランスが取れてリラックスできる効果があると言われています。

空気を吸うとき、さわやかな草原の空気を吸うイメージで行えば、さらにリラックスが高まるでしょう。

ヨガにアロマをプラスすることでさらにリラックス効果が期待できます

ヨガを行う時にアロマをプラスすればさらにリラックス効果を高めることができると言われています。

緊張を和らげてくれたり、安眠を促したりする効果があると言われているアロマを選択すれば、リラックスしながらヨガをすることができるのではないでしょうか。

おすすめはラベンダー、ネロリ、カモミール、サンダルウッドです。

ラベンダーやネロリは安眠を促す働き、カモミールはストレスを和らげる働き、サンダルウッドは緊張を和らげてくれる働きがあります。

照明は間接照明に

ヨガをするときには照明の明るさにもこだわりましょう。

寝る前にヨガをして心地よい眠りへと移行するためには、明るい中でヨガをするよりも間接照明のような落ち付いた明かりの中で行うことがおすすめです。

落ち着いた雰囲気の中でヨガを行い、深い呼吸をすれば心を落ち着かせることができるので精神も興奮することなく安定して、安眠につながっていくでしょう。

(まとめ)簡単ヨガのポーズで睡眠の質を上げる効果がある?

1.ヨガのポーズには良質な睡眠がとれる効果があるといわれています

ヨガはゆっくりと深い呼吸をしながらポーズをとります。

酸素が体中に行き渡るので血行も促進しますし代謝もアップします。

体も心もリラックス出来、体調不良も改善されますので睡眠の質を上げることができるのです。

2.睡眠の質が高くなるヨガのポーズは横になるだけです

睡眠の質を高める簡単なヨガのポーズがあります。

それは死者のポーズ「シャバ・アーサナ」です。

ただ寝るだけのポーズなので難しいポーズではありません。

このポーズはヨガの中で一番リラックス効果が高いと言われています。

3.ヨガは腹式呼吸がカギになります

腹式呼吸を行えば自律神経のバランスを取ることができ、睡眠の質を上げることができるでしょう。

ポイントは腹式呼吸です。

ヨガをするときには深い呼吸をしてリラックス効果を高めましょう。

4.ヨガにアロマをプラスすることでさらにリラックス効果が期待できます

ヨガを行う時にアロマをプラスすればさらにリラックス効果を高めることができると言われています。

また、間接照明の中でヨガを行えば精神も興奮することなく安定して、安眠につながっていくでしょう。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る