ヨガはサーフィンにどのような効果をもたらすの?


ヨガで鍛えることができる柔軟性や集中力といった効果がサーフィンに役立ちます


サーフィンは、サーフボードの上に立ち上がり、様々な波の上でバランスをとるというスポーツです。

波の上のサーフボード上で転ばずに立った姿勢を保持するためには、胴体や脚の筋力はもちろんですが、大きな怪我をしないようにするための柔軟性、さらには波の変化をつかむための集中力が必要になります。

ヨガには、集中力を高めたり、筋肉をトレーニングしたりする効果がありますので、サーフィンをする方にとって必要な要素が全て含まれているといえます。

プロのサーファーでは、ヨガをトレーニングに取り入れている人も多いようです。

サーフィンには全身の筋肉と高い集中力が必要です

波の上をサーフボードに寝そべりパドリングで沖へと進み、良い波がくるとサーフボードの上で立ち上がりバランスを取りながら波の上を進む、時には波のトンネルをくぐる、それがサーフィンです。

サーフィンを上手に行うためには、どのような波が来てもバランスをとるためのブレない胴体(体幹)を維持するための腹筋力と、あらゆる波でボードを操るための脚の筋力が必要になります。

また、波の状況を瞬時に判断して、ボードを進める方向を決めるために、波に対する集中力も必要になるといわれています。

このように、サーフィンには全身の筋力と、集中力が必要です。

また、サーフィンをしている際、時には不安定な姿勢をとることもあり、首や腰の骨に大きな負担がかかり、椎間板ヘルニアを起こす危険性も高いといわれています。

ヨガのポーズには、背骨の可動性を拡大する効果もあり、サーフィンでの不安定な姿勢でも椎間板ヘルニアのような大きな怪我を予防できる効果もあるようです。

さらに、波に乗っている間に大きな筋力を発揮しようとすると、呼吸を止めてしまうようなこともありますが、ヨガを行うことによって肺活量のアップが期待できるとともに、正しい呼吸法を実施することで、波に乗っている間でも呼吸をコントロールできるようになるといわれています。

このように、ヨガのポーズによって得られるものは、サーフィンをするときに必要なものを全て満たしているといえるでしょう。

プロのサーファーの方では、トレーニングにヨガを積極的に取り入れている人もいらっしゃるようです。

ランジのポーズでサーフィンに必要な筋力を鍛えることができます


サーフィンをするとき、胴体(体幹)でバランスをとるためには、胴体(体幹)とつながっている股関節の柔軟性は欠かせません。

ここでは、脚の筋力を鍛えるとともに股関節、鼠蹊部の柔軟性を高めてくれるランジのポーズをご紹介します。

立位の前屈の状態から、ゆっくりと膝を曲げた後、息を吐きながら片方の脚を後ろの方へ伸ばします。

後ろに伸ばした足の親指の付け根部分を、床につけるようにしましょう。

胴体は前側に残した脚の太ももの上におろし、頭を前方へ突き出すように胴体を前側へ伸ばします。

両手は前側に残した足の両横で、胴体を支えるように床に置きます。

後ろに伸ばした脚の付け根部分は力を抜き、体を下の方へ沈ませるようにイメージしましょう。

このポーズを30秒ほどキープします。

その後、息を吐きながら前側に残した脚を後方へ伸ばし、下向きの犬のポーズになります。

そして、左右の脚を入れ替えて、もう一度行いましょう。

三日月のポーズで股関節のゆがみを解消できます

不安定なサーフボードの上でバランスをとるためには、ベースとなる骨盤や股関節のゆがみは解消しておいたほうがよいといえるでしょう。

この三日月のポーズでは、骨盤や股関節のゆがみを改善するほか、全身の疲労を解消してくれる効果もあります。

方法

正座で座ったところから、片足の膝を立てましょう。

息を吐きながら上体を前へ傾けて両手を床につき上半身を安定させた後、もう一方の脚を後ろへ伸ばし膝と足の甲を床につけます。

息を吸いながら上半身を起こして、両手は頭上で天井の方向へ伸ばし、両手の平を合わせましょう。

痛くない範囲で、骨盤を下の方へ鎮めるようにしてみましょう。

このポーズを、30秒ほど保持します。

その後、脚を左右入れ替えて、もう一度行いましょう。

このポーズでは、先ほど述べた効果の他に、不安定な状態で上半身のバランスをとるために、胴体(体幹)の筋力も鍛えられます。

腹筋にも力をいれつつ、正しい腹式呼吸を続けるようにしましょう。

(まとめ)ヨガはサーフィンにどのような効果をもたらすの?

1.ヨガで鍛えることができる柔軟性や集中力といった効果がサーフィンに役立ちます

サーフィンは、不安定なボードの上でバランスを取りながら波の上を進みます。

そのためには、集中力と筋力、柔軟性が必要で、これのトレーニングにヨガは非常に適しており、プロサーファーでもヨガをトレーニングに取り入れている人が多いようです。

2.サーフィンには全身の筋肉と高い集中力が必要です

サーフィンに必要な全身の筋力、バランス能力や関節の可動性、さらには波に対する集中力や波に乗っている間にも呼吸を止めないための呼吸コントロール方法などを、ヨガから得ることができるようです。

サーファーでは、ヨガを取り入れている人も多いようです。

3.ランジのポーズでサーフィンに必要な筋力を鍛えることができます

ランジのポーズでは、脚を前後に開くことで、後ろに伸ばした脚の股関節を柔軟にすることができます。

また、脚を比較的不安定な状態におくことで、脚の筋力を鍛えるとともに、上半身を支えている腕の筋力もトレーニングすることが可能です。

4.三日月のポーズで股関節のゆがみを解消できます

三日月のポーズでは、胴体(体幹)でバランスをとるために必要な骨盤や股関節のゆがみを改善する効果の他に、胴体(体幹)の筋力も鍛えることができます。

いずれも、サーフィンをするためには必要な要素と言えるでしょう。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る