ヨガが体や心にもたらす効果に科学的根拠はあるの?


腰痛の緩和や心臓病などの病気予防などヨガがもたらす効果には科学的根拠があります

af9940063177l
ヨガには、骨盤や背骨周辺のインナーマッスルを鍛え、体の歪みを正すことで腰痛や関節痛の緩和などの効果が期待されることが科学的根拠として、国立補完統合衛生センター(NCCIH)から報告されています。

更に、ハーバード大学の研究により、ヨガを行うと血圧や悪玉コレステロール値、心拍数などが改善されるため、心臓病などの病気予防にも効果的だという科学的根拠が示されています。

また、ヨガのポーズと呼吸法により、脳の中にある神経伝達物質の一つ、ギャバが活発化し、自律神経バランスを整え、ストレスや不眠、うつ症状などを和らげるなどのメンタル面でも科学的な根拠があるとされています。

ヨガの腰痛緩和などの効果には科学的根拠があると国立補完統合衛生センター(NCCIH)が証明しました

ヨガには心や体を健康にする効果があるとされています。

中でも、ヨガにより骨盤周辺のインナーマッスルが強化されるので、骨盤や背骨の歪みが正されて、姿勢がよくなり、腰痛が和らぐ効果があるとされています。

実際に、アメリカの国立補完統合衛生センター(NCCIH)から、ヨガの腰痛緩和効果に関し研究が行われ、科学的な根拠が示されています。

NCCIHの慢性腰痛を持つ人を対象とした研究によると、ヨガのポーズを継続的に行った結果、腰の機能が改善されて、腰痛が和らいだという結果が出ています。

更にヨガと他のエクササイズやストレッチ、もしくはセルフケア本による治療とを比較しても、ヨガのほうが腰痛緩和に有効的であったとの結果が出ています。

また、通常の腰痛治療を受けるよりも、ヨガを取り入れたほうが腰痛の緩和には効果的であったとされる研究結果も報告されています。

ヨガは通常の治療や他のエクササイズに比べても、腰痛緩和効果が高いとされることが科学的に証明されたことになります。

高血圧やメタボを放置すると、将来的に病気を引き起こすリスクが高まります

af9940076565l
日頃の運動不足や食生活の偏り、ストレスなどの不摂生な生活が引き金となって、体内のコレステロール値が上昇し、血圧が高めだという人も増えています。

こういったいわゆる高血圧や高コレステロールの状態なのに、何もしないで放置すると、内臓への負担がどんどん大きくなっていきます。

そして、将来的に最悪、心臓病などの生活習慣病を発症するというリスクが高まります。

しかしヨガには、生活習慣病を予防する科学的根拠があると言われています。

アメリカのハーバード大学の研究チームからは、ヨガを習慣的に行った人の血圧や悪玉コレステロール値などは著しく改善され、体重や心拍数なども改善傾向がみられたという報告がなされています。

ヨガのコレステロール値や血圧を低下させる科学的根拠は、この研究チームによって証明されたと言えます。

ヨガを生活に取り入れることで、基礎代謝力がアップし、内臓脂肪の燃焼が促されるために、内臓への負担が減り、病気発症のリスクも抑えられると考えられます。

ストレスやイライラを解消するには、脳内のギャバを増やすヨガが最適です

日々の暮らしの中で、仕事や試験などへのプレッシャーや、複雑な人間関係や過労などが原因でストレスが溜まるという人も多いでしょう。

ストレスが溜まると、体を休ませる時に作用する自律神経の一つ、副交感神経がうまく作用しなくなり、イライラ感や不眠、肌荒れや倦怠感など心と体に不調をきたすようになります。

しかし、ヨガには心身をリラックスさせる副交感神経のバランスを整える効果があることが、科学的にも証明されています。

アメリカの研究者の研究により、ヨガを習慣的に行う人は、ヨガを全くやらない人に比べるとストレスを減らし、神経を静める脳内の神経伝達物質の一つ、ギャバの分泌量が増加することが判明しています。

ヨガには、イライラを鎮め心を穏やかにする効果があると言われるのが、科学的にも証明されたことになります。

ヨガで呼吸法や心を静めるポーズを習慣的に続けている人の中には、心が落ち着いた、ストレスが減ったと感じる人も多いですが、それは気のせいではなく科学的根拠に基づく効果だと言えるでしょう。

(まとめ)ヨガが体や心にもたらす効果に科学的根拠はあるの?

1.腰痛の緩和や心臓病などの病気予防などヨガがもたらす効果には科学的根拠があります

ヨガを生活に取り入れることで、体や心を元気にする様々な効果がもたらされると言われています。

実際に、大学の研究チームや公的機関などからも、腰痛の緩和や生活習慣病予防、心の安定などの効果に科学的根拠があるとの報告がなされています。

2.ヨガの腰痛緩和などの効果には科学的根拠があると国立補完統合衛生センター(NCCIH)が証明しました

ヨガの腰痛緩和効果は、アメリカの国立補完統合衛生センター(NCCIH)による研究で科学的根拠が証明されています。

通常の治療よりも、腰痛緩和効果が優れていたとされる研究結果もあります。

3.高血圧やメタボを放置すると、将来的に病気を引き起こすリスクが高まります

日頃の不摂生がたたり、コレステロール値の上昇や高血圧など将来的に病気発症の可能性が高いトラブルを抱える人もいます。

ヨガには、コレステロール値や血圧を下げ、病気予防には効果的であることが科学的に証明されています。

4.ストレスやイライラを解消するには、脳内のギャバを増やすヨガが最適です

ストレスを緩和して、心の平穏を保つにはヨガは効果的だと考えられる科学的根拠がアメリカの研究者より報告されています。

ヨガにより、ストレスを減らし、神経を鎮める脳内物質、ギャバの分泌量が増加するためだからです。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る