ヨガは冷え性にも効果的!そのメカニズムとは?


ヨガで冷え性を予防できるようになります

ヨガは普段使わない筋肉を使用しますヨガは、体の中でも普段はあまり使っていない筋肉を動かします。

さらに骨や関節の位置を正しい場所へと戻すことで、内臓や血流を動きやすくしてくれます。
そうすることで、体の中の働きが促進されて、冷え性が予防できるようになります。

また、むくみも冷えの大きな原因の一つですが、基礎代謝を上げることで、老廃物を流しやすくしてむくみを取る効果もあります。
女性は特にむくみや冷え性に悩みやすいものですが、ヨガを続けるうちに少しずつ体調が整って冷えから解放されることが期待できます。

体の冷えはどうやって起こる?

体の中には血管が通っており、そこを血液が流れることで体は動きます。

冷え性は、そんな血管の流れが停滞することで、体の動きが悪くなっている状態です。
特に末端に行くと血流は滞ります。
心臓から離れるため、ポンプの勢いが緩むからです。
こうした勢いを促進するためには、第二のポンプである筋肉を働かせることと血流を阻害しがちな骨の歪みを整えることが必要です。

ヨガの冷え性への働きとは

ヨガは筋肉を伸ばしたり縮めたり、関節を緩めるためのポーズを数多く取り入れており、その動きによって体を鍛え上げます。
それはただ単に強い肉体を作るということではなく、筋肉の動きを活発にして動きやすい体を作り、関節を緩めることで本来の正しい姿勢を取り戻すことも含まれています。

冷え性をはじめとする体の不調には、体の内部の働きの弱さや停滞が影響しています。
健康な体というのは、体内のすべての位置が整い、すべての機能が正しく働いていることによってのみ、実現できます。

ヨガで体を整えることで、自然な体調の改善を狙うことができ、ヨガを続けることで良い状態をキープすることができます。

冷え性の女性はヨガを試してみてはいかがですか?

女性に冷え性が多いのには、実はきちんとした理由があります。

女性は体の作りのために冷え性になりやすく、選ぶ仕事の傾向故にそれを助長してしまうことも多くなります。

女性に冷え性が起こりやすいのは、筋肉が弱いためです。男性よりも筋肉が弱く、つきにくいため、下肢などの末端部に血流を届ける筋肉が十分に働かないことが多いのです。

筋肉が働かないのは、普段の生活にも理由があります。デスクワークや体を動かさない仕事についている人は、さらに筋肉を弱くしてしまいます。
オフィスでの仕事を選ぶことの多い女性にとって、由々しき問題です。

しかし、ヨガはそんな女性たちにとても合っています。

ゆったりとした動きで無理なく筋肉をすみずみまで鍛えることができ、力の弱い人でも自分のできる範囲から始められます。
ポーズごとに意識すべき筋肉や効果のある部位が決まっているため、集中的に弱い部分を鍛えることもできます。

ヨガで冷え性が治る3つの理由

ヨガで冷え性の改善が期待できるのは、ヨガが普段使わない筋肉を鍛えることができる点と骨や関節の位置を正すことができる点にあります。
これによって血流に影響を与えて、冷え性を改善します。

また、リラックスすることで自律神経も血流を整えてくれます。

リンパと血流をアップ

リンパの流れと血流は、歪んだ骨格に邪魔されて停滞することが多くなります。
ヨガのポーズでは関節を緩めて、骨格を正すことができます。
すると血流を阻害していた骨の抵抗がなくなり、血流が促進されます。

栄養分を十分に遅れるようになると、代謝もアップします。

また、筋肉を十分に動かすことで、ポンプの機能も活性化されるのです。

末端のむくみを減らす

骨に阻害された血流はそこでよどみ、血液の水分が血管外に漏れてむくみも引き起こします。

むくみの水分によって、冷えやすくなり、さらに温かく栄養分に富んだ血液が行き渡らないことで冷え性が起こります。
むくみは末端冷え性の原因の一つなのです。

むくみの原因となる水分と老廃物を排出しやすくするのもヨガの効果です。
汗をかくことと新陳代謝によって、悩みの種だったむくみを解消することができます。

自律神経に効く

冷え性の原因となる血流は自律神経にも関係しています。
自律神経が緊張状態になると、血管が収縮して血流が阻害されます
ヨガの呼吸法はそんな緊張状態を緩和させて、血流を良くしてくれます。

ホットヨガで冷え性防止?

ホットヨガは暖かい室内で行うことで、ヨガの効果を高めたり、筋肉を柔らかくしてポーズをとりやすくしたりする効果が期待できます。
ただし、水分の喪失が大きいため、水分補給をしっかりと行うことが大切です。

ホットヨガでの冷え性の予防効果は、体内に溜まった老廃物と余計な水分のより積極的な排出にあります。
普通のヨガでも、血流とリンパの流れが活性化して汗をかきますが、ホットヨガではそれを上回る効果が期待できます。

また、温かい環境で行うため、体がほぐれやすくなります。

冷え性は体の代謝が関係している

冷え性は体の代謝が関係しています冷え性には、体の代謝が大きく影響しています。
体の働きが弱くなるということは、栄養分を運んだり、老廃物を排出したりといった動きすべてが弱くなるということです。

ヨガはそんな体の働きを活性化して、体の隅々にまで栄養分を届け、余計なものを輩出しやすくしてくれます。筋肉の働きと血流をよくして、体の細部に栄養を送り、体を温め、新陳代謝を活性化して老廃物を出しやすくします。

また、リラックス効果によってさらに体の働きを高めます。

冷え性を体内から予防

ヨガが冷え性を予防、改善するのは、体の中から調子を整えてくれるためです。

また、継続することで、血流を阻害していた骨格や弱った筋肉を健全な状態に戻して、良い状態を維持することもできます。
ヨガのポーズは、誰にでも無理なく行えるため、筋肉の弱い人でも十分な効果を得られるのです。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る