脚やせにも効果あり!ヨガでしなやかで締りのある脚にしよう


ヨガのアーサナで効率よく脚やせと疲れにくい脚を作る

ヨガでインナーマッスルを鍛えて疲れにくい足を手に入れよう
女性の中には、毎日ヒールで仕事をしていたり、そのまま歩きまわったりする方も多いでしょう。
帰ってくると、脚がパンパンに張ってしまい、疲れてしまうことを悩みに抱えているかもしれません。

実は、それをヨガで解決できるかもしれません。

ヨガでは、さまざまなポーズを取りますが、この中には脚の筋肉を鍛えるのに効果的なものもあります。通常の運動では、鍛えられないようなインナーマッスルも鍛えることができるので、脚やせへの効果も期待できる上、疲れ知らずの脚を目指せるはずです。

継続的に取り組むことで、生活する上でよい影響をもたらしてくれるでしょう。

下半身を中心に鍛えられるアーサナもたくさんある

ヨガは、アーサナと呼ばれる独特なポーズを取ることで知られていますが、その中には、下半身に効果的なものが数多くあります。
どれも、負担の大きなものではないため、続けやすいのが特徴。

継続していくことで、ふくらはぎや太ももの筋肉を内側から鍛えられるため、代謝アップやバランスのとれた筋肉を付けることが可能です。

脚やせに効果的なヨガのアーサナ

脚やせは簡単なポーズから始めましょう

脚やせにも効果が期待できるアーサナは、いくつも種類がありますが、その中でも取り組みやすいものや、効果的に脚を強くしてくれるポーズを紹介します。比較的簡単に取り組めるものばかりですので、ぜひチャレンジしてみてください。

ただし中には、体が硬いと難しいものもあります。

しかし、焦らずとも、続けていくうちにだんだんとできるようになります。
そのため、最初はできるものから初めて徐々に体を慣らしていくことが大切です。

ブリクシャーサナ

「木のポーズ」とも呼ばれることのあるアーサナです。

これは、経った状態から始めるアーサナで一連の動作と深い呼吸を合わせることで下半身から腰にかけて効果を発揮します。

最初は、バランスを取るのが難しいかもしれませんが、慣れてくれば太ももを中心に筋肉を使っていることを実感するはずです。

  1. 脚を肩幅に開き、背筋を伸ばします。
  2. 右足浮かせて左足のくるぶしへ踵を合わせます。
  3. そのまま股の高さまで擦るように上げて行き、両足で押し合いのように力こめながらバランスを取ります。
  4. 3の状態のまま合唱、深呼吸を繰り返してください。
  5. 5呼吸が済んだら、手を天井へ向かって伸ばし再び、姿勢を正してもう5呼吸します。

以上が一連の流れ、これを左右で繰り返すことでバランス良く下半身の筋肉を鍛えて行くことができます。

アーナンダ・バラーサナ

「ハッピーベイビーのポーズ」と呼ばれることもある通り、赤ちゃんのように仰向けに寝そべった状態で、脚を上げることが特徴のアーサナです。
これは、太ももの裏やおしりの筋肉を鍛える際に有効なポーズで、続けることで脚の持久力を高めて脂肪を燃焼させることができます。

また背骨のストレッチ効果があり、ストレスや疲労の回復にも効果的です。

  1. 仰向けで息を吐くスピードに合わせて膝を胸に引き寄せます。
  2. 今度は息を吸いながら両手で両足の外側から抱え込みます。
  3. 両膝をお腹よりも外側へ開き、足首を膝の真上に異動させます。足の裏は天井へ向けましょう。
  4. 深く呼吸をしながら、背中を揺らすように膝をゆっくりと左右に振りましょう。

アンジャネーヤ・アーサナ

「三日月のポーズ」と呼ばれるヨガの代表的なアーサナです。

このポーズは、一見簡単そうに見えますが、最初はバランスを維持するのが大変だと感じる方もいるかもしれません。
じっくりと取り組んでみましょう。

  1. 片方の脚の膝を床につけ、もう片方を大きく前へ踏み出します。
  2. 両手を頭の上で合わせて体重を伸ばしている脚の付け根へかけるイメージで脚をぐっと伸ばします。
  3. 立てている脚の膝の角度を90度にキープすることを意識して深く呼吸を繰り返します。
  4. 5呼吸したら、脚を組みかえてもう片方も伸ばしましょう。

三日月のポーズには、全身の引き締めと、太ももの強化に効果的です。
骨盤の矯正も行ってくれるため、正しい姿勢を作るのにも役立つアーサナとなるでしょう。

太ももの太さには二種類ある

脚やせや、疲れに強い脚を作る前に、自分の足がどういうタイプなのかきちんと知っておくことが大切です。

太ももが太い原因は人によって違い、大きく分けて2種類の原因があるといわれています。

1つは、脂肪によるもの。
これは、運動不足やカロリーの過剰摂取が原因になっているパターンです。
ヨガでは、動きがあるものや、少し負担がかかるようなポーズをとりいれると良いでしょう。

もう1つは、筋肉によるものです。
こちらは、触った時に少し硬い感触がするもので、もともと運動をしていた方に多いタイプです。

ヨガで鍛える際には、まず凝り固まった脚の筋肉をほぐすところから始めましょう。
人によっては、筋肉の上に脂肪がついてしまっていることもあるため、継続してさまざまなポーズに挑戦して行くことが大切です。

ヨガを習慣化すれば美脚効果が期待できる

美容の面でも健康の面でも、脚は気になる部分。
特に働いている方の中には、毎日歩きまわったり、負担のかかるようなヒールの靴を履かなければならなかったりと、酷使することもあるでしょう。

それだけに、ケアは非常に大切です。

ご紹介したようなヨガを取り入れて、疲れにも強く、しなやかな筋肉を手に入れてみてはどうでしょうか。

続けることで、美脚効果も期待できるはずです。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る