ヨガの呼吸法は内臓に効果があるの?


ヨガの呼吸法を取り入れることで内臓の脂肪に効果があるといわれています


ヨガの呼吸法はいろいろな良い効果を心身にもたらせてくれると考えられていますが、内臓脂肪にも効果があると考えられているのです。

ヨガの呼吸法は普段私たちが生きるために行っている呼吸法とは異なりますので、ヨガの呼吸法を取り入れると、普段使っていない横隔膜が動きます。

横隔膜が活発に動くことで、内臓脂肪の燃焼が期待できるために、内臓脂肪の減少につながると考えられているのです。

細身の人でも内臓脂肪がついています。

内臓脂肪が多くついたままでは生活習慣病を引き起こす危険性が高まります。

ヨガの呼吸法を取り入れて内臓脂肪を燃焼させていくことが出来れば健康を手に入れることが出来るでしょう。

ヨガの呼吸法で内臓脂肪が落とせると期待できます

ヨガの腹式呼吸は内臓脂肪を燃焼させる効果があると考えられています。

腹式呼吸は場所や時間を選ばずにできますし、お金も1円もかかりません。

正しい呼吸のやり方をマスターすれば落としにくい内臓脂肪を徐々に改善していくことが出来るでしょう。

ヨガの腹式呼吸を行えば、普段使っていない横隔膜が動くので内臓についている脂肪燃焼効果が期待できると考えられているのです。

これはヨガの呼吸法が効果を期待できるのであって、私たちが何気なく行っている呼吸では効果はないのです。

これは通常の呼吸では体全体に十分な酸素をいきわたらせるほどの酸素を吸うことが出来ていないからです。

ヨガの腹式呼吸をすると体に酸素を十分取り込むことができるといえます。

心臓にも酸素が十分にいきわたるので血流が良くなり、脂肪燃焼効果が高まると期待できるのです。

呼吸法を取り入れることでエネルギー消費が多くなるので、体をスッキリさせることもできると考えられるでしょう。

正しい腹式呼吸をマスターしましょう


ヨガの呼吸法である腹式呼吸をマスターして落としにくい内臓脂肪を落としていきましょう。

ここでは正しい腹式呼吸のやり方を紹介します。

腹式呼吸はヨガのなかでも基本的な呼吸法で鼻から吸って口から吐く呼吸方法です。

まずは姿勢を正します。

吸う時はお腹を膨らませて、息を吐く時はお腹をへこませます。

息を吐くときにはお腹の下腹に力を入れて息がもう吐けないという状態になるまで吐き出します。

ここで気を付けるべき点は、体に力を入れないことです。

ヨガの呼吸法を行うときには体をリラックスさせ、力を入れることなく行いましょう。

腹式呼吸はいつやってもいいのですが、食事後すぐに行うのは避けた方がいいです。

食べ物が胃に残っている状態で腹式呼吸を行うと、胃痛になる恐れがあります。

空腹時であれば胃の中に食べ物がない状態ですから、どんなに激しく腹式呼吸を行っても具合が悪くなることはないでしょう。

腹式呼吸を行うのは空腹時がおすすめです。

腹式呼吸だけでなく火の呼吸法や丹田呼吸法もおすすめです

内臓脂肪を落とすためにはヨガの腹式呼吸が効果が高いと考えられていますが、ほかにも効果が期待できるヨガの呼吸方法があります。

火の呼吸法と丹田呼吸法です。

火の呼吸法

火の呼吸法は腹式呼吸を速いスピードで行う呼吸法です。

はやい速度で腹式呼吸を行うことで、交感神経の刺激に効果的だと考えられています。

まずは背筋をまっすぐにしてあぐらをかきます。

肩の力を抜いて鼻からしっかりと息を吸い込み、鼻から大きく息を吐きだします。

お腹を勢いよく膨らませたり、へこませたりしながらはやい速度で呼吸を行っていきます。

速度は初めは1分間に30回くらいのペースを保ち、慣れてくるとスピードアップをしていくといいでしょう。

丹田呼吸法

横隔膜が活性化される効果がある丹田呼吸法は内臓脂肪燃焼効果が期待できます。

まずは姿勢を正しあぐらをかいて座ります。

次に、口を閉じ、鼻から息を吐き出しますが、意識的にお腹をへこませて息を吐き出しましょう。

息を完全に吐き出したら鼻から息を吸っていきますが、このときはお腹をしっかり膨らませましょう。

(まとめ)ヨガの呼吸法は内臓に効果があるの?

1.ヨガの呼吸法を取り入れることで内臓の脂肪に効果があるといわれています

ヨガの呼吸法を取り入れると内臓脂肪燃焼につながると考えられています。

内臓脂肪がついたままになっていると生活習慣病のリスクが高まります。

ヨガの呼吸法を取り入れて脂肪が燃焼できれば健康を手にいれることにつながるでしょう。

2.内臓脂肪が落とせるヨガの呼吸法について

ヨガの呼吸法である腹式呼吸を取り入れると酸素をたくさん取り込むことができます。

取り込んだ酸素を使って普段使っていない横隔膜が動き、内臓脂肪を燃焼させることが期待できると考えられているのです。

3.正しい腹式呼吸をマスターしよう

正しい腹式呼吸をマスター出来れば内臓脂肪燃焼の効果が期待できるでしょう。

腹式呼吸は息を吸うときにはお腹を膨らませます。

息を吐くときにはこれ以上吐けない状態になるまで息を吐き出しましょう。

4.腹式呼吸だけでなく火の呼吸法や丹田呼吸法もおすすめです

ヨガの呼吸法の腹式呼吸は内臓脂肪燃焼に効果が高いと考えられていますが、腹式呼吸だけではなく、丹田呼吸法や火の呼吸法も内臓脂肪燃焼効果が期待できるといわれています。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る