ヨガの呼吸法の名前とは?


ヨガの呼吸法には「完全呼吸法」という名前がついています


ヨガは呼吸法をしながらポージングをすることでより効果を得られるといわれており、その呼吸法の名前は完全呼吸法とも呼ばれています。

腹式呼吸と胸式呼吸を取り入れた呼吸法で、鼻から吸って鼻から吐く鼻呼吸で行う方法です。

ヨガでは呼吸は非常に大切なものとして位置づけられているのです。

呼吸法を取り入れることで自律神経を整え体をリラックスさせることが出来ますし、インナーマッスルを鍛えたり体を引き締めたりしていく効果もあると考えられているのです。

呼吸はヨガに置いて一番基本になることで、ヨガをマスターするにはまずは呼吸法をマスターすることが重要であると考えられているほどなのです。

ヨガの基本の呼吸法を覚えましょう

ヨガは呼吸法を取り入れながら行うことでより強く効果を感じることが出来ると考えられています。

ヨガを行う前にはまずは呼吸法の指導が行われるほどです。

ヨガにおける基本の呼吸法は完全呼吸法とも呼ばれています。

腹式呼吸と胸式呼吸を使い、鼻から吸って鼻から吐く呼吸法になります。

初心者では難しいため基本の呼吸法である完全呼吸法について説明します。

完全呼吸法のやり方

まずはゆっくりと息を吐きます。

全身の力が抜けていくようにイメージしながら息を吐きます。

息が吐き入れそうになったところでお腹をへこませて圧力をかけさらに息を吐きだします。

これが腹式呼吸を取り入れた呼吸法です。

次に背筋を伸ばして胸を開いて胸式呼吸のやり方で息を吸います。

注意したいのが下腹部はへこませたままにして息を吸うことです。

胸に息を吸い込みましょう。

苦しいと感じたら無理に呼吸法を行わなくてもいつもの通常の呼吸でヨガを行って大丈夫です。

呼吸を止めずにヨガをしていくことが重要です。

呼吸法を取り入れることで様々な効果が生まれます


ヨガでは呼吸法を取り入れることで色々な効果があると考えられています。

自律神経を整える

気持ちが高ぶっているとき、ストレスを感じているときには、呼吸が乱れています。

ヨガで呼吸法を取り入れることによって体をリラックスさせる効果があると考えられています。

イライラの気持ちや不安な気持ちも改善されるので、呼吸法を取り入れることは自律神経を整えることにつながると考えられるのです。

心が落ち着く

呼吸が乱れていたり、早かったりすると、精神的に不安定な状態になっています。

呼吸法を行うことで高ぶっている気持ちを落ち着かせることが出来るのです。

巡りをよくする

正しい呼吸法を行って酸素を取り入れることが出来れば心臓の働きが良くなります。

心臓の働きが良くなることで、血のめぐりも良くなります。

それまでよどんでいた血のめぐりが良くなれば血液中の不要なものは流されていきますし、血液が各細胞に栄養や酸素を送り届けることが出来るのです。

ポーズよりも呼吸法に重点が置かれています

ヨガはポージングを行うことよりも呼吸をマスターすることの方が重要だと考えられています。

私たちは常に呼吸をしています。

呼吸をして酸素を取り入れたり二酸化炭素を吐き出したりしなければ生きていくことが出来ないからです。

普通に生活しているときには呼吸を意識することはないでしょう。

しかし、ヨガを行ううえでは呼吸を意識して行った方が効果を感じやすくなるのです。

呼吸法をしっかりと体に覚えさせれば、ポージングを行わなくても呼吸法だけで体を整えていくことが出来ると考えられています。

呼吸法を取り入れるとリラックスさせることが出来るので、ストレスを強く感じているとき、不安を強く感じているときなど、いつでもどこでもヨガの呼吸法を取り入れると体や心をリラックスさせて落ち着かせることが出来ると考えられます。

ヨガの呼吸法を取り入れるときには姿勢にも注意が必要です。

猫背のままではしっかりと呼吸をすることは出来ません。

肩の力を抜いて姿勢を正して呼吸法を行いましょう。

(まとめ)ヨガの呼吸法の名前とは?

1.ヨガの呼吸法には「完全呼吸法」という名前がついています

ヨガは呼吸法を取り入れながら行うことで効果を感じられると考えられているほど、呼吸はヨガの基本です。

腹式呼吸と胸式呼吸をより入れた鼻呼吸は完全呼吸という名前でも呼ばれています。

2.ヨガの基本の呼吸法を覚えましょう

ヨガの基本となる呼吸法は腹式呼吸と胸式呼吸を取り入れたものです。

息を吐くときには全身の力を抜いて息を吐いていき、最後には腹部に力を入れて腹式呼吸の要領で息を吐き出します。

息を吸うときには胸式呼吸の要領で胸を膨らませて息を吸い込みます。

3.呼吸法を取り入れることで様々な効果が生まれます

ヨガの呼吸法を取り入れると良い効果がいろいろと現れるといわれています。

呼吸をすることで体をリラクスさせることが出来ますし、酸素をしっかりと取り組むことで心臓の働きが良くなり、血のめぐりをよくすることにつながるのです。

4.ポーズよりも呼吸法に重点が置かれています

ヨガはポージングよりも呼吸法をきちんと行うことが重要だと考えられています。

呼吸法だけでも体や心を落ち着かせてリラックスさせる効果があるといえます。

姿勢を正して呼吸法を行いましょう。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る