ヨガの呼吸法は陣痛のときにも効果があるの?


ヨガの呼吸法は陣痛の際に行うとお産がスムーズになると期待できます


マタニティヨガというヨガの種類があるように、ヨガはダイエットだけでなく出産前後にも効果的なエクササイズです。

いざ、お産となり陣痛が来ると、特に初産の場合は痛みや不安などで息が早くなったりパニックになったりしてしまい、身体が緊張しお産に時間がかかることもあります。

出産の前にヨガの呼吸法を練習しておけば、身体の緊張もほぐれお産がスムーズになると期待できます。

ヨガの呼吸法はリラックスに役立ち陣痛に効果的であるとされています

ヨガといえばダイエットや健康にいいというイメージが強いため、陣痛に効果的と聞いてもピンとこない人も多いでしょう。

ヨガの呼吸法とお産との関係について説明していきます。

リラックス効果

ヨガは身体の代謝や免疫力を高め、体の引き締めや体質改善に効果的なエクササイズですが、呼吸に意識を向けることで精神を落ち着かせる効果もあります。

陣痛が始まり分娩台に上がると、痛みと恐怖で浅く速い呼吸になってしまいがちです。

特に陣痛や出産に対して怖いというイメージが強いと、余計に体が緊張し分娩に時間がかかってしまいます。

筋肉の緊張がほぐれて、お産がスムーズに

ヨガの呼吸法を行えば、冷静に前向きになれるだけでなく、身体の緊張もほぐれ産道などもやわらかくなり、お産がスムーズになるといわれています。

怖いと思う程力が入り筋肉が緊張して硬くなってしまいますが、積極的に吐く呼吸を続けると硬くなっていた筋肉がほぐれていくためです。

初めての出産ではなかなかリラックスとまではいかないかもしれませんが、ヨガの呼吸法を行うことで落ち着いて出産を行うことができるでしょう。

ヨガの呼吸法を練習しておくだけでも、お産に違いが出てきます。

運動が苦手な人は普段から運動しない人が多いですが、出産するにも産後の子育てにも体力が必要になるので、出産を機にヨガを始めてみることをおすすめします。

出産をスムーズにするといわれる呼吸法を覚えましょう


出産の際に行う代表的な呼吸法について、紹介します。

ラマーズ法

ドラマなどで「ヒッヒッフー」といきみながらお産をしているシーンを見たことがあるかと思いますが、まさにそれがラマーズ法です。

ラマーズ法は妊娠中から呼吸法や弛緩法を取り入れて、緊張や恐怖心をなくし、自然な形で出産しようという方法です。

お産は痛くてツライものだという先入観を取り除くことが目的とされています。

ソフロロジーの呼吸法

ソフロロジーは精神的・肉艇的なトレーニングによって心身の安定を得て、積極的に陣痛を受け入れようという考え方に基づいて、リラックスの練習やイメージトレーニングを行います。

東洋的な座禅とヨガの様式を取り入れているのが特徴です。

呼吸法はヨガの要領とほとんど同じですが、ゆっくりと吐くのを長めにするのがポイントになります。

陣痛が始まってから子宮口が全開大になるまでは、あぐらなど自分が一番リラックスできる姿勢で過ごします。

陣痛の波がきたら、フーと長めにゆっくりと息を吐き続けて、陣痛の波が去ったらリラックスしましょう。

子宮口が全開大になって痛みが増して来たら、子宮の収縮に合わせるように息を吐きながら少しずついきんでいきます。

このとき息を止めてしまわないように気を付けましょう。

陣痛の波が去ったら全身の力を抜いてリラックスさせることで、子宮の内圧が下がり赤ちゃんに酸素を届けやすくなります。

赤ちゃんの頭が見えてきたらいきむのをやめて、このとき息が速くなりがちですがゆっくりとフ―と息を吐くことに集中しましょう。

赤ちゃんはゆっくりとゆるんだ産道を下りてきます。

ラマーズ法もソフロロジー呼吸法も、呼吸に意識を向けて積極的に行うことがポイントになります。

ソフロロジー呼吸法での出産にはメリットがあるといえます

ソフロロジーの呼吸法を取り入れていない産院も多いですが、このソフロロジー呼吸法でお産をするメリットについて紹介します。

ヨガの呼吸法を取り入れてお産するメリットは、精神的に落ち着かせたり、硬くなった筋肉を緩めたりするだけではありません。

ソフロロジーでは出産の最後までリラックスすることを大切にしていて、出口がゆっくりとやわらかく開くため切開をせずに済むことが多いです。

またお産で体力を消耗しにくいため、産後の回復も通常のお産に比べると早いといわれています。

(まとめ)ヨガの呼吸法は陣痛のときにも効果があるの?

1.ヨガの呼吸法は陣痛の際に行うとお産がスムーズになると期待できます

陣痛の際にヨガの呼吸に集中することで、陣痛や分娩の痛みを緩和し、筋肉の緊張がほぐれることで赤ちゃんが出てきやすくなります。

出産前にヨガの呼吸法を行って、心を整える練習もしておきましょう。

2.ヨガの呼吸法はリラックスに役立ち陣痛に効果的であるとされています

ヨガの呼吸法には、出産の際に精神を落ち着かせて前向きにお産をする効果や、呼吸に集中することで筋肉の緊張をほぐし赤ちゃんが出てきやすい状態に導く効果があるといわれています。

出産を機にヨガを習慣に取り入れてみるのもいいでしょう。

3.出産をスムーズにするといわれる呼吸法を覚えましょう

ソフロロジーの呼吸法は、ヨガの腹式呼吸を取り入れた分娩法です。

ヨガの呼吸法とほとんど同じなので、出産前からヨガの呼吸法を練習しておくと、精神的に落ち着かせ、赤ちゃんに十分な酸素を送りながらスムーズに出産することができると言われています。

4.ソフロロジー呼吸法での出産にはメリットがあるといえます

ソフロロジーの呼吸法でお産をすると切開をしなくていいことが多く、他の分娩法よりも体力を消耗しにくいため産後の回復も早いといわれています。

ソフロロジー呼吸法を練習しなくても、ヨガの呼吸法を練習しておくだけでも効果的です。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る