夜のヨガを行うのに適した時間は?


夜のヨガは空腹時を見計らってください

夜ヨガをする時のタイミング
夜のヨガをする場合、自宅で行うかヨガスタジオなどに通う方法があります。

ヨガの効果が出やすい時間帯というのは、食事の前の空腹時です。
空腹でないと内臓への負担も気になりますし、気持ちが悪くなる人もいます。

そのため、夜のヨガを行うのであれば、夕食前か夕食から時間がたってお腹の中が空っぽになった時を狙います。

ヨガスタジオへ行く場合には、夕食を食べずに行きます。

また、自宅で行う場合には、早い時間であれば食事の前に行うことも、食事を軽くしておき消化した後に行うことができます。

夜寝る前であれば、そのままリラックスした状態で就寝することもできるので体も楽でしょう。

帰りが遅い場合には、食事を帰宅前に軽く済ませておくなどの工夫で乗り切ります。

ヨガを行った後もしばらくは食事できないので、スケジュールを見て計画的に行うことが必要です。

ヨガと食事の時間の関係

ヨガは体の筋肉や関節だけでなく、内臓にも影響を与えます。

体を伸ばしたり曲げたりすることで、内臓の動きも連動するため、ヨガの最中からヨガ後にかけて内臓の動きが活発になります。

ヨガを行う前に食事をとって満腹の状態になってしまうと、その状態で内臓を動かすために負担が大きくなることがあります。

また、消化器にたくさんの食べ物が詰まっていると脳の働きがそちらに集中してぼんやりしてしまい、ヨガの集中力を削いでしまうこともあるのです。

こうした点から空腹時にヨガを行うことが必要となります。

一般的には、食後空腹になるまでの時間は、2時間程度と言われています。
ただし消化の良いものであれば、それよりも短時間で空腹になるでしょう。

また、ヨガの後も食事には注意が必要です。
ヨガの後は内臓が活発に動いており、消化吸収、代謝も良い状態になっています。

そのため、時間を空けずにすぐ食事を取ってしまうと、いつも以上に食べたものをしっかりと吸収してしまいます。

そのため、ヨガの後は1時間半程度間を空けてから食事を取ることが必要となります。

夜ヨガを行うのに適した時間帯

夜ヨガの時間帯
夜のヨガでは、夕方の6時以降や夜の9時以降がもっとも適した時間帯であると言われています。

この夕方の時間帯は、仕事帰りのヨガスタジオ通いにちょうど良い時間です。

昼食を食べた後、午後は間食をできるだけ控えるようにしておくと、夕方6時には体の中がヨガを行うのに適した状態となっています。

その場合には、ヨガを行った後十分に時間を空けても、十分早い時間帯に夕食を取ることが出来るでしょう。

自宅よりも会社や学校などの最寄りのエリアでヨガスタジオを見つければ、帰宅の時間帯も使って夕食までの時間を延ばすことができます。

夜の9時以降の場合には、その後に夕食を取るのが少し難しくなります。

また、空腹の状態がいいとは言え、その時間帯まで夕食を取らないことは大変です。

深夜に食事をすることを避けたいので、夜9時以降に行う場合にはその前に軽く食事を取っておくほうが安心です。

消化の良いものを選び、ヨガの時間に合わせましょう。

寝る前のヨガは短時間でも効果が期待できるため、ゆっくりと消化を待って手軽に行えるポーズを行うとよいでしょう。

就寝時間に合わせて行うことで、ヨガの効果を持ったまま眠りにつくことができます。

夜のヨガの効果とは

ヨガは朝や昼、夜と行う時間帯によってそれぞれ得られる効果が違っています。

自分がヨガに対してどのような効果を期待しているかによって選ぶことができるでしょう。
無理のない時間を使って、高い効果を得られるようにしたいものです。

夜のヨガの効果としては、一日の体の疲れやストレスを解消すること、凝り固まった筋肉や関節をほぐして血行を促進することなどがあります。

夜のヨガは、就寝に合わせて自律神経を安らかにすることが大切です。
ヨガの緩やかな動きによって体を落ち着かせます。

朝のヨガでは体を目覚めさせて活性化させますが、夜のヨガの目的は心と体のリラックスです。

体を動かしますが、激しい動きではないため、ヨガでは心身を程よくほぐして体を温めて、睡眠へと誘う効果が得られるのです。

疲れが溜まっている人やストレスを感じやすい人、デスクワークや立ち仕事の人など、一日の最後にヨガでリラックス効果を得て心地よく一日を終えましょう。

(まとめ)夜のヨガを行うのに適した時間は?

1.夜のヨガは空腹時を見計らって

ヨガは空腹時に行わなければいけません。

そのため、夜のヨガは食事の前の時間帯を利用したり、食後に消化を待ってから行ったりすることが必要となります。

夜の時間のスケジュールを立てて、食事とヨガの時間が空くようにすることが必要です。

2.ヨガと食事の時間の関係

ヨガを行う良い時間は空腹の時です。

ヨガでは集中力が必要となり、満腹の時にはそれが阻害されます。

また、内臓の働きが活発になるため、ヨガで負担をかけてしまうこともあります。

その後すぐに食事を取ることも避けましょう。

3.夜ヨガを行うのに適した時間帯

夜のヨガでは夕方と夜の2回にチャンスがあります。

仕事帰りによるヨガスタジオや就寝前の自宅でのヨガなど、食事の時間を合わせることで安心して行うことができるでしょう。

4.夜のヨガの効果とは

それぞれの時間帯によって違った効果を得られるヨガですが、夜の時間帯ではリラックス効果や疲れの解消があります。

体をほぐして疲れを癒すことで、睡眠に入りやすくなるのです。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る