夜のヨガで必要な食事の工夫は?


夜のヨガのために食事を調節してください

夜ヨガをする時の夕食
ヨガをする時には、空腹時が良いとされています。

そのため、ヨガのタイミングに合わせて食事の時間をコントロールする必要があります。

夜のヨガを行うときにもこれは同じであり、ヨガの時間に合わせた食事時間の工夫が必要です。

ヨガの直前には食事を取れないため、夜のヨガを行う場合にはその数時間前かその数時間後に食事をしなければいけません。

深夜の食事は体の負担になるため、食事はヨガの前が安心です。
早めに食事をして、就寝時のヨガまでの時間を長くとることで空腹の状態を作れます。

しかし、忙しい現代人にとってそれはとても難しいことです。
忙しさのために食事の時間が遅れると食事の後にヨガをすることができません。

食事を軽いものにして消化を早くすることで空腹になるタイミングを早めるなどの工夫も必要です。

また、ヨガの前には食べずにヨガの後に食事をすることもできます。
その場合には食事時間や食事の内容にも注意しましょう。

夜のヨガではいつ食事を取るか

夜のヨガは体をリラックスさせることができ、疲れた体を癒すために良い効果が期待できます。

そのために、夜ヨガを行いたい現代人は多いものです。

しかし、夜のヨガでは夕食のタイミングが難しくなります。

空腹時に行うことが必要なヨガでは、その前後数時間は食事ができないため、夕食を取れないリスクもあります。

食事を抜くことはできるだけ避けたいため、食事時間を工夫したり、食事の内容を変えたりしてコントロールしましょう。

仕事帰りに食事を取る

忙しさによってどうしても帰宅時間が遅くなる人は、それから食事を取っているとヨガの時間が取れなくなってしまいます。

そのため、仕事帰りに食事を取って、帰宅中も消化の時間に充てると良いでしょう。

量と質で工夫をする

食事の後数時間はヨガを行えないというのは、消化器の中に食物が入っていることによってヨガの効果が出にくくなるためです。

消化器の中から早く食べ物をなくすためには、食事の量を減らしたり、消化の早いものを取ったりすることも効果的です。

スープや柔らかいお粥などであれば早めに消化できるため、早くヨガを始められるでしょう。

ヨガの時間を早めてあとで食事を

ヨガの時間を早めることで、深夜の食事を避けることもできます。

昼食の後何も食べずにいて、就業とともにヨガスタジオへ行ったり、帰宅後にヨガを行ったりします。

ヨガの後の食事は1時間半程度開ければ良いので、早めにヨガを行えば早めに食事を取ることができます。

夜のヨガの後の食事の注意

夜ヨガの食事
夜のヨガを行う場合には、先に食事が取れない時はあとで食事をすることになります。

特に夕方の就業後などにヨガスタジオに通っている人は、こうした方法をとっていることが多いものです。

しかし、ヨガを行ったあとは非常にカロリー吸収の働きが良くなっているため、正しい食事の内容がとても重要となります。

ヨガは内臓の働きが活発になるため、ヨガ後の食事は普段以上に吸収されるものです。
そのため、体に良いものの摂取が特に必要となります。

ヨガ後に欲しい食事

内臓への負担が少なく、脂肪分の少ないものを選びます。

野菜を中心としたスープは水分補給にもなり、体を温めてくれるため、良い影響があります。

サラダや温野菜も効果的です。

ドレッシングには油分の少なめのものを選びましょう。

また、良質なたんぱく質はヨガ後の筋肉づくりに良い効果があります。

食べ過ぎは脂肪に変わってしまうので、適量を心がけます。

水分補給はたっぷりと

食事は1時間半程度取れませんが、水分補給はたっぷりと行いましょう。

ビタミンなどの美容成分を含むものを取るのも良い効果が期待できます。

糖分の少ないものを常温で飲むと良いでしょう。

アルコールは避けて

ヨガ後の食事と合わせて、アルコールも避けたいもののひとつです。

吸収が良くなっている体にアルコールは普段以上の負担を与えかねません。

また、アルコールは水分摂取にはならないものです。

夜のヨガは食事の工夫が大変だけど

夜のヨガは時間の制約がある人も多く、現代人にとっては食事の工夫がとても大変です。

朝のヨガでは、起きたばかりの空腹で清々しいヨガにちょうど良い体内環境がカンタンに作れます。

しかし、朝のヨガではしっかりと十分な時間を取ることが必要となり、それもまた現代人にとっては大きな負担となるものです。

どちらかというと時間の取りやすい夜のヨガは、食事を工夫してでも継続して行いたい利点があります。

疲れやストレスが溜まっている人にとっては、次の日まで疲れを継続させない夜のヨガは重要なものなのです。

夜のヨガをする際に早めに食事をとったり、体に良い成分を選んだりすることは、自分の体を考える良いきっかけとなります。

少し大変なこともありますが、食事時間や内容を工夫して生活全体で体のことを考えてみると、ヨガを行う際も、より自分の体のことを集中して考えられるようになるかもしれません。

(まとめ)夜のヨガで必要な食事の工夫は?

1.夜のヨガのために食事を調節して

夜のヨガを行う時に空腹状態を作ることは大変です。

忙しいために夜のヨガの前に食事をして、さらに空腹を待つことは難しいでしょう。

そのため、食事を軽くしたりといった工夫も必要です。

2.夜のヨガではいつ食事を取るか

夜のヨガの食事の工夫は大変ですが、食事時間を早めたり、食事の内容を軽くしたりすることで消化を早めることで対応できます。

また、早い時間にヨガを行うことで、ヨガの後に食事を取ることもできます。

3.夜のヨガの後の食事の注意

夜のヨガの食事では、消化吸収が良くなっているため、体に良い影響を与える栄養素を取りたいものです。

野菜を中心とした体に優しいものを取りましょう。

体を作る成分美容成分も良い効果があります。

4.夜のヨガは食事の工夫が大変だけど

夜のヨガは朝のヨガに比べて、食事の内容や時間など注意をしなければいけないことが多くなります。

しかし、夜のヨガで得られる疲れの解消効果などは現代人にとって大切なことですし、これをきっかけにして自分の体のことを考えることができるでしょう。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る